Picks
3フォロー
164フォロワー
【山形浩生】賢い人ほど「偽オープンの罠」にはまる理由
NewsPicksパブリッシング
浜中 正志シンガポールでリタイア生活 個人投資家
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1102Picks
日本企業で「出世する人」たちが「保身クズ野郎」ばかりになってきた“意外なワケ”
マネー現代
浜中 正志シンガポールでリタイア生活 個人投資家
正直言って全然「意外なワケ」でも何でも無く、誰もが頭では理解している事だと思う。僕が新卒で外資系証券に就職し、子供の教育移住で9年前にシンガポールへ来た理由も殆どここに繋がっている。一言で言うと「日本の大組織と関わりたく無い」。笑 人生は思っているより短いですからね。僅かな生活保証の為に上司に媚びへつらい、間違っている事を堂々とやってのけ、いずれ消えて無くなる大組織で出世を目指す。内心は毎日不安で仕方ないのに、世間に対しては安っぽいエリート意識を振り翳してマウンティングを繰り返す。一方で自由に生きる人間を蔑み、妬み嫉んで目の敵にする。 あーーー、ヤダヤダ。笑 ただし好きな事を追求した結果、今の組織で最適化出来ている人はそれで良いと思います。大きな組織でないと果たせない自己実現は確実に存在するし、それは会社に利用されているのでは無く、寧ろ利用する側にいる訳なので(←ココ重要)。そうやって昇進レースから距離を置いて自身の技術力を磨いた結果、定年退職後にシンガポール政府に請われて日々こちらの若手を育てている素晴らしい方にも出会って来ました。なので僕が若い人達に言いたい事はいつもこれ↓ 「他人目線で生きる人生を捨て、自分の好きな事を追求して『真に』幸せな人生を」 そうすれば気が付くと自分なりの「エッジ」が出来ていて、それを武器に自由に生きる事が可能になります。ただ英語くらいは普通に話せる事が大前提。優秀な日本の若者は一人でも多く国を出て、世界を目指して欲しいと思います。
419Picks
孫正義氏「情報革命の資本家に」 ソフトバンクGが株主総会
共同通信
浜中 正志シンガポールでリタイア生活 個人投資家
日本株式市場、最大の謎がSBGの株価。今の日本で最も割安な銘柄がこのソフトバンク・グループ(9984)。 昨日のアリババの株価をNY引け値で見ると、SBGの所有分だけで16兆円の価値。一方でSBGの昨日引け値の時価総額が13.5兆円。この時点で既に2兆5000億円以上のディスカウント。ここへ更にSBKK、ARM(Nvidia)、Uber、クーパン、DiDi、Grab、その他の数百銘柄の投資価値を全て無視している状態が今の株価。 NAV(株主公正価値)のほぼ45%引きですね。一方で事業モデルが似通っているバークシャーの株価はPBRの1.4倍で取引されている。ここまで割安に放置されてしまうのであれば、一旦MBOで上場廃止し、NYで再上場を果たすべきだと思われる。もしくはVision Fund I とII の個別上場でも良いかもしれない。 SBGは稀代の経営者による究極のグロース株でありながら日本で最も割安に放置されているバリュー株でもある。創業以来の25年間、平均IRRで43%の成長を続ける会社など聞いた事が無い。唯一懸念があるとすれば、オーナー企業故のガバナンスの問題か。これとてユニクロや日本電産の例を見れば、決してネガティブな材料では無い。サラリーマン社長に会社を高成長させる力は無い。 是非他のプロの方々からの意見を聞いてみたい。
203Picks
ソフトバンクグループの 2020年度の税引き前純利益は、 なぜ、売上高よりも多いのか? - たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる!会計の教室
Diamond Online
NORMAL