Picks
31フォロー
1671フォロワー
【尾原和啓】フェイスブックが「メタバース」に本気になる意味
NewsPicks編集部
遠藤 直紀株式会社ビービット 代表取締役
VR技術の向上、リモートワークの増加など社会全体として、メタバースを受け入れる準備が進んでいると認識をしています。 しかし、メタバースが普及した社会が、人類の幸福につながるのかで考えると、むしろ不幸を生産してしまうリスクが高いと考えています。 ① 「収益 > 倫理」のプラットフォーマー メタバースを運営する企業は、ユーザを長期的に滞在させ、サービス利用料や広告などで、収益を得ることを目指します。 メタバースは現実世界よりも心地よく、中毒性の高いものになっていき、SNSよりも、マインドシェアも時間も消費されるようになるはずです。 Facebookはこれまで、利用回数を増加させるために、アルゴリズムを強化し、それが人々の憎悪を増幅させること、社会に悪影響を与えていることがわかっても、利益を優先させてきたことが明らかになっています。 企業倫理が担保されない限り、彼らの創るメタバースも同様の危険性を孕んでいます。 ② 身体性の欠如が生み出す影響 我々人類は、木から降りてから100万年を超えた時間を、仲間と暮らしながら、触れ合い、ぬくもりを感じ、助け合って生きてきました。 仮想現実空間でも、疑似的なフィードバックを目指すはずですが、現実と同等の水準に達するには時間を要します。 物理的な触れ合いを失くした空間で長時間を過ごすようになった時の、身体や精神への影響は無視できないはずです。 ③ 匿名コミュニティは共感性を失わせる 実名になるのか、匿名になるかは、プラットフォーマーのデザイン次第ですが、完全な実名制を実現することは困難です。 我々が、他者に優しさを発揮するメカニズムには、自分に帰ってくるという社会的な合理性の側面があります。 匿名空間では、互恵関係が築きにくく、他者との連携強化が困難なため、悪口や嘘を平気で付けるようになります。 プラットフォーマーが心地よさを実現してくれるはずですが、そこで暮らす人たちが悪意に満ちた状態だとしたら、私はそこにはいたくありません。 「メタバースは、モバイルインターネットの後継者となる」 次の巨大な富をつかむために多くの企業が巨大投資を決めています。 しかし、その先にどういった社会を創るのか、明確なビジョンがない状態で、我々はメタバースを受け入れるべきではありません。
586Picks
【メディア規制】消された「中国版note」
NewsPicks編集部
遠藤 直紀株式会社ビービット 代表取締役
もともと、中国で民間企業が情報発信をしようとすると、厳しい監査を受け、承認を受ける必要がありました。 しかし、その中でも、TikTokのバイトダンスが抱えるニュースアプリ「今日頭条」などは、たまにバンされながらも、逞しく巨大な中国市場に情報を提供してきました。 上海など中国の大都市に在住する日本人向けの情報誌も、民間企業が運営してきました。 ・上海ジャピオン https://shvoice.com/ 今回の新規制は、これまで可能だった民間資本が、情報発信をできなくなるような厳しい内容になっています。 ・非公有資本はニュースの取材、編集、発信業務に従事してはならない ・ニュース機関への投資、設立、経営を禁止する。通信社、雑誌社、テレビラジオ局、テレビラジオ制作者、インターネットニュース企業などを含む ・経済、軍事、外交、重大社会、文化、科学技術、衛生、教育、スポーツ、その他政治関係、世論や価値観の動向にかかわること、事件の実況配信などの事業に関与してはならない ・海外事業者の発表したニュースを輸入してはならない ・ニュース世論領域におけるフォーラム、サミット、表彰イベントを開催してはならない 自由な発言ができることを当然視している日本人にとっては、信じられない規制です。今後、この規制強化が中国社会にどのような影響を与えていくのか、しっかり把握していきたいです。
205Picks
三菱商事発のMCデータプラス、知られざる“ユニコーン級"バーティカルSaaS企業とは
ITmedia ビジネスオンライン
NORMAL