Picks
40フォロー
18フォロワー
若者「感染の恐怖感なくなってきている」…都心の人出、30歳代以下が7割 : 社会 : ニュース
読売新聞
乾 潤一某税理士法人 代表社員
現在までの経緯を考えてみましょう。 昨年のクルーズ船から始まり5月末までは、日本国民全員が未知のコロナウィルスの恐怖におののいて自粛しました。 その後少しずつ判明してくる情報から、GoToキャンペーンで旅行へ行く人もいましたが、多くの人は自粛をつづけたように思います。 その後、断続的に緊急事態宣言を発出するなかで、若者~中年は常に高齢者への感染を防ぐために我慢をするようにと、強く要請されました。 ワクチン接種が高齢者に行き渡ったためか、最近近くの公共施設で行われた演奏会に行った妻は、高齢者ばかりだったと言っていました。 徐々にワクチン接種した高齢者が自由に活動されていると思われるなか、そもそも高齢者に比して、活動量の多い若者に対して行動制限をかけるのは難しいのではないでしょうか。 高齢者にうつしても重症化しなくなり、若者自身もあまり重症化しないと報道されていたわけです。 確認ですが、若者のワクチン接種を後回しにしてきたのは国や都道府県知事ですよ。 ワクチン接種を拒否している人は別として、若者は打ちたくても順番が回ってこないだけだと思います。 地元の市区町村では40代の予約でさえ困難です。 今さら手を打ち間違えたのを後悔してもね。。。 高齢者でなく若者優先、田舎より大都市優先でしたね。 こうなっては停めようもないですから、自分の身は、自分で守るしかなさそうです。この1年で学びました。 中年が我慢するしかなさそうですね。責任世代は辛いなぁー(笑)
134Picks
NORMAL