Picks
43フォロー
45フォロワー
米巨大IT5社、全て最高益 コロナ禍でデジタル化加速
共同通信
江尻 真吾金融機関
ここ20年ですごいことが起きたなと。 20年前はアマゾンは自宅ガレージから事業をしていて、Facebookのザッカーバーグはまだ学生で、グーグルもまだ誕生したばかり。 自分は歳だけとった。 20年で、スマホで、情報を収集して、スマホで買い物をして、たくさんの広告をSNSを通じて目にする。 GAFAのおかげで、コロナ禍でも充実したステイホーム生活を送れたと思う。 ただ、友達との会話で情報を得て、歩き回って現物を探したり、映画とか音楽のためにレンタルショップをはしごしたり休日の無駄で充実した時間を懐かしく思う今日この頃。 もうこれ以上はこんな企業は誕生しないだろうと思ったところに、ネットフリックスとかテスラみたいな既存の産業に殴り込みをする企業が出てきたり、次のGAFAの匂いも少しは出てきてるようなのでこれからの20年も動向を見届けたい。 まだまだ成長余地はあるし、終わってもないが、 なんとなくGAFAの次に期待をしてしまう笑 日本でも楽天、mixi、ZOZO、サイバーエージェント辺りも 同時期。 これらも日本では人気が出てサービスが浸透したけど、海外でシェアを取れないとGAFAは日本から生まれない。当たり前だが… ユニクロ、ソニーそういう立ち位置に近い。
192Picks
GameStop株で学ぶ、空売りファンドが儲ける仕組みと個人投資家がそれを打ち破った方法
Business Insider Japan
江尻 真吾金融機関
証券市場の存在意義として、企業の資金調達、投資家の資産形成、応援したい企業のサポート手段とかが挙げられる。 その通りだけど、つまるところ最終的にはお金をふやしたい、というのが最大のモチベーションである。 経営者としても、株価が高ければ、資金調達も容易になる。 業績も良く配当出せるとさらに投資家が集まり、みんなハッピー。 もともと、空売りは値下がりに対する懸念をケアするためのリスク回避の手段であったわけだし、投資家のための情報資料も今ではキレイに整備され、上場している多数の企業を具体的な事業を知らずに物差しのように比較できるし、株価の推移や売買高をチャート分析と置き換え投資家の動向もわかる。 今ではSNS、レポート、なんでも情報が得られる。 投資環境の整備や規制を整備しつつ、株式市場を盛り上げることは重要で国の経済発展に欠かせない。 国民に投資を促し続けて、投資のハードルを下げ続け、知識がなくても少額の資金さえあれば、参加可能な市場にした結果が今回のこと。 元には戻れないとは思う今回のようなことはおきつづけるとおもう。 誰もがお金を増やしたいという目的で市場に参加している以上うまく付き合うしかない。 あまりこういうお祭りは好きではないが…
659Picks
NORMAL