ホーム
34フォロー
699フォロワー
問題行動ある生徒を「反社会」、生活態度良好は「無印良品」 相模原市立中学で生徒を格付け
神奈川新聞社
「探求」の指導 高校教員の5割が「生徒の質問に答える時間や人脈ない」
ITmedia ビジネスオンライン
柴山 翔太福岡女子商業高等学校 校長
割とシンプルな話かと思っていて、生徒たちと同じ土俵で学ぶことができるかが鍵になるのではないでしょうか。 答えのある問いを先に予習して生徒たちに教える教育から共に考えを深める伴奏者としての役割への変化だと思います。 先生方に必要なのは一歩踏み出す勇気と失敗を恐れないマインドセットかと思います。 確かに社会的な物事に関心を向けてこなかった先生方にとってはハードルが高く感じられるかもしれませんが、ただフォーカスされてこなかっただけで生徒の将来を意識して働くにはこれまでも職務上必要な知識やスキルであったと思います。 元々その姿勢や知識が身についていた方よりもわからない、できないから学ぶプロセスを見せながら共に学ぶことのほうが生徒たちへの教育効果は高いのではないでしょうか。 今求められる学びは学生だけに必要なものではありません。人生の折り返し地点に辿り着いていない先生方が多数の学校現場でも今後の社会変化に対応できるスキルは必須だと思います。正解を教えるのではなく学び方を身につける。 管理職の役割も成果ではなく向き合う姿勢などを認め、先生方を伴奏するスキルがより重要だと思っています。
54Picks
NORMAL