Picks
103フォロー
326フォロワー
【最前線】今、世界で勝てるのは「サイエンス」を学ぶ選手だ
NewsPicks編集部
正垣 源パラ・バドミントン選手(SU5上肢障害)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
113Picks
【学び】五輪は日本にとって、結局のところ「得」なのか?
NewsPicks編集部
正垣 源パラ・バドミントン選手(SU5上肢障害)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
153Picks
【観戦ガイド】柔道、個人戦最終日。あと一つで金メダル最多記録
NPコミュニティチーム
正垣 源パラ・バドミントン選手(SU5上肢障害)
昨日のバドミントンは、期待された男女のダブルス全ペアが姿を消すという衝撃の結果となりました。 怪我の影響から福島・廣田ペアは厳しいと予想していましたが、永原・松本ペアの敗退はショックが大きいです。また、個人的に最もプレーが好きな男子複の遠藤・渡辺ペアが活躍して欲しかっただけに悔しさが残りました。 本日の注目は、女子シングルスの山口選手vsシンドゥ選手かと思います。身長156cmの山口選手に対してシンドゥ選手は179cm。 パラバドミントンが同時開催された2019年の世界選手権inスイス・バーゼルにて、大会前日のレセプションで私達パラ日本チームの食事席にモデルが近づいてきたと思いきや、よく見るとシンドゥ選手だったので一同仰天したことを覚えています。 対する山口選手は福井県の出身で県外の強豪校ではなく地元の古豪、勝山高校に進学。高3では世界選手権を辞退してインターハイを優先するなど地元想い。ファンから茜ちゃんと親しまれ愛される選手ですが、男子顔負けの卓越した身体能力は必見です。 そしてバドミントン初日からコメントしてきた混合ダブルスの渡辺・東野ペアが銅メダルを賭けた試合に挑みます。 小柄ながら高い身体能力とコート内で時間と空間を見事に操り、バドファンから天才と評される渡辺選手と、男子顔負けのジャンプスマッシュを放つ1歳お姉さんの東野選手。これまでメディアで取り上げらる機会は少なかったものの、本当に面白い種目なのでぜひご注目下さい!
53Picks
フクヒロ・福島、けがの広田に「痛かったと思うけどよく頑張ってくれた」 広田は涙
デイリースポーツ
伊藤美誠が銅メダル 卓球女子シングルスで日本初
毎日新聞
正垣 源パラ・バドミントン選手(SU5上肢障害)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
146Picks
ノーベル物理学賞受賞 益川敏英さん死去 81歳
NHKニュース
正垣 源パラ・バドミントン選手(SU5上肢障害)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
米アラスカ沖で地震、M8.2 津波発生の可能性
共同通信
正垣 源パラ・バドミントン選手(SU5上肢障害)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
桃田賢斗が1次リーグで敗退 世界38位の韓国選手に競り負ける
毎日新聞
正垣 源パラ・バドミントン選手(SU5上肢障害)
ちょうど今、練習から帰宅してこのニュースを知り、思わずええっ!?と声を上げてしまいました。 日本チームは桃田選手のみが予選敗退でしょうか… バドミントンを始めて16年になり、様々な変遷を目にしてきましたが、オグシオ・スエマエ・フジガキで女子ダブルスが有名になる一方、男子は田児選手もシングルスでの活躍していたもののメディアではあまり取り上げられず、田児選手に代わる次世代のエースとして期待が寄せられたのが桃田選手でした。 女子シングルスの奥原選手と共にスーパーシリーズファイナルのアベック優勝も果たし、いよいよ男女シングルス時代到来かと思いきや、ご存知のように田児選手と共に賭博問題が発覚…。 リオ五輪でのタカマツペアの金メダルや、女子シングルスの奥原・山口選手の活躍でバドミントン界は絶好調ですが、あとはやはり男子の五輪での活躍が見たいファンは多く、桃田選手にかかる期待は計り知れないものでした。 交通事故も含めて、様々な困難を乗り越えて掴んだ東京五輪。バドミントン関係者全員が本当に本当に応援していただけに残念です。プレッシャーになってしまったのかな… ただ、今のバドミントン日本代表が世界一のチームであることに変わりはありません。他の選手達が奮起して、一丸となって今大会に臨んで欲しいと思います! 追記: 男子のバドミントン選手が予選で敗退したことがYahoo!のトップに載るなんて過去にあり得なかった。負けてニュースになるのは人気の証ですね。
66Picks
非正規雇用の“無期転換ルール” 希望27%余 周知不十分か
NHKニュース
正垣 源パラ・バドミントン選手(SU5上肢障害)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
110Picks
【観戦ガイド】松山英樹の復帰戦。ゴルフが本日スタート
NPコミュニティチーム
正垣 源パラ・バドミントン選手(SU5上肢障害)
本日のバドミントンは一気にレベルが上がりますが、正念場は男子単の常山選手、男子複の園田・嘉村ペア、女子複の福島・廣田ペア、混合複の渡辺・東野ペアだと思います。 昨日の桃田選手の敗退はショックが大きいですが、国内2番手として成長中の常山選手が桃田選手のライバルと言われたギンティン選手に挑みます。国際舞台に強く、陽気な関西人の常山選手は、桃田選手の雪辱を果たせるでしょうか。 極めて厳しい状況なのが福島・廣田ペア。廣田選手の右膝は深刻で、コートに立っているだけで奇跡という本人達の言葉は決して誇張ではありません。 園田・嘉村ペアの相手も強敵のインドネシアペア。厳しい戦いが予想されますが、両ペアには今までの想いをぶつけて欲しいです。 そんな本日の行く末を左右するのは、やはり9時からスタートする混合複の渡辺・東野ペアです。今大会絶好調のこのペアは、中国が最強と言われる種目で、卓球に引き続き旋風を巻き起こすことができるのでしょうか。 渡辺選手は遠藤選手と組む男子複でも国内1番手として出場するため、今日はスケジュールがきつそう…。世間の知名度はまだ低いものの、バドミントンファンの間では人気が高く、今大会での大ブレイクが期待されます。
91Picks
NORMAL