Picks
61フォロー
1041フォロワー
ダイキン 半導体を自社開発へ 効率化、安定供給に
産経ニュース
津田 建二News & Chips 国際技術ジャーナリスト
納得できる話です。ダイキンの空調機器は世界的に高い技術とブランドを誇ります。現在の空調機よりもさらに効率を上げようとすると、もっと細かい制御が必要になります。それを可能とするのは、独自の半導体を持つことです。しかもこの2年間の半導体不足でわかったように自分の半導体を持てば、チップを調達しやすくなります。汎用チップなら、大口ユーザーを最優先され、数量が少なければ後回しにされますので調達が難しくなります。自社チップなら数量が少なくても数社の設計を1枚のウェーハで製造するというシャトルサービスが使えますし、数社がまとまってファウンドリに圧力をかけられます。 半導体の設計工程は、機能をソフトウエアで記述してRTL出力させるプログラミング工程と、RTL出力から回路図に落とし、さらにマスクに落とす後工程がありますが、ダイキンさんなら論理設計してRTL出力までを担当できる力があります。しばらくは前工程のプログラミング工程だけでしょうが、後工程も担当できる半導体設計エンジニアを雇えば、設計工程全てを自社で賄えるようになります。最近ではSynopsys やCadenseから、RTLからネットリスト、レイアウト、配置配線までできるツールを入手できます。製造もTSMC熊本や、UMC三重などの工場に依頼し、Amkorの日本工場を使えばパッケージされた半導体が日本で入手できるようになります。
137Picks
日本半導体業界の失われた35年 TSMC誘致などで捲土重来なるか
36Kr Japan | 最大級の中国テック・スタートアップ専門メディア
津田 建二News & Chips 国際技術ジャーナリスト
日本の半導体の歴史の現在の状況を大体表しています。一部で誤解されている個所はありますが、一応指摘しておきます。TSMCが熊本で協力する日本企業は、前工程です。後工程の3DICは日本のイビデンなどプリント基板メーカーが協力します。 また、日本の半導体の衰退の最大の原因は、総合電機の経営陣が半導体やITを敵視してきたことです。詳しくは述べませんが、日本の半導体を牛耳ってきた総合電機の経営陣は未だに半導体に政府が力を貸すことを快く思っていません。  ただ、半導体経営側にも問題がありました。技術経営できない経営者が多すぎたのです。月産2000万個も量産していたDRAM製造をやめて、少量多品種のシステムLSIに変えてもまだ大量生産体制進めたからです。システムLSIでは工場に投資するのではなく、人とソフトウェアに投資すべきなのですが、相変わらず工場に投資を続け、結局利益を度外視した経営では沈むことは時間の問題でした。 長篠の戦いで織田信長に負けた武田家がその後7年も続いたように、ゆっくりと沈んで行くことが見えなかったのです。 東芝はまたまた特許を持っていたフラッシュメモリも保険的にやっておこう、と始めたことが幸運にもカメラ、携帯、そしてスマホへと発展したことで生き残りました。 ソニーは、裏面照射型CMOSセンサの開発を上司にしつこく食い下がって提案したエンジニアがいたおかげで、今日の地位を築きました。 ルネサスは、大企業同士の合併でゆっくり沈んで行きました。産業革新機構が資金を出して立て直しを図り、オムロンから作田さんをリーダーにしてリストラしたがその後の社長がダメでした。でも柴田さんが社長になってからは大きく変わりました。シリコンバレーのIDT経営陣をルネサスの大事な産業向けチップの経営陣に加え、もはや日本人は少数民族、と言われるほど、グローバル企業になりつつあります。2022年2Qの売上は前年同期比70%以上の成長という超優良企業に変身しつつあります。 総合電機を排除したルネサスは、海外からの注文をどんどん増やしており、これからの期待の星になりつつあります。
205Picks
半導体需要に「急ブレーキ」、供給不足の現状と今後
EE Times Japan
津田 建二News & Chips 国際技術ジャーナリスト
この記事には裏話があります。半導体専門メディアであるセミコンポータルに7月5日に「半導体市場急落の兆し、要注意へ」(www.semiconportal.com)という記事を書きました。翌7月6日に半導体商社のコアスタッフの記者懇談会でアナリストの南川明さんが最近情勢を述べられ、メタバースなど近未来的なことをおっしゃっていました。そこで、私が、半導体市場急落のニュース(Apple、AMD、NvidiaがTSMCへの注文を大幅に減らしたというニュースです)を聞いたのですが、これをどう見ておられますか、と質問しました。 南川さんは、「そのニュスは私も知っていますが、短期的な落ち込みにすぎない」と答えられていました。それは私も同意しますが、半導体サプライチェーンにおいて、ロシア・ウクライナ戦争の影響、中国のロックダウンの影響がじわじわ効いてきたような気がします。というのは、世界半導体市場統計(WSTS)のデータでは、2月をピークに対前年同月比と差の数字が3月、4月と急落しているからです。5月はSIA発表の移動平均値から算出すると4月並みなので、少なくとも急落は少し収まったようですが、景気後退の影響がじわじわ出ているような気がします。おそらく6月も下がりそうです(数字はまだ発表されていませんが)。
87Picks
NORMAL