ホーム
1147フォロー
775フォロワー
スーツ離れ加速の中で青山とAOKIが選んだ生き残り策は? 紳士服販売を突き詰めるのか、ネカフェ・カラオケ・ジム…多業種経営か
集英社オンライン
野上 智嗣マインドテック株式会社 ビジネスアーキテクト
約17年程、航空会社に所属していたのですが、スーツは常に平日5日分のローテーションを組めるようにしていました。シャツはおよそその倍、併せてネクタイも。またまた併せて、クリーニングも閉店間際に着た分を持って行って、仕上がったものを引き取りに行ったりをよく繰り返していたなぁと思います。 コロナ禍にそういった価値観が変わり、教育への興味が増して、AOKIの洗濯可能なスーツを1着購入しました。主に小中学校で数学や英語を教えたり、家庭教師をする時に、着用しています。ゆうべも洗濯しましたが、本当に楽だし、お財布に優しいです。AOKIのアプリやメーリスは都度、新商品や店員さんの着こなしや、ユーザー側の目線で商品マーケティングを展開していて、テーラーメイドのスーツも購入したり、先週は遂にパジャマスーツを購入してしまいました。クローゼットに所狭しと並んでいたスーツも今はこの3着、ほぼ洗濯可能なスーツが無限なくらい大活躍しています。これからの季節、パジャマスーツは外せないですよ。 4月からフリーなので、おおかたはラフな日が多いのですが、講師の時はスーツかジャケット、というのは外せないですね。
165Picks
NORMAL