Picks
337フォロー
839フォロワー
『シン・ゴジラ』でも庵野秀明の原案を東宝が繰り返し改変…アニメは原作尊重
ビジネスジャーナル
Kondo Hiroto株式会社BookBase CEO
セクシー田中さんの件に端を発して、改めてメディアミックスの製作にスポットライトがあたっていますね。 弊社は原作を作るスタートアップとしてメディアミックスなども進めていますが、だからこそ両方の主張が理解できますし、メディアミックスはまさにケースバイケースだと考えています。 まず、コンテンツ製作の難しさは不確実性にあります。要はギャンブルです。 なので、これに何十億もかかるようなアニメや映画、ドラマなどではその不確実性を潰したいビジネスサイドと不確実性を許容して挑むべきという制作サイドで対立することは往々にしてあります。 これがまずややこしい問題です。 経験則としては不確実性潰すとエンタメとしては終わるんですが、お金を出すのはビジネス側なので製作は煮え湯を飲まされるみたいなことが発生します。 そして、それだけに限らずメディアミックスというのは媒体を飛び越えた製作になりますので、原作尊重を盲目的にすればいいというのは全く異なります。 大掛かりな作品ほどスケジュールは過密ですし、小説や漫画と映像は根本的に表現方法が異なります。 そういった状況で、媒体の特性や現場を知らない原作者が強権を発動して場が荒らされると困る、というようなこともこれまで事例として存在してきた事実もあります。 誰かが悪いと一方的に論調を作るのではなく、そういうことが起こり得る要因を考える出来ですし、権利の問題だけと捉えるのではなく運用面なども踏まえて、どうしていくべきかを考えていく必要があるだろうと思います。
89Picks
だから日テレは「セクシー田中さん」を改変した…なぜか原作通りにはならない「テレビドラマのジレンマ」
PRESIDENT Online
Kondo Hiroto株式会社BookBase CEO
ここ数日、小説家さんや漫画家さんなどのクリエイター界隈ではこの話題で持ち切りです。 機能はついに著作人格権がTwitterでトレンド入りもしていましたし、関心の高まりを感じますね。 この記事については、ちょっと質が低いかなというのが個人的な所感です。 書き方が悪いのもありますが、もう少し本質的なところがあるかなと思います。 ※大前提ですが、メディアミックスについては規模が大きくなるほど関わる人間も増え、利害関係も増えるのでケースバイケースになっていきます。以下はあくまで一般論の範囲で書きます。 まず、原作通りにやらない理由は大きく分けて2つで、コストと文化です。 コストは単純にドラマの制作費の問題ですね。制作費が少なくなっているので、原作通りにちゃんと作ろうとした場合に媒体による特性を踏まえたコンバートにかかるコストを下げざるを得ません。 わかりやすい話として、撮影場所であったり、役者のレベルなど原作再現をするためには映像上必要となる条件のハードルがとても高いんです。撮影にかかる工数など、こだわるだけ時間とお金がかかります。 それだけの予算が確保できないなかでなんとかスケジュール内で作るというのが、そもそも難しいという制作側の問題が大きいわけです。 それなら、映像側で状況を見て、部分的な改変をしたほうがコストとしては安くできるという話ですね。 そして、文化性について。 これは今までの慣習上、映像側が持つパワーが強かったというシンプルな話です。映像においてお金を出す出資者は原作サイドとはほとんど関わらないので、映像側からすれば、現場に口を出すな!となってしまうわけです。 これまでも少なからず改変されることで映像側がヒットした例もありますし、映像側のクリエイターとしての自負や、横暴な原作者によって映像側が迷惑を被ったなども事例としてはあるんでしょう。 それらも踏まえた溝が歴史的に深くなっているなかで、こういったことがまかり通ることになったというのが正しい見方だと思います。 日本のエンタメ業界は、ジャンル問わず大きく、そして古くなりすぎたんだと思います。ゆえに、組織ごと新陳代謝をしていかねばいけないんだろうと思います。
182Picks
【新潮流】今、面白い本は「一人出版社」から生まれる
NewsPicks編集部
Kondo Hiroto株式会社BookBase CEO
日本でもほとんど見かけない出版スタートアップをやっている身としては見過ごせない記事ですね…! 弊社のメイン領域でもある小説・ラノベでも記事中で述べられている多産多死モデルは加速しており、続刊していくのが前提だったラノベでさえもとりあえず1巻を出して悪かったら切っていくという損切りの考え方が普通になっています。 ただこれは焼き畑的なやり方でしかなく、打ち切られるせいで気になるものも安易に買えないという信用不信を生みました。 そのおかげで衰退の一途を辿ってますが、これは本全体にも言えることかと思います。 そのなかで、ついに書店が絶対だった時代が終わり、電子書籍という新たな領域が拡大したり、プリントオンデマンドや小ロットの流通が開発されていくことで、これまでの『本屋さんの棚争い』に勝てなかった小規模な出版社のほうがチャンスを得られる形になっています。 当たり前の話ですが、本のようなエンタメは常に新たな挑戦をしなければならず、マーケティング的な考えは相性が悪いです。 だからこそ、製作にどんどん投資をして新しさに挑戦しないといけないわけですが、会議のなかで製作を決める大きな組織において、これは非常にやりにくい。 ゲームなどでも、個人開発のほうが面白い作品を作れるのと同じように、今後は弊社も含めた新たな出版の座組は生まれていくと思います。
642Picks
NORMAL