Picks
29フォロー
491フォロワー
【完全解説】アップルカーは本当に「自動車」を変えるのか?
NewsPicks編集部
奥山 輝大脳神経科学研究者
昨日、イーロンマスクのNeuralink記事について、長いレビューを書きましたが、テスラやGAFAMと呼ばれるBig Tech(Google, Microsoft, Apple, Amazon, Facebook)の開発の方向性は、自分たちの生活や研究業界全体に強い影響を与えるので、つい注目してしまいます。 面白いのは、Big Techの中でも、開発の方向性が多様な点です。 Appleは、iPhoneに始まり、Apple watch、Apple carと、電話・時計・車といったハードがおよそ固まっていた産業に対して、この記事にあるようにOSのソフト面開発というアプローチで参入していきました。まさに、2007年のスティーブ・ジョブズが、iPhoneを初めて発表したプレゼンの中で、「今日、アップルは時計を”再発明する”」といった言葉通りにです。 一方、Google・Microsoft・テスラは、全くの新しいものを開発するという逆方向のトレンドを近年押しすすめ、得意のテック事業からAI、そして、ブレインサイエンス(ブレインコンピュータインターフェイス、BCI)の方向へと開発展開の舵をきっています。おそらく向こう10年以内に、AI産業とBCI産業は徐々に一体化し、次世代のBig Techを生み出すのでしょう。 さらにその中でも、どちらかと言うとGoogle・Microsoftは、自社の圧倒的なパワーを持ったプログラマーを駆使したドライサイド(コンピュータアルゴリズム開発)に重きを置いているのに対して、テスラは脳の中に実際にチップを埋め込むウェットサイド、ハード面開発に重きをおいています。 環境問題からくるEV開発推進の風を受けた「アップルカー」や、ウェイモを実際に開発したGoogleといった「再発明企業」がこのままイニシアチブを握り続けるのか、それともテスラ/Neuralinkのような「イノベーション一発逆転企業」が次世代を席巻するのか、見ているだけでワクワクします。
1760Picks
Neuralink、脳にチップを埋めたサルが「Pong」を思念でプレイする動画を公開
ITmedia NEWS
奥山 輝大脳神経科学研究者
この記事は多くの方々に衝撃を与えた事と思いますが、それは私たち脳神経科学者にとっても同様です。世界中の脳神経科学者が、Neuralinkの一挙一動に、興奮と戦慄を感じている状態です。おそらく冗談を抜いて、数年のうちに臨床実験を終え脊髄損傷患者への実装を終え、10〜20年以内には健常人もこのシステムを脳に搭載する未来がやってくることと思います。 では、何故、このビデオが衝撃的なのでしょうか?それは、「システム実装までの速度」と「明確なビジョンに基づく適切なチーム構成」が端々から感じられるからです。 ビデオにある通り、サルは1024チャネルの「N1 Link」と彼らが呼ぶ、完全ワイヤレス・Bluetoothでのデータ伝送のシステムを用いて、自分の思考のみによってゲームをプレイできるようになっています。ブレインマシンインターフェイスの専門家である、Paul Nuyujukian教授の解説が極めてわかりやすいのでリンクを下に貼っておきますが、彼らがこの実験を行なったのが、2021年4月2日。そこから一週間程度で、このプレスリリースに至っています。 2019年7月のNeuralink Launch Eventで、初期段階のビジョンを明確化し、チームをリクルートしていた時から、たった1年半でここまで来たことが納得できるスピード感です。 Nuyujukian教授は、このデバイスそのものが、電力効率・データ転送の面から見ても極めて優れたものである事を解説してくれています。優秀な神経科学者・脳外科医・エンジニア・プログラマーを抱えたNeuralinkが、「大規模神経活動の記録と、デコーディング」という現状の明確なゴールに向かって、爆発的な資金力を持って最短距離を走っている様子がわかります。 彼らのビジョンがどこまで拡張されるのか分かりませんが、1024チャネルのチップを運動野だけでなく、脳の皮質各所に埋めていった結果、どこまで脳機能が拡張できるのかにとても興味があります。 Neuralink Launch Event https://www.youtube.com/watch?v=r-vbh3t7WVI Paul Nuyujukian教授による解説 https://www.youtube.com/watch?v=rzNOuJIzk2E&t=1s
436Picks
堀江貴文が「海外留学は過去の遺物」と断じる訳 | 学校・受験
東洋経済オンライン
奥山 輝大脳神経科学研究者
私自身がマサチューセッツ工科大学(MIT)のノーベル賞授賞ラボに5年間ほど留学していましたが、「知識と人脈」という意味でかけがえない経験ができたと思っています。MITとハーバードはボストンの中で電車で2駅の距離にあり、両方の大学の多くの素晴らしいセミナーや授業を、自由に受けることができます。 日々のセミナーや実験が終わった後に、研究仲間たちとバーで生ビールを飲みながら、その日のセミナーについてディスカッションする時間は、常に新しいアイディアが生まれる瞬間でした。これは、なかなかSNSやMOOCsでは味わえないものだと思います。(おそらく、大好きなミュージシャンのライブに行くのと、そのDVDを見ている事の差に近い気がします) 歴史上にはしばしば吉田松陰の松下村塾のような、錚々たる顔ぶれが一つの場所に集結する瞬間があります。その現象は決して偶然ではなく、強烈な個性を持った人と人がぶつかって、画期的なアイディアが当たり前のように溢れる「空間」が生まれた結果だと思うのです。 ジョン・ミルトンも「肝心なのは、絵が描かれているその場所に、あなた自身もいることだ」と言っていますが、世界中から最先端技術やアイディアが集まる場所に身を置くという意味において、留学は素晴らしい経験だったと思います。
194Picks
【必見】シリコンバレーで最も成功した「子育て法」
NewsPicks編集部
奥山 輝大脳神経科学研究者
起業家や技術開発者などに必要な「高い創造性」は、自分の中から内発的に込み上げてくる「何かを生み出したい!何かを成し遂げたい!」という強いパッションが必須です。この記事は、「どのようにすれば内的動機付けが高い子供に育てられるか」という教育法であるように思います。 「アンダーマイニング効果」という面白い心理学実験があります。内発的に動機づけられた行動に対して、外から別の報酬を与えて「外発的動機づけ」を行うと、モチベーションが低下してしまうという現象です。例えば、好きでプレイしていたゲームに金銭的な報酬が与えられると、やる気がなくなってしまう、といった例を想像するとお分かり頂けるかと思います。 実際に神経活動のレベルでも、お金を与え続けていった結果、ゲームを始める時にも、ゲームがうまくいった時にも、外的報酬(=お金)なしには脳が活動しなくなっていくということが明らかになっています。 なかなか難しい事ですが、本来は勉強も「何かを知りたい、何かを学びたい」という内発的動機によって進められるべき行為ですが、テストの点数という枠組みで定量化され、ほめらえる・おこられるという外的報酬・罰則が加えられていった結果、徐々に学ぶ事そのものの喜びを忘れてしまうというのは、受験勉強の大きな弊害なのだろうと思います。
1126Picks
「最近の若者はメンタルが弱い」は本当か〜実は、おじさんの方が弱いかも〜
Yahoo!ニュース 個人
奥山 輝大脳神経科学研究者
神経科学研究において、「うつ病」の神経メカニズムの解明は、多くの研究者が精力的に取り組んでいるホットスポットの一つです。 かわいそうな実験ですが、マウスのうつ病状態を引き起こすために、チューブの中に、マウスを入れて動けなくする「拘束ストレス」など様々な手法が、世界中の研究室で開発されてきました。 実は、それらのストレス負荷手法の中で、最も強烈に「うつ病」状態を引きおこすのが、他のマウスにイジメられる「社会的敗北ストレス(social defeat)」です。ある一定以上、他者にいじめられると、マウスは無気力になって、溺れても泳がなくなってしまいますし、しっぽをぶら下げても逃げようとしなくなってしまいます。 その後、ストレス研究の第一人者のEric Nestler博士らによって、マウス個体の中にもストレスに強い個体と弱い個体がいることがわかってきました。報酬系のドーパミンニューロンの脆弱性が、このような「ストレス耐性能」を決定していることが、2007年に報告されました。 ひとそれぞれ当然遺伝子は違いますし、ストレスへの反応や耐性も、「個性」の一つです。弱音ではなく、ダイバーシティという観点で捉える必要があるように思います。
210Picks
三井物産「30歳で部長級」も…新人事制度、昇進期間は半分に
読売新聞
奥山 輝大脳神経科学研究者
【人間は無能になるまで昇進する】 「ピーターの法則」という会社マネージメント(階層社会学)の衝撃的な法則です。 たとえば、課長から部長に昇進するとき、両者の仕事内容は根本的に違うにもかかわらず、「課長として優秀だった人」が「部長へと昇進する」ことに起因しています。この人物が部長職として有能かどうかは、誰にもわかりません。その結果、人は昇進を続けた結果、いつか適性が合わなくなる状態に至るという揶揄が込められています。 このピーターの法則を回避するために、どんどん昇進させるが、ポジションの確約はしないという手法で、大成功をおさめているのが「アメリカのアカデミック業界」です。 ハーバードやMITというトップスクールにおいても、40歳前の業績がある研究者を採用し、一度自身の研究室を主催する機会を与えます(つまり、日本で言うところの教授職に据える)。その後、5〜7年程度の期間の実績で、その研究室を存続させるかどうかが判断されます。このルールが、優秀でエネルギッシュな若手研究者を活躍させ、アメリカが高い科学力を維持する原動力になっている事も確かです。 この三井物産の決定は、先進的かつ挑戦的で非常に面白いものだと思いますし、同時にどのようなリスク回避の人事ルールを会社が設定していくのかに興味があります。
571Picks
物理学者が『エヴァ』を徹底解説! ディラックの海、虚数空間ってなんだ?
ブルーバックス | 講談社
奥山 輝大脳神経科学研究者
不思議の国のアリスには、「複素数平面上での回転」など、さまざまな数学的概念が散りばめられていますが、エヴァンゲリオンでも同様に、この手の意味深な表現が作品の空気感を生み出しており、ついついその伏線的意味を考えてしまいます。 個人的に好きなのは、「A.T.フィールド(絶対不可侵領域)」で、自己と他者の間の精神的・物理的境界を具現化しています。確かに、程度の差こそあれ、私たちはみな自己と他者の間を、精神的に切り分ける壁を持っている事は間違いありません。 社会性コミュニケーションがうまくとれなくなってしまう精神疾患に「自閉症」があります。自閉症の英語訳「autism」は、ギリシャ語の「自己(autos)」が語源となっており、autismは「孤立した自己(isolated self)」という意味になります。ある意味、強すぎるA.T.フィールドなのかもしれません。 マウスを用いた行動神経科学の実験でも、近年はこのような感情流入や「自己と他者を規定する神経メカニズム」が、精力的に研究の対象となってきています。SF(サイエンスフィクション)から、科学実験によって、F(フィクション)が紐解かれ、S(サイエンス)へと成熟していくのを見るのは、とてもワクワクします。
282Picks
Microsoft、「HoloLens 2」ベースの「IVAS」12万台を米陸軍に納入する約219億ドルの契約獲得
ITmedia NEWS
奥山 輝大脳神経科学研究者
「革新的技術開発」と「軍事利用の危険性」は常に表裏一体です。特に私自身が関わっている、脳の記憶や感情の人為的書き換えといった分野では、常にこの問題が付き纏います。 企業の場合は、資金調達とレピュテーションリスクを天秤にかけた上での経営判断となるところと思いますが、一方でアカデミアの場合は、「基盤技術が研究業界や社会全体に広まってほしい」という想いから、多くの研究の発見そのものに対して、法的制限はかけません。 (ゲノム編集のようなブロードに各分野に使用可能な技術開発の場合は、話は別ですが、たとえば「この神経細胞を刺激すると、敵への攻撃性があがる」といった発見そのものには、法的制限はかけないという意味です) どの程度、アカデミアの基盤技術を、軍事利用から切り分けられるかは、大きな課題の一つです。 さらにいうと、USの場合、国防高等研究計画局(DARPA)という、軍隊使用のための新規技術開発に主眼が置いた部署があり、高額の研究費をアカデミアに供給しているという実態もあります。実際、DARPA研究費を取得している研究の中には、ほぼ全く軍事利用に関与しそうもないものも、数多くあります。 DARPA研究費を取得した研究は、全て軍事関係とするのか?その場合、アカデミアはその研究(or 研究者)をどのように扱うべきかなど、「新規技術で安心できる未来を作る」ために議論すべき課題がまだ数多くあります。
148Picks
NORMAL