Picks
77フォロー
345フォロワー
大坂なおみ選手の会見拒否 ⇒ 森永製菓「最大限尊重したい」 各企業の見解は?【スポンサーなど10社調査】
ハフポスト日本版
茨城の公立高校からハーバード大に合格した18歳が、日本の高校生に訴えたいこと
AERA dot. (アエラドット)
金子 志宗ロマン派書家。要領の悪さを長生きでカバーする戦略家。48歳。 夫(再掲)。父親。企業不動産サービス会社勤務。
松野君すごいな。マジで。 ただ、松野君のこの話を通じて、2021年でまだこんな話をありがたがって我々はしてるのか、つう残念感を自分に感じる方が大きい。(松野君はすごい。それは変わらない) ネットが出た頃(異論あるだろうけどWindows95の頃)ってさ「もう国も言葉も関係ない、ネットで繋がれば物理的位置はどこでも世界中のどこの人とも対等にコミュニケーション取れる」みたいな空気が出たわけですよ。出たよね? その当時、25年後にリアルの大学がこんなに残ってるなんて俺は想像してなかった。どこでも学べるほとんどのことが無料で学べる環境が提供されてて、ムカつくくらい頭のいい子供達が俺の数倍のスピードで色々学んで体験して追い越して行くんだろう、と。どうすれば取り残されないんだろう、と。心配と期待が混ざった感情を持っていた。 でもそっから25年、結局大学は物理的に通う場所として厳然として残ってるし、計算機の処理能力を利用しない残念な仕組みで残念な入試を出し続けていて、中学も高校も残念な授業を続けている。ゴロゴロ出てくると思ってたオードリータンさんみたいな人は稀中の稀。 変わりつつはある。さすがにあと25年経ったら、俺が想像してたような環境は提供されると思う。でも歩みは想定してるより遥かに遅かった。遅かったせいで、俺みたいなおっさんは生き延びやすいつうことなのかもしんないけど、1995年くらいに思ってたのを振り返ると、やっぱ残念だよね。諦めず一歩一歩進むしかないな。
829Picks
NORMAL