Picks
23フォロー
60フォロワー
JR2社に1千億円超の財政支援 北海道と四国、10年間で
共同通信
山田 隆ボルダリングの整体院 院長
まぁ、工夫が足りなかったというか…。 星野リゾートの星野さんあたりに経営を任せてほしいところです(引き受けないでしょうが…)。 特に北海道は、観光客に鉄道で旅をさせようという意識が微塵もないですね。 もちろん鉄道事業だけではどうにもならないのも明らかではありますが。 旭川など空港駅すらないという。 旭川空港から富良野・トマム方面にダイレクトに列車で行けたら良いと思うのですが。 完璧な車社会なうえ、道内航空便もある北海道。道民が鉄道を使うはずもありません。観光列車とその周辺を開拓していくしか道はないと思います。 主要空港と観光地を、飛行機〜列車〜バス〜ホテル…とシームレスに繋ぐダイヤ編成と観光列車の開発。千歳の激安レンタカーに負けない駅レンタカーの価格設定や宿泊パック、列車と連動した定期観光バスや観光エリアの無料連絡バスなど…。 例えば、知床〜札幌で東京〜大阪くらいの距離があります。長距離ドライブは疲れるし、レンタカーの乗り捨ては高額、かと言って窮屈なバスツアーも気が進まない。本当は電車で移動したい、という観光客は多いはずです。 時間のあるシニア向けであれば、例えば…東京駅でティーパーティーがてら出発セレモニー、大洗へ専用列車で向かい、フェリーのハイグレード個室で一泊、苫小牧から専用列車で各地を回り、小樽からふたたびフェリーで新潟へ、新幹線で帰京…。そんなツアーがあれば、飛びつく方は多いでしょう。 素人でもアイディアがどんどん出ますが、現地に行くとほとんど鉄道の影はありません。 今年ようやくJTBと組んで「ひとめぐり」という周遊列車ツアーを開発しましたが、ツアー費用40万以上のわりに車両の豪華さは微塵もなく、宿泊はホテルのみ。”ななつぼし”のような豪華列車の旅という雰囲気は皆無です。
大谷がチームMVP 最優秀投手と同時受賞
産経ニュース
山田 隆ボルダリングの整体院 院長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
NORMAL