Picks
57フォロー
7320フォロワー
自民、LGBT法案今国会見送り 保守派に異論、衆院選へ影響懸念
共同通信
古田 大輔メディアコラボ ジャーナリスト/メディアコンサルタント
差別がダメなのは当たり前なのに、なぜLGBTについてだけ差別は許されないという法律が必要なのか、という疑問を持つ人がいます。 一つ目に、LGBTヘの差別や偏見が今も社会に強く根ざしているからです。そのために当事者の自殺率が高く、精神的な重圧を感じ、例えば、愛し合う2人が同居して暮らすという異性愛者であればなんでもないことにすらハードルが上がることもあります。 2つ目に、その「差別は許されない」という文言も、自民党の党内では強い反発がありました。自分たちの言動が差別と言われるのではないか、なんでも差別と言い出して現状の社会秩序が混乱するのではないかという危惧からです。 山谷えり子議員は性自認が女性の男性が女性のスポーツ大会に出場してメダルを取りまくるような「馬鹿げたこと」が起こったらどうする、と論点を提起しました。では、性自認が女性の「男性」(鉤括弧つきです)は全てのスポーツ大会から排除すれば良い、という話なのでしょうか。 差別は許されない、という文言のある法律があれば、個別事例の議論を促進します。そういう法律がないから議論も進まない。その結果、現状の差別状況が維持される。 だから、「差別は許されない」と明記されたLGBT関連法案が必要だと考えます。
129Picks
NORMAL