Picks
5フォロー
89フォロワー
「食」と「農」の未来 日本の食産業が世界で戦うための提言
東洋経済オンライン
Kawai Atsushi木熟アボカドを売るお兄さん 取締役
全くワクワク感がない。 近年途上国では農産加工技術が急速に進んでいて、数年前まで更地だった地域に豊富な資本が入り最先端の工場が建つ。生産品目は欧米の有機認証に完全対応済。これは、アフリカ大陸の話です。この数年で着実な変化が出てきている。 かたや日本… "中期でも3~5年でリターンを求める資本家と、10年後の未来を考える農家との「時間感覚のズレ」" 未だにこんなワードを聞かされると溜息が出ますよね。いつまでこんなシーソーゲームを続けているのだろう。日本の農業の衰退理由は各方面で語られますが、圧倒的にスピード感の欠如が1番の問題だと感じます。このままでは農林水産物の輸出5兆円も、有機農産物の定着も夢の話に終わる。出遅れた時間を取り戻す勢いで変わらないと難しいでしょう。 ちなみに環境や人権の課題について、各メーカーが自主基準を設けること自体は素晴らしいとは思いますが、本来は国主導でスコアリングの仕組みを整備すべきだと思います。企業の自主性に委ねると、必ず都合の良い解釈が生まれウォッシュを量産する羽目になる。温暖化対策は国を挙げてやるべきミッション。反発があろうと、しっかり国が責任を持って管理すべきだ。
「輸出量はたった4年で300倍に」茨城県がメロンの海外展開を大成功させたシンプルな手法
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
Kawai Atsushi木熟アボカドを売るお兄さん 取締役
もはや「え?まじで?結局、やる気の問題?」と思う方、多いでしょうね。 これまで業界の方々、どれだけ外販の苦労をせずに仕事してきたのか、ただ興味がなかったのか、よく分かりませんけど。ただ担当者を招待して現場見させるだけで売れるとか、とっくの昔から出来たことだと思います。 記事内にも書いてありますが、旗振り役が不在なんでしょう、慢性的に。もちろん一部地域に関しては未だに放射能汚染の煽りも受けてます。そこを加味しても農林水産品の輸出事業エリアは、まだまだ真っ青のブルーオーシャン状態です。これから輸出拡大を想定した有機農業が定着してくれば、更にポテンシャルは上がっていくはずです。 実はこれ、国産の他の土産物や物産品にも全く同じことが言えるんですよね。興味は持ちつつ、誰か引っ張ってくれないかなと、指を加えて待ってる所は少なくない。 やる気、出した方がいいと思います。 やる気出せば売れるだけのブランド力がこの国にはあるのですから。 【追記】 ちなみに、これは雑貨輸出と同じ視点では読んではいけない記事です。国によって当然規制も異なりますし、検疫の問題もあります。ただし、そこへの対応・準拠も含めての"やる気"です。 輸出該当地域に関する法制度にも目を通さず、「現状のまま売れないなら大変そうだから〜」といって距離をとっている事業者がどれだけいるか。 海外農産メーカーともなれば、北米・欧州・アジアの規制を横並びにして、最も厳しい基準を"厳しいとこどり"で採用して栽培管理に導入するところまで対応しています。だからこそ我々の食卓にもさまざまな国と地域の食材が集まってくる。 そこまでの努力をしているか?いや、してないよな?商売のために、そのくらいの努力をするやる気は出した方がいいんじゃないの?という話だと思います。
462Picks
NORMAL