Picks
2447フォロー
654フォロワー
パナソニック、「発電するガラス」実証実験開始 5年以内の量産化目指す
Reuters
澤 俊樹なし なし
30cm角で17.9%という世界一の変換効率を達成したパナソニックのペロブスカイト太陽電池は、ガラス基板ですので、建材一体型の太陽電池になります。 積水化学のようなフィルムタイプのパエロブスカイト太陽電池ではありませんが、メートルサイズの量産が確立できれば、建材一体型として発電する窓ガラスとして、高層ビルを丸ごと発電所にするようなことも期待できます。インクジェットによる塗布であっても、メートルサイズとなれば、量産を確立するのは並大抵ではないと思いますが、建材一体型の市場を獲得する条件になるでしょう。 パナソニックにはプラズマディスプレイの製造技術を活用した真空断熱ガラスを商品化していますので、建材一体型も断熱ガラスの封止技術が活きてくるでしょう。レーザーでガラスの接合部を溶着して真空封着すればペロブスカイト太陽電池の性能劣化となる水分などもないわけです。 また、真空断熱ガラスの内側になるでしょうから、この点フィルム型の封止の難しさに比べれば、有利といえます。 パナソニックの断熱ガラスが太陽電池になれば、空調の消費電力削減と電力生産という、二重のメリットが得られることになりそうですね。 あとはコスト、それは大面積量産技術の確立ができるかどうかにかかっています。 ●パナソニック、プラズマ技術で高性能断熱ガラス 2021.03.22 https://project.nikkeibp.co.jp/ESG/atcl/column/00007/031700015/
113Picks
【現場レポート】技術者と学ぶ、“次世代脱炭素技術”開発の舞台裏
澤 俊樹なし なし
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
475Picks
バルミューダ、小型の風力発電機を開発 23年秋に実証実験へ
ITmedia NEWS
澤 俊樹なし なし
写真だけから見ると九州大学のレンズ風車によく似ています。ただ風下側のフィンのようなものが気になりますが、風向により追従しやすくする工夫なのか、独自の二重構造が優しい風を生み出す扇風機GreenFanの構造を応用したものだとすると、ブレードが内側と外側の二重構造になっていて、強風でも内側のブレードと外側のブレードの起こす後方への風を和らげてくれる作用があるのかもしれません。 風車は回らないことには電気を作れませんが、回りすぎても、風車が壊れてしまうので、強風下ではブレードの回転を停止させますが、その辺の技術的な詰めがされているんだろうと思います。 1m程度の小型風車の課題は、タワー高さも低いことを想定し、ある程度市街地での設置も想定しているのかもしれません。 洋上風力発電のタービンの大型化が進み、中国では18M機も開発されています。 一方陸上風車は地域住民からの反発も出ているので、小型風車の可能性もあるとは思いますが、系統連系というより、自家消費的な小型風車を狙っているのかもしれません。 それでも本当に発電してくれるのか、強風でも大丈夫かなど、実証で確認していく必要はあると思います。 でも自家消費としても本当に採算が取れるのでしょうか? 工場にシンボルとして活用されるだけにならないことを心配しています。
28Picks
作って、売って、直して儲けるビジネスは終わる。日本車はもう一度「チャレンジャー」にならなければならない
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
澤 俊樹なし なし
2018年3月に過去最高益を更新したトヨタですが、豊田章男社長は、「ライバルも競争のルールも変わり、生死をかけた闘い」と自動車業界の事業環境の変化が、いかに厳しいもののなっているかを強調しました。 そして研究開発に過去最高の1兆800億円を投じると報道されていました。 そして2023年4-6月の営業利益が日本企業初の1兆円超えとなりました。にもかかわらず、危機感は相当に強く、円安や原価低減などで過去最高益を見込んでも、EVシフトのスピードが極めて速く、東南アジアの特にタイでのトヨタの人気さえ、BYDに奪われかねないなど、トヨタブランドも安くて品質がいいだけなままでは維持できそうにない状況です。 今期の研究開発費も1兆1500億円の見通しということで、手を緩めていません。KDDI株の一部売却で得る2500億円をEVなど電動化に向けるなど、研究開発は、次世代電池開発や製造技術開発、ビークルOSなどのソフトウェア開発が中心になると思います。 テスラの爆速の成長に危機感を持つだけでなく、中国EVメーカーの東南アジア進出、欧州の規制への対応など、トヨタなど日本自動車産業の構造変革が遅れたり、ましてや失敗したりしれば、日本全体に大きな影響を及ぼします。 日本の「敗戦」が産業界にとどまらず国民生活にも関わるという大きな危機感を持って、記事を読ませてもらいました。
103Picks
順番を間違えるな!! 全方位戦略は「目的」ではなく「結果」 トヨタに迫る崖と恐るべきリスク
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
澤 俊樹なし なし
「敵は炭素であって、EVにシフトすれば脱炭素になるのか?」という問いは、化石燃料の電力を使ってEVが普及するのであれば、EV =脱炭素になならない。 豊田章男社長の主張は、日本の電力事情からすれば、その通りでしょう。 再エネが普及して、EVの電力が脱炭素になれば、EVやグリーン水素のFCVは、気候危機に対するベストの解答となり得るということは正しいとしても、世界で起きているEVシフトのスピードが速まる一方です。つまりEVという自動車が環境問題を解決する有力な手段としした普及し始めているということだということで、豊田章男社長がいう「競争ルールが変わっている」ということなのでしょう。 マルチパスウエイをクルマに乗る人の選択肢を狭めたくないという「クルマ屋」の発想を捨てることまで、EVシフトは迫っているのではないでしょうか? そしてEVで戦う土俵に登った上で、勝ってから、マルチパスウエイという、選択肢のあることが、みんなの幸せにつながる、つまり「幸せの量産」になるのではないかと、筆者の意図を読みました。 資金もなく、規模も小さくてとてもアメリカの自動車メーカーには勝てないと考えていた、豊田自動織機の一部門から国産の自動車メーカーとして歩み始めたトヨタの歴史は、豊田綱領に凝縮していることも、思いを馳せます。 「側を楽にする」という佐吉翁の精神が今も受け継がれているからこそ、何のためのトヨタなのか、それを大企業病の人たちが真剣に考え、反省してこそ、「マルチパスウエイ」の本当の意味が見えてくるのではないかと思っています。
【AI動向】人にやさしいAIは設計可能なのか?
ChatGPT時代の人間の知性・機械の知性
澤 俊樹なし なし
「智に働けば角が立つ。情に棹差せば流される。 意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい」と文豪は小説の中で嘆きました。 AIが人間より遥かに賢くて、社会の問題や矛盾を解決してくれる期待と人類を破滅させるかもしれないという不安が、同居するような時代を生きるとは夢にも思ってもいませんでした。 縁故資本主義が世界を蝕んでいるような時代、民衆は置いてきぼりにされているのなら、いっそ政治も経営もAIに任せた方が、もっとまともな世の中になるのではないか、そうすれば、智も情も必要はなくなり、世の中は住みやすくなるのだろうか? 人にやさしいAIへの期待は、この極端に拡大していく格差を正してくれるのではないかというところにあります。 一方でAIに依存してしまう社会が、本当に望ましいものなのかどうかが、わかりません。人間より遥かに賢くなったAIの宣託に人間は抗うことはできないでしょうし、私が不安に思うのはAI同士が争うことはないだろうかということです。 あくまで計算の結果を吐き出しているだけだとしても、それがあまりにも納得させられるもので、それに反論し続けるパワーを人間の側がなくしていきそうで不安なのです。 人にやさしいAIとは一体なんなのだろうか? 人間を苦役から解放するテクノロジーが、分断と格差を生んでしまっているこの現実から考えると、AIが人々を癒し連帯させお互いを思いやる人間本来の姿にしてくれるとは思えないのが、時代に乗り遅れた私自身です。
65Picks
テスラの「カイゼン」 トヨタが学ぶ側に
日本経済新聞
澤 俊樹なし なし
イーロン・マスクは前例ではなく、絶えず根本から考える第一原理思想で発想すると言われています。 カイゼンは現場の課題を全体最適になるように解決していくもので、生活現場の泥臭さを知らないイーロン・マスクにとって、カイゼン手法は大いに役にたったのではないでしょうか? それでも電池をパナソニックの民生用のものを活用したり、自動車メーカーにはない発想がありました。それを見たトヨタの幹部は、おそらく失笑さえしていたのではないかとさえ思います。 全くモノ造りの発想が違うのです。これを豊田章男社長は、「競争相手とのルールが変わろうとしている」とトヨタ幹部に「大企業病からの脱却」を求めたのだと思います。 ギガキャストについては、メリットとデメリットを徹底的に分析したと思います。 そしてデメリットの大きさや日本ユーザーが受け入れてくれるかどうかを無視してでも、EVでのこれ以上の遅れは許されないと判断した結果、ギガキャストの導入だっとと思います。 それでもトヨタはマルチパスウエイ(全方位外交)の旗を下ろしません。 EVでの競争で負けてしまったらマルチパスウエイもないわけですが、自動車産業の巨大な裾野を考えると、ある程度の出血を覚悟しながら、生き残るという大命題に取り組むしかないのだと思えてなりません。
58Picks
遂にトヨタがKDDIを売却した「その意義」
ファイナンスから見るスタートアップと経営
澤 俊樹なし なし
NTTグループとトヨタが提携して進めるWoven Cityの構想が影響しているのかも、と頭によぎりました。 もたれ合いのままでは、100年の一度の変革に対処するスピードが鈍くなりかねないということなのかもしれないと思ったのです。 「私はクルマ屋を超えられない」と発言し、世間を驚かせた豊田章男氏が、トヨタをMaaS企業へに向けて変革しながらも、その超えられない限界を感じたのは、やはり日本の自動車メーカーを合計した時価総額を上回るほどテスラが成功したからではなかったと思います。 未来を見通す水晶の玉などは存在しません。テスラは未来を発明する情熱に全てを賭けたスタートアップだったと思います。 豊田章男社長はEVの未来を確かめるかにように、イーロン・マスクを支援したという気がしていますが、EVを電気で走るクルマ(電動車)としか見ていなかったという強烈な反省が「クルマ屋の限界」という発言になったのではないかと思います。 しがらみを断ち切る、という最初の一歩だとしたら、日本がトヨタが日本産業の屋台骨にまでなってしまった日本という国家が、護送船団方式や馴れ合い、縁故主義から完全に決別しなければならないという方向を指し示した事件だと読むことさえできます。 国家より大きくなったGAFAMと対峙する意地をWoven City が示したと考えるなら、トヨタはEVメーカーとの競争ではなく、ソフトウェアとデータ、そしてソフトウエア定義のクルマで、どういう競争相手と戦おうとしているのか、私たちは考えてもいいのかもしれません。 勉強になる投稿に感謝します。
438Picks
日特殊陶、東芝TOBで計500億円拠出 出資と劣後社債引き受けで
Reuters
澤 俊樹なし なし
日本特殊陶業は、固体酸化物形SOFC燃料電池のセル・スタックで三菱重工と提携しています。 東芝はSOFCを開発中ですが、発電の逆水電解にも使える固体酸化物形セルSOECを開発中です。 セル(SOFC/SOEC)に日本特殊陶業のセラミックス技術が使えるので、そこは狙っているかもしれません。 SOECはドイツのSunfireが実績を上げていますし、BloomEnergyも商用化しました。 デンソーのSOECの開発、自社工場で実証を始めたばかりです。 脱炭素の潮流がスパークプラグの市場の縮小となる中で、ピンチをチャンスの転換する方策が、SOFC/SOECのセル・スタックと見定めたのかもしれません。 インパクトは小さいかもしれませんが、EV用のボールベアリングの電食対策で、硬球ではなくセラミックボール(窒化珪素)の市場が伸びていますが、東芝マテリアルが、世界シェアNo1です。(ちなみにテスラもツバキ・ナカシマの窒化珪素ボールを独シェフラー経由で納入しているようです。) それだけなら、出資額が500億円と大きい気もしますが、東芝の地味なMEMSなども関心があるのかもしれません。 ◎デンソー、SOECを用いて水素を製造し、 モノづくりに活用する実証を広瀬製作所にて開始 https://www.denso.com/jp/ja/news/newsroom/2023/20230627-01/
19Picks
「パンは2種類しか作らない」「日用品の販売で稼ぐ」で年商3億 “山の上のパン屋”の「健康的な働き方」
マネー現代
澤 俊樹なし なし
鳥取智頭町の「タルマーリ」というパン屋さんを想起しました。 腐らない経済の不自然さに対し、腐る経済を実践しているパン屋さんです。 腐らない経済は金融資本主義、貪欲な資本主義の奴隷となっている私たちの生活を根本から疑い、そしてたどり着いた腐る経済。 私たちは幸せになるため、豊かになるため、懸命に働いているのに、結局健康を害せば、ボロ雑巾のように捨てられる社会に暮らして意はいないでしょうか? 困っていても誰も助けてくれない、困っている人を見捨てているような社会に私たちは馴れきってはいないでしょうか? 経営の世界では、人本主義とか利他主義と言いながら、地域に暮らしているのに、地域から切り離され、孤立している不安がゆえに、自己責任という冷たい言葉で切り捨ててはいないでしょうか? 擦り切れるほど働いていても、貧困に沈んでいる人々がどれほどたくさんいるか、と考えることもなく、足の取れたような椅子でも奪い合うような椅子取りゲームを一体誰が仕掛けているのか?、それをじっくり考えれば、私たちが助け合わないから。貪欲な資本主義の奴隷になっていることに気づくかもしれません。 田舎からも村人が取り仕切るお葬式は、今や家族葬の民間ビジネスになっているように、かつては助け合いながら暮らすという、慎ましい生活が民間ビジネスによって奪われているのです。 この記事を読みながら私たちが失ったものの、本当の豊かさを考えることになりました。 「腐る経済」とは何か パン屋「タルマーリー」から学ぶ、地方での働き方とポスト資本主義 https://www.todaishimbun.org/talmary20160916/
346Picks
次世代パワー半導体 日本と海外メーカー 主導権争い激しさ増す
NHKニュース
澤 俊樹なし なし
ルネサスがWolfspeedから20億ドルもの供託金を提供して、10年間にわたるSiCウエハの供給を受けるというニュースが、つい先日ありました。 高品質な200mmのSiCウエハ(エピウエハだけでなくバルクウエハも調達するのではないかと推察しています)をルネサスが調達するニュースが発表される少し前に、ルネサスとニデックが、EV用の次世代eAxle(従来の3-in-1ではなくX-in-1)の半導体で協業するという発表がありましたので、ニデックが賭けに出たと思いました。 次世代パワー半導体はSiCだけではありませんが、EVのインバータ向けでは、急にホットな話題になっています。 日本と海外の主導権争いでは、インフィニオンが特に積極的で、日本は慌てて投資を発表しているというような印象です。 SiCは150mmから200mmにシフトする流れにありますが、高品質なSiCウエハを安定して調達できることは、競争力に直結します。その点、ルネサスからヘッドハントされたニデックの常務が、ルネサスに働きかけて、供託金を支払ってまで、WolfspeedからSiCウエハを調達しようと動いたように思えます。 SiCウエハは、eAxleのインバータ用だけでなく、GaN半導体の支持基板、つまりGaN-on-SiCとしての活用も見込められます。 また経産省が2300億円もの補助金で日本のパワー半導体業界の統合により、世界との競争力を獲得しようと動いているようです。 巨象と蟻のような競争にパワー半導体がなってしまわないようにということでしょうが、ニデックとルネサスのような意地がなければ、弱者連合ということになりかねません。 SiCは日本発の技術ですが、市場がなければ、知らぬ間に負け犬になるだけです。既得権益を壊して新しい産業、もっと言えば新しい国家像を示す政治がなければ、本田宗一郎も生まれないのです。
202Picks
【宮台真司】なぜ「幸せ」になれない? 現代社会を考える
澤 俊樹なし なし
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
504Picks
テスラが創業20周年、“イーロン・マスク劇場”と歩んだ激動の歴史
WIRED.jp
澤 俊樹なし なし
倒産寸前になりながらも、それを乗り切ることができたのは、運も味方したのでしょう。でも決して諦めないという狂気のような情熱が、運を引き寄せた20年だったのかもしれません。 イーロン・マスクが起こしてきたイノベーションは、継続的カイゼンによるものではなく、複雑に絡み合った問題を徹底的に原理原則に立ち返り、あらゆる問題の根源にあるものにまで辿り着いてから、問題を一挙に解決できると信じられることに賭けてきたということから生まれたものではないかと、思うのです。 物理法則による問題解決と言えるような「第一原理思考」こそが、イーロン・マスクの真骨頂だと私には思えます。 現実に起きているあらゆる問題は、別々の原因ではなく、その根源にまで遡れば、たった一つのことであり、それは思考を束縛している「そんなのは不可能だ」という思い込みに他ならないということなのです。 その分野の専門家が経験に縛られることは仕方がないとしても、イーロン・マスクは、それが物理法則から不可能なことなのかを問い、そこに現実にその問題が存在しているのかを疑い、そして実は問題などないというところまで到達してから、全速力で命を削るほどの努力をしてきているのだと思います。 スプーンが曲げられないのは、そこにスプーン(=あらゆる問題)があるからに他ならないということだと、MATRIXの“THERE IS NO SPOON.”の文字がテスラのイベントのプレゼンのほんの一瞬映ったのを観た時から、思い続けています。 私たちは自分のいる世界、経験に縛られて、そこからイノベーションを生み出そうとしますが、現実の世界にあるテクノロジーも、破壊的なものであるものは、実は既存の技術の組み合わせというように見えても、真に破壊的なのは、たった一つのシンプルな考え方から生み出されているような気がしています。
111Picks
NORMAL