Picks
18フォロー
403フォロワー
フードデリバリーのDoorDashがサラダづくりロボットのChowboticsを買収
TechCrunch Japan
中川 友紀子株式会社アールティ 代表取締役
このコロナ禍で、フードデリバリー(宅配/出前)事業は、国を問わず業績を伸ばし、あちこちに投資をしているのは食品業界ではちらほら話を聞く。 ロボットベンチャーの買収まで始まるとは食品業界、ロボット業界としてもエグジットとして気になるところだ。 実際、食品工場で新型コロナのクラスタ発生は国内外で報告され始めているのでロボット化、自動化はニーズがある。しかし日本では衛生状態が良いこともあり、DXも進んでない、もともと投資という取り組みが低いことも相まって自動化に二の足を踏んでるのが現実だ。 それもあり、話は海外のほうがよく聞く。 ロボットもFoodtechと呼ばれる分野があるがこれまで投資は限定的で、Bites!というアメリカ発の投資プログラムが今年やっと日本企業を巻き込んで始まったばかり。Foodtechは2年くらい前から海外で注目されていたので日本で本格的に始まるのはもう少し先だろう。 ロボットの業界用語では、食品を直接触るのを生食を触るという。一般的にまだまだ生食を扱うのはロボットでは難しく、日本でも生食ができるロボット屋は自社(アールティ)を含めてめちゃくちゃ少ない。大半がパッケージされた食品を扱う位だ。 自分たちは2017年から取り組んで、業界を見てるが最近国内外でFoodtech✕ロボットは注目されているのを感じるので、この買収記事を見てこれから大きく伸びる分野なのだなと再認識した。
4Picks
NORMAL