Picks
21フォロー
488フォロワー
孫正義が莫大な資金をつぎ込む、スマボ企業18社とは?「日本復活の鍵」と断言するワケ
ビジネス+IT
中川 友紀子株式会社アールティ 代表取締役
孫氏の投資は、ニュース記事を見ているだけでものすごく勉強になる。 AI/ロボットベンチャーの社長である私からは、財力のある企業にとってロボットのビジネス的な戦略がどこに進むのかを見ながら模索している様子が業界にいるからこそ見える気がするからだ。 とにかくアルデバランロボティクス(Pepperを作っていたベンチャー)の買収に始まり、現在の投資ポートフォリオを見ればなるほどと思う面が多い。 そして、手放し方も見ていて勉強になる。 例えば、Googleはボストンダイナミクスを完全に手放したが、孫氏は20%ほど残している。 この意味はSPOT mini(4足ロボット)の事業にも関連があるのかもしれないが、技術がどこで転換期を迎えるのかを見る面で大きいと私は考えている。 ボストンダイナミクスは、ロボット業界では人型ロボットの世界最高峰の技術力を持つとされ、注目される企業だ。そして、イーロンマスク氏が人型ロボットの開発について発表してロボット業界では大きな話題になった。 とかく、ビジネス化が難しいと批判されがちな人型ロボットだが、他の形状のロボットはともかく、人型ロボットに関する技術開発だけは色眼鏡を外して度外視した方がいい。 なぜなら人型ロボット開発の意味は制御、大きな意味でのAI、コミュニケーション技術開発の集大成、システムインテグレーションの粋だからだ。 本来シンギュラリティはバイオ、ナノテク(材料)、ロボットで起こると言われている。日本ではなぜかロボットの一部であるコンピュータ上の人工知能しかスポットライトを浴びなかったが、身体知を始めとする本来理想とされた人工知能には実世界で動けるボディを持っているとされているのだ。 そのため、きちんと技術の流れ、将来が見えているビジョナリーなら、ロボット≒本来の人工知能の意味がわかる。孫氏にもそれはおそらく見えているのではないだろうか。 孫氏の唱えるスマボ、どこに向かうのか、業界にいるものとして動向を見守りたい。
269Picks
テスラのロボット「Tesla Bot」のデモは、新技術発表にまつわる“真実”を示している
WIRED.jp
中川 友紀子株式会社アールティ 代表取締役
自分達も等身大二足歩行人型ロボット作ってるので、あの大きさ、重さは妥当だが、設定されてる自由度(資料中のDOF、動ける範囲を決定づけるので開発者が注目する仕様の1つ)からは作業できること少ないのでは?とは内心思っている。 youtubeの録画で見たが、ロボット登場の冒頭は人間のパフォーマー。 そのダンスを見ながら、こんな関節数はヒューマノイドロボットにはないんだよねぇ&人間のやるロボットパフォーマンスは実はロボットには過酷な動作というのはロボット屋さんのみが知る事実なので、ニヤニヤしてました。 人型ロボット開発は本当に本当に本当に難しいので、業界ではできるできない賛否両論 お金があればできるというものでもない。 しかし、いい意味で、人型ロボットにはAI/ロボティクス分野の要素技術は詰め込まれている。 自分達が人型ロボットをほそぼそとでも開発し続けている理由はそこにある。そこに着目したイーロン・マスク氏は素晴らしいと思う。 うちの会社もそうだが、ハードもソフトもAIもやる会社は次世代AIの真髄となるフィジカルAIを一番達成しやすいと言われている。 そして、私が最も恐れるのは、ベストエフォート型の開発をするイーロン・マスク氏が人型ロボットの開発を諦めてしまうこと。 そうなれば、資金提供ができたはずの他の決定権者は、彼でもなし得なかった研究に金は出せないと言い出すだろう。 それこそ、人型ロボット開発の暗黒の時代を迎えかねない。 それはさておき。 来年、出てくるだろうプロトタイプがどんなでもありだと思うし、ロケットの失敗動画のようにたくさん実験情報を出してくるのか、あえて出さない勇気をも持てるのか、仕様変更も織り込み済みでチャレンジするところが見られるのも楽しみだ。 ロボット目当てに録画を見始めたが、その次、その次と見ていくとTeslaがGPUベースでないdojoなるスパコンを稼働させるとか、情報盛りだくさん。ロボット以上に興味深い。 そしてビデオはエンジニアのリクルートにも非常に効果を発揮するのだろうな、と思う。 いろんな演出が本当に素晴らしい。 ベストエフォート型の開発を進める社長としてこういう開発ができることには憧れる。
118Picks
NORMAL