Picks
116フォロー
628フォロワー
「パラリンピックをつくった男」の承継者たちが見た2020東京パラリンピック 「多様性と共生」のレガシーは残されるか
FNNプライムオンライン
日大理事長を任意聴取 特捜部、金銭授受を捜査 側近ら逮捕後初めて
朝日新聞デジタル
正垣 源パラ バドミントン選手(SU5上肢障害)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
東京で1万人感染も“第6波”ピーク来年2月の試算
テレ朝news
正垣 源パラ バドミントン選手(SU5上肢障害)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
402Picks
「向上したい30代」を成功へと導く今読むべき本
東洋経済オンライン
正垣 源パラ バドミントン選手(SU5上肢障害)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
254Picks
日本代表、希望復活の勝ち点3! オーストラリア代表に土壇場で勝ち越し2-1
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
正垣 源パラ バドミントン選手(SU5上肢障害)
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
議論される「部活動」の地域移行。スポーツクラブは受け皿になるか
ニュースイッチ
正垣 源パラ バドミントン選手(SU5上肢障害)
日本の部活動は、形式的には教育の一環と謳いつつ、実態としては競技力向上に主眼を置く(その割に効率悪い…)という、コンセプトがぶれた特殊な状態にあります。 教育の一環ならば競技力向上に主眼を置かず、毎日練習する必要もなく、メニュー作りや大会出場手続き等を全て生徒主体にして、「自分の好きなことを通じて主体性・目標達成・コミュニケーション等を学ぶ教育の場」としての機能に特化した方が生徒にとって有益でしょう。 一方で、競技力向上の場とするならば、その競技の専門知識がない教師が顧問を務めることはあり得ない話で、顧問の転勤による廃部や、やりたい競技の部活動が学校にないことで競技を断念する生徒がいる問題は真剣に解決しなければなりません。 この矛盾を解決するためには、各学校には教育の場としての部活動は継続させ(複数競技を1つの部活動にしても良いと思います)、競技力向上したい生徒向けには、体育系の学校や各市町村単位くらいで各競技の専門コーチ有するスポーツクラブを作ってそこに通わせる、といった総合的なシステムがあれば良いのではとずっと考えていました。 そういう意味では、あえて競技力向上に特化したソシオ成岩の形態は理想的ですが、中学生の大会は中体連が担う現状の大会構造とのギャップが課題になりますね。 指導者問題も含めて、この辺りの改革は複雑に絡んだ課題を1つ1つ解きほぐす必要があり、困難を極めます。
198Picks
NORMAL