Picks
69フォロー
357フォロワー
伊藤忠商事トップが語る『商人』とは?
髙島 崚輔ハーバード大学4年/(特)留学フェローシップ理事長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
421Picks
火力発電の燃料に水素、2030年に年300万トン…脱炭素社会へ政府戦略
読売新聞
髙島 崚輔ハーバード大学4年/(特)留学フェローシップ理事長
ハーバードのエネルギー工学専攻です。 発電メインなのか。まさかの。、となると水素を海外から輸入するっていうあれですよね……、オーストラリアの褐炭を使って水素にするなどだと思いますが、これって世の中の「水素活用!」のイメージとはずれてる気がします……(もちろん日豪関係とかいろいろ他のメリットあるのはわかりますが) 以下、再掲です。 https://newspicks.com/news/5446779/ 本当に水素が主要燃料になる時代をつくろう!という気概があるのでしょうか……そもそも何のために水素を使うのか。電気を使って水を電気分解して水素をつくり,その水素を使ってまた発電するって(もちろん長期的に貯めやすいといったメリットは有ると思いますが)考えると,発電目的では望み薄なんじゃないかと思えてなりません……。製鉄(鉄鉱石の還元)などの製造原料としての活用は分からなくもないのですが,それで主要燃料とは言わないだろうと思うと,どういう見立てなんでしょうかね…… ちなみに,海外で水素の話をすると「え,水素?電化の流れが主流だから水素はメインではないんじゃない?」という扱いをされることが多くありました。電気自動車(EV)と燃料電池自動車(FCV)の比較をみるまでもなく,世界の潮流としてはエネルギー利活用を電化する流れが顕著です。 ただ,北欧だけは水素の話がメインの場も。 なぜ北欧では水素が重視されているのかを尋ねると,既に天然ガスのために建設したパイプライン等のインフラが整っていることを主な理由として挙げていました。実際,新しく送電線を引くためには10-15年かかるが,既存のインフラを使えば必要年数は一気に縮む。二酸化炭素排出量削減が喫緊の課題である現状を鑑みると,10-15年も待つ余裕はないので,水素を重視しているとのこと。水素によるエネルギー供給は,2025-30年には石油・天然ガスよりも安価になるという予想もあるとのことでした。 うーん……日本で本当にやるんですかね。。。あ,でも敢えて世界の潮流と逆張りをして,2100年くらいに天下を取るプランもあると思うので,もしそうならそれで日本は頑張らないと。もしかすると僕が知らないメリットも有るのかもしれませんが,まずは2030年に期待を裏切ってよい活用がなされているといいなと思います。
307Picks
水素を30年に主要燃料に 目標1000万㌧、国内電力1割分
日本経済新聞
髙島 崚輔ハーバード大学4年/(特)留学フェローシップ理事長
本当に水素が主要燃料になる時代をつくろう!という気概があるのでしょうか……そもそも何のために水素を使うのか。電気を使って水を電気分解して水素をつくり,その水素を使ってまた発電するって(もちろん長期的に貯めやすいといったメリットは有ると思いますが)考えると,発電目的では望み薄なんじゃないかと思えてなりません……。製鉄(鉄鉱石の還元)などの製造原料としての活用は分からなくもないのですが,それで主要燃料とは言わないだろうと思うと,どういう見立てなんでしょうかね…… ちなみに,海外で水素の話をすると「え,水素?電化の流れが主流だから水素はメインではないんじゃない?」という扱いをされることが多くありました。電気自動車(EV)と燃料電池自動車(FCV)の比較をみるまでもなく,世界の潮流としてはエネルギー利活用を電化する流れが顕著です。 ただ,北欧だけは水素の話がメインの場も。 なぜ北欧では水素が重視されているのかを尋ねると,既に天然ガスのために建設したパイプライン等のインフラが整っていることを主な理由として挙げていました。実際,新しく送電線を引くためには10-15年かかるが,既存のインフラを使えば必要年数は一気に縮む。二酸化炭素排出量削減が喫緊の課題である現状を鑑みると,10-15年も待つ余裕はないので,水素を重視しているとのこと。水素によるエネルギー供給は,2025-30年には石油・天然ガスよりも安価になるという予想もあるとのことでした。 うーん……日本で本当にやるんですかね。。。あ,でも敢えて世界の潮流と逆張りをして,2100年くらいに天下を取るプランもあると思うので,もしそうならそれで日本は頑張らないと。もしかすると僕が知らないメリットも有るのかもしれませんが,まずは2030年に期待を裏切ってよい活用がなされているといいなと思います。
446Picks
地球を冷やせ。「ジオエンジニアリング」最前線
NewsPicks編集部
髙島 崚輔ハーバード大学4年/(特)留学フェローシップ理事長
ハーバードで今年,ジオエンジニアリングの授業を取りました。 https://keith.seas.harvard.edu/ 今までのCO2を減らすアプローチだけじゃ間に合わない,既に排出されているCO2の影響自体を減らすには,ジオエンジニアリングを用いて太陽の光を跳ね返したり,雲を薄くして放射冷却を進めたりと画期的な方法が必要だと信じる教授の授業はとても刺激的でした。 工学の授業の中でも,そもそもジオエンジニアリングのメリット・デメリットを比較しよう!と「テスト開始に賛成」「テスト開始には反対」「研究開始に賛成」「研究開始にも反対」に分かれてディベートが行われたのも印象的でした。 当然メリットとしては,早く始めることで時間を稼げることが挙げられますが,デメリットとしては,パンドラの匣を開けかねないということや,一度始めるとやめられない(termination risk=太陽光を跳ね返すことをやめた途端に一気に気温が上昇してしまうため,永遠にやめられない)ことが挙げられます。個人的には,途中でやめられないリスクは重く受け止めて,今始めるのは得策ではないかなあと考えましたが,現状の至らぬ点を踏まえて授業をする教授の姿勢には感銘を受けました。 所謂理系の研究者でも,政策提言を行って自分の研究を社会に活かすためには客観的に自分の研究を評価しなければならない。大切なことを教えてくれた授業でした。
332Picks
NORMAL