Picks
20フォロー
30フォロワー
成毛眞with山崎大祐「ファッション×ブランド作りの未来」
NewsPicks
熊谷 渓司サボテンレザー CACTUS 創業者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
423Picks
「整骨院事業」の本当の顧客とは?WHOとWHATを見極めよ
NewsPicks
熊谷 渓司サボテンレザー CACTUS 創業者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
679Picks
「徹底批評」菅政権と日本成長戦略【ゲスト:岸博幸・三浦瑠麗】
NewsPicks Studios
熊谷 渓司サボテンレザー CACTUS 創業者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
881Picks
【森岡毅】第一号投資決定。メンズスキンケアで世界No1を狙う
NewsPicks Studios
熊谷 渓司サボテンレザー CACTUS 創業者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1032Picks
【徹底図解】企業が必ず知るべき「プラごみ」最前線
熊谷 渓司サボテンレザー CACTUS 創業者
マクドナルドがスポンサーの記事。 ということをよく考えた方が良いかもしれませんね。 「おもちゃリサイクル」の取り組み自体は素晴らしいと感じます。 プラごみ事情についても、事実を記載しています。 但し、「マクドナルドという企業の根幹の在り方」とこれを混同してはいけません。 本業は、小麦粉と牛肉からハンバーガーを作り、提供する飲食事業。 超グローバル企業であるだけに、食料の原料調達に関わるサプライチェーンも大変複雑かつ大規模なものになります。 その一つ一つが、本当に労働者や地球環境にとって良いものであるか? そこを明らかにせずして、マクドナルドという企業に「社会・環境にとって良い活動をしている企業である」というイメージを持つのは性急と感じざるを得ません。 大規模食品産業は、概して工場畜産&工業型農業に向かいがちであり、経済合理性を重視するあまりその他の負の側面は甚大なものになり得ます。 マクドナルドの経営陣はもちろんこのことを知っていると思いますが、変えていく意思があったとしてもなお、この大規模すぎるサプライチェーンをどう変革していくか困っていることが容易に想像できます。
870Picks
【新教養】最も「友好的な人間」が生き残る
NewsPicks編集部
熊谷 渓司サボテンレザー CACTUS 創業者
記事のこの一文は、「より良き社会」を追及する人の心理と現実を良くとらえていると感じます。 >今、我々はモラルの最高到達点にいると思いたいわけです。 >ですが、実際にそうである可能性は極めて低い。 そしてその原因は、「モラル」というものに科学的な答えがないからではないからでは、と考えます。 究極的には、大衆が「白」と答えるものは白になる。それが社会であり、モラルである。 ここでのポイントは、ヴィーガンには気候変動というデカすぎる科学的な因子が絡んでいることです。(気候変動が科学的に正しいかどうか、という議論はここでは脇に置きましょう) 概して、動物由来のものは植物由来のモノと比べて、環境負荷が高い。 (わかりやすい例としては、同量のたんぱく質を①牛肉と②大豆で摂取する場合、飼料・土地・水・排泄物等の発生量が圧倒的に①>②である、というロジックがあります) このことを背景に、気候変動に対するアクションとして「食肉を控える」という潮流が近年拡大しています。 それゆえに、ヴィーガンが未来のモラルとなる可能性は非常に高い、と個人的には考えています。 私が日本で活用を広げたいと考えている植物由来のレザー素材も、同じ文脈上のものです。
1533Picks
NORMAL