ホーム
76フォロー
1224フォロワー
【図解17選】AIでむしろ出世する「仕事の新常識」を知ろう
NewsPicks編集部
林 駿甫Ambitious AI 株式会社 CEO
完全にデータとしても露骨に表面化してしまいましたね。 日本はAI技術の活用において、確かに他の先進国に比べて後れを取っています。この背景には、セキュリティリスクへの懸念や変化を避ける文化的傾向が影響している可能性があるのかもしれません。しかし、プロンプトエンジニアとしては、AI、特に生成AIを活用しない選択肢は実質的に存在しないと見るべきです。なぜなら、AI技術はもはや産業標準となりつつあり、それを活用することでのみ、効率化、イノベーション、競争力の強化が可能になるからです。 唯一、日本語で「世界と戦える可能性がある」状況というのを今しかないということを理解した方がいいと考えます。 日本の企業や技術者は、AIを「自分ごと」として捉え、積極的に技術の導入と適応を進めることが急務です。これには、教育やトレーニングの強化、オープンイノベーションの推進、セキュリティリスクの適切な管理が必要です。さらには、プロンプトエンジニアリングの技術を用いてAIの出力を最適化し、実際のビジネスニーズに合わせたカスタマイズを行うことで、AIの導入が一層加速されるでしょう。 今は行動を起こす絶好の機会です。後戻りはできませんし、進まなければ国際競争においてさらに遅れを取ることになります。日本企業がこれを自覚し、必要なステップを踏み出すことが、未来の成功への鍵となるのではないでしょうか。
3936Picks
エヌビディアの時価総額1.83兆ドル、アマゾン抜いて米企業4位に浮上
Bloomberg.com
林 駿甫Ambitious AI 株式会社 CEO
Amazonって、知ってる?? 最近のニュースにて、Amazonの時価総額をある企業が抜き去って、順位が入れ替わったって知ってます??? 世界で3位の時価総額の企業Amazonを抜き去った企業は、「エヌビディア」という企業だ。。 必ず、最後まで読んでほしい。 「今、何が起きているか、わかる?」 3分でいい、一度考えてみない? 今、世界中で何が起きているか、考えてみてください。 結論から言うと、「エヌビディア」とは、生成AIにとってなくてはならないGPUを製造している会社である。 そろそろ気づいた方がいい。生成AI の流れは止まらない。 手遅れになる前に一度真面目に勉強した方がいい。世界が今何を見ているか。先の事例を見ても明らかである。 どこのどんな企業も大小 少なかれ 必ず生成 AI と関わることになります。 もう分からないは、通用しないよ。 昨年1年間、勝負の分かれ目であるスタートダッシュを決めることができるか、出遅れるか。大きな分かれ目の1年であった。 結論から言うと、大きく出遅れている。すでに置いてけぼり状態なのを理解した方がいいです。 もう一度言います。生成 AI でひっくり返るぞ、いろいろなことがおそらく確実に。 自分ごとじゃないと考えることは、逃げである。
206Picks
NORMAL