Picks
23フォロー
59フォロワー
結婚や異性と交際していない人増加 女性は20年で1.5倍に
NHKニュース
磯部 龍樹Cognex K.K. Sr. Manager, Product Marketing, Global Solutions
男性の未婚率や恋愛未経験者が増えているのだから、今更女性もなんて言われても驚くべき点はないというか。で、それに是非はあるのだろうか? 女性にとっての結婚というのは、古来自分の将来の生活を確立するために必要だったわけだが、女性が自立し、自身の生活を自分で支えられるようになることで、結婚の理由は(恋愛感情、性的欲求、育児への関心など全部ひっくるめた意味で)種の保存本能だけになった。最近の若い男女が恋愛や結婚をしなくなりつつあるというのは、 ・その本能から解放されつつある(必要性がなくなりつつある) ・他にもっとやりたいことがある(もっと重要なことがある) ・そんなことをする余力がない(したいけどできない) の、いずれか。女性の場合、日本では種を残すことが実質的な社会からの戦線離脱になってしまい、少々事情を複雑にしているかもしれないが、いずれにしてもそんなことで戦線離脱するぐらいなら種なんか残さなくていい(もっと重要なことがある)、と考えていると見なせるのだろう。こう分類してみると、したいのにできない、以外は問題ないように思える。政治家ですら自分の任期内のことしか考えていないのに、どうして若者に将来の日本の人口動態のためにしたくないことをしろと言えるのか。そんなことをさせたところで、不幸な子供が増えるだけのことである。 一方で、したいのにできない、のだとしたら問題だ。したいことができない若者のために社会がしてあげるべきことがあるだろう。そういう判断をするためにも、未婚率、恋愛未経験率の数字からさらに踏み込んで、もっと若者の意志の変化を理解するべきだろう。 追記 記事内で、経済的な理由で、と記載があるのだけど、そこだけ裏付けのデータがない。何割の結婚を望まない人が経済的事情を理由に諦めているのか?持っているはずのデータをここへ来て伏せるのは何の意図か?だから、ちゃんと若者の意志を知りたい。
658Picks
NORMAL