Picks
579フォロー
4037フォロワー
スタートアップの育成環境、東京が世界9位に浮上
日本経済新聞
干場 弓子ディスカヴァー・トゥエンティワン 共同創業者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
670Picks
講談社とアマゾン、直接取引を開始へ 「異例の事態」に衝撃広がる
朝日新聞デジタル
干場 弓子ディスカヴァー・トゥエンティワン 共同創業者
確かに、今年経産省だったからの指導の入ったAmazonの、版元に対する一方的で高額な、「協力金」の要請といった仕組みに対する反感など、講談社をはじめ大手出版社とAmazonの関係はなかよしというわけではなかっただけに(もともと直取引をしていた中小出版社であるDiscoverの社長だったわたしも快く思っていませんでした。ユーザーとしての私にはすごく良い会社ですが、ベンダーには。。。。)、いよいよか、と思って読みました。 が、よく読めば、ブルーバックス、現代新書、学術文庫だけなのですね、当面とはいえ。もともと講談社の売り上げのうち、コミック本以外の書籍の占める割合は、3割ぐらいでしょうか?(要確認)そのうち、この3種は、いわゆるロングテールものなので、日販的にもコスト高となる商品だったのではないでしょうか? まあ、新聞記者さん的には、出版界の中抜き、改革と大きく捉えたいところなのでしょうが、業界的にはさほどのニュースとはいえない気もします。 とはいえ、取次を中心とする今の出版流通が、変革の方向に動き出しているのは事実でしょう。講談社は5月に丸紅と組んで、電子タグを始めると発表しましたし、今回のことでも、講談社が、日販、トーハンの大株主であることを思えば、大きな流れです。Amazonを扱う日販の社外役員を、野間さんがこの6月に退任したとも聞きます。 Amazonとの関係という話ではなく、出版社、書店、取次と、どこも勝者のいない現在の出版書店業界、みんな何とかしたいと思いつつ動けないでいた中、雄の講談社が、動きはじめていることには、期待が持てます。
691Picks
週刊新潮も中づり広告を終了へ 薄れる購買モデルの効果
朝日新聞デジタル
干場 弓子ディスカヴァー・トゥエンティワン 共同創業者
コロナ以来、車内広告の激減は、私鉄では実感していましたが、そういうことだったのですね。それにしても電車広告は高すぎました。特に山手線など、現在はいくらなのか知りませんが、10年くらい前は、1週間で1000万円以上だったか、とにかくダントツに高かった。 それほどではなくても地下鉄もそれなりにするわけで、それを大阪名古屋福岡等々全国展開となると、いくら定期出稿でかなり安くなっていたとはいえ、電車広告費の売上に対する比率は一体何%だったのか、業界の方にお聞きしたいところです(私は書籍なので)。 それでも雑誌が儲かっていた頃ならともかく、文中にある30万部以上というのは、いったいいつの数字でしょう? 印刷証明付き印刷部数を雑協のHPで調べようとしても、2019年のそれも1月ー3月までしか出てこない。コロナとは関係なくそれから2年でさらに激減しているはずですし、さらにこれは印刷部数であって実売ではない。週刊誌の平均返品率は45%超ですから、週刊新潮といえども、実売は10万前後?! (週刊現代はともかく新潮の平均読者年齢は、おそらく主要週間紙の中で最高で、多くが定年を過ぎ、毎朝電車に乗ることもなくなっていると思われ、まだ、これまた衰退著しい新聞広告の方が目に止まる確率高い?) これでは、電車広告料は出ない。さらにその少ない読者も、もはや車内広告ではなくスマホから情報を得るとなると。。 雑誌を出す側もですけど、それ以上に、社内広告料も重要な収入源だったであろう電車の側の懐具合も気になります。
119Picks
NORMAL