Picks
56フォロー
15139フォロワー
遺伝子解析ビジネス活況 米最大手に新興ライバル続々
日本経済新聞
高橋 祥子株式会社ジーンクエスト 代表取締役
ゲノムの領域にはインターネットと同じような流れが起こっていると思います。ヒトゲノムの全配列が解読されたのが2003年。そこから15年で一気にゲノム解析技術が飛躍し、いま生体分子情報の膨大なデータが蓄積されているので、そのデータを活用してゲノム周辺領域が発展してきています。 ゲノム解析技術の急速な発展に関して、1人の全ゲノムデータを解析するためのコスト推移グラフを見ると、2001年100億円かかっていたのが、いまでは数万円で解析できます。物理測定機器とコンピュータ技術の発展により、ムーアの法則を越えて下がっており、これは主にイルミナらによるすごいイノベーションです。それに伴ってゲノム周辺領域の進歩の度合いが異常に早い。ゲノムに関する新規の論文数も指数関数的に増加しています。いまはそれを社会に活用していく段階に入っていて、今後も加速度的に増加していくことが分かります。ゲノムは設計図ですが、そこからタンパク質に翻訳されて、タンパク質が私たちの体の中で酵素として働くように紐づいています。ゲノムが分かるとその他の生体情報も芋づる式に加速度的に増加し、それが新しい産業につながっていくステージにあります。
185Picks
NORMAL