Picks
1フォロー
213フォロワー
ロシア軍 予備役500人以上が攻撃受け死亡 一個大隊ほぼ全滅か
NHKニュース
奥村 浩一スペインロングステイ /投資家
これはモスクワやサンクトペテルブルクに住むロシアの「上級国民」に特に衝撃的なニュースではないかと想像します。 この予備役が招集されたのはヴォロネジ州というところで、ヨーロッパロシアです。遠いシベリアじゃなく、チェチェンでもありません。予備役ということは、徴兵による兵役を終えて、一般社会で就職している人たち。ごく普通の市民です。結婚してこどもがいる人も少なからずいるでしょう。 そういう普通の人たちが動員され、おそらくはろくな再訓練も受けずにウクライナ戦争の前線に送り込まれた。で、塹壕掘りを命じられた。 ちなみに「塹壕」というのは前線における大事な「インフラ」です。十分に深い穴を地面に掘って、その中に入っていれば、砲爆撃を食らっても生き残る可能性が高まります。 でも、用意されていたのは、570人の大隊に対してスコップが数本。この時点で「死地」確定です。「しょうがねえなあ」と適当な道具で穴を掘り始めたんじゃないでしょうか。 そこをウクライナ軍が砲撃した。身を守るすべもなく、500人が戦死した、と。 こういうのを「戦死」すなわち「戦って死んだ」と言うのでしょうか? 無能で非効率な社会システムに巻き込まれた普通の人たちが大量死した、というだけでは。 穴掘りを命じた大隊指揮官(こいつは確実に「プロ」でしょう)は「物資の調達に行く」とか何とか言って、現場から離れていて無事だったそうです。 これがロシアの「上級国民」にとっての「明日は我が身」です。
36Picks
NORMAL