Picks
274フォロー
12275フォロワー
業界初「ITフリーランス」専用保険 三井住友海上
産経ニュース
曽根 秀晶ランサーズ株式会社 取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
136Picks
【核心】天才の相方が面白い
NewsPicks編集部
曽根 秀晶ランサーズ株式会社 取締役
自身が建築家を目指していたころ、切磋琢磨して一緒に留学・遊学もした友人と、建築やデザインの本質について話していたときの話。「デザインの本質って、『よりどころ』だと思うんだよな」という言葉が深く残っています。 デザインはアートではないから、常に何かしら満たしたい要件や解きたい課題があるわけですが、この社会要件から物理表現への翻訳のプロセスにデザインの本質があるし、そのコンテキスト(彼のいうところの「よりどころ」)をどう読み取り、伝え、形にしていくかがだいご味になる。 記事中に出てくるローソンPB失敗の話や、イッセイミヤケ・深澤直人の話も、本質的にはこのデザインプロセスの話。深澤直人さんの「アフォーダンス」の原理は、人間行動を喚起する「ひっかかり」みたいなものですが、世の中の名もないデザインの多くがもっている、ユニバーサルデザインの潮流にもつながった大事な考え方。カップにある取手はなぜあの形なのか。 個人的には、イッセイミヤケさんのキャベツ・チェアの話にハッとさせられました。たとえば建築におけるスケッチや、ビジネスでの手書きのメモ。迷いや意思がそのままあらわれる途中段階でのカタチが、完成後のアウトプットより圧倒的にメッセージを伝えるパワーを持つこともある。 デザインそのものを行わずに、常にその傍らにいて、国内外で佐藤オオキさんのデザインのプロセスを客観的に眺め続けてきた伊藤さんだからこそのフラットなやわらかい視点が、滋味深かったです。他ではそうはお目にかかることのできない必見のインタビューですね。
705Picks
NORMAL