ホーム
90フォロー
84フォロワー
JR東日本が「エキナカ」から「マチナカ」へ、不動産事業“方針転換”の狙いとは? - News&Analysis
Diamond Online
中島 直樹ticopain ticopainオーナー・パン職人
エキナカの商業施設は、お客様の導線に偶発性が全く無く、コネクションや資本力の有無が露骨に出過ぎていて、フェアでは無いように見えますね。 マチナカ?に出て、ある程度フェアな競争を促すのは正しい形だと思います。 例えば、新宿駅のエキナカに新しく出来た"イイトルミネ"も中々エグいですね…。 横浜や埼玉など、関東近郊のパン屋から商品を集めたパンのセレクトショップがテナントとして入っていて、朝の忙しい中、パン屋が一つ一つ個包装にしたのであろうパンが一階フロアの中央に並んでいるのですが、そのフロアの入口の一番目立つ場所、お客様の導線のスタートの場所で、成城石井が自社?で焼いたパンの袋売りセールをやってたりする…。 朝から割引シールの貼られた袋売りパンの棚を横切った後、個人店の個包装のパンを眺めても特別感は無く、割高感が凄まじいです。 成城石井様のランチェスター戦略のお手本のような鋭さには、経営者として感服いたしました…容赦無いですね。 都心で生活する成城石井のメインの顧客層は、JRは滅多に使わない。 であるなら、改札内の商業施設で安売りをしても、ブランドイメージは毀損しないのかも知れませんね。
96Picks
NORMAL