Picks
29フォロー
915フォロワー
教員給与に裁判長が異例の苦言「もはや実情に適合しないのでは」
朝日新聞デジタル
宮島 衣瑛(株)Innovation Power 代表取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
195Picks
東京五輪、赤字が確実視 理事会で「IOCも負担すべき」の意見も
朝日新聞デジタル
宮島 衣瑛(株)Innovation Power 代表取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
103Picks
四年制私大、定員割れ277校 今春入学者、少子化影響か
共同通信
宮島 衣瑛(株)Innovation Power 代表取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
教科「情報」、87大学が入試で使う意向 本当に実施?懸念の声も
朝日新聞デジタル
宮島 衣瑛(株)Innovation Power 代表取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
親ガチャ、反出生主義…若者たちは「人生のネタバレ」に絶望している
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
宮島 衣瑛(株)Innovation Power 代表取締役社長
ある時期までは勉強すること(いい大学にいくこと)は階層移動の機能を持っていましたが、最近では完全にこういった捉え方はされていないですよね。さらに偏差値偏重の教育のあり方に対する批判から、本当の意味でなんのために勉強しているのかわからなくなっているのが現状のように思います。 この背景にある理由はいろいろなものが考えられますが、個人的にはSNSによってこれまでなんとなく社会階層ごとに分けられていた文化やコミュニティがインターネット上で混じり合ってしまったことが1つあげられるように思います。 きらびやかな生活をしているインフルエンサーに憧れれば憧れるほど虚無感が襲うような感覚とでも言えばいいのでしょうか。同じ時代・同じ土地に生きているのにここまで自分と違うのはなぜかということを嫌でも思わざるを得ないのだろうと思います。 そこから抜け出す方法がこれまでは受験勉強だったわけですが、いまはビジネスの世界での一発逆転に変化しているように感じます。起業まではいかずとも、例えば「プログラミングを学んで高収入を得よう!」といったスクールが乱立しているのは、そういった背景があると考えています。
805Picks
公文などが少年院後の学びを支援 進路開き、再犯防止へ
朝日新聞デジタル
宮島 衣瑛(株)Innovation Power 代表取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
“国は本気の痴漢対策を” 高校生たちが署名活動
NHKニュース
宮島 衣瑛(株)Innovation Power 代表取締役社長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
150Picks
NORMAL