Picks
275フォロー
159フォロワー
【のらえもん】賢い「タワマン」の買い方を、教えよう
NewsPicks編集部
佐藤 晴野建築・家づくりマッチングサイト レリーフ株式会社 代表取締役
住まいではなく投資の話。 株で言うと底値買い。 2008年くらいまでにタワマンを買っていた人たちで「先取特権」を得た人だけが儲けた、当たり前の話。 しかし今はどうか?ババ抜きになっていないか。 また、タワマン買い売りで儲かったとしても、その間の維持費や不動産屋に払う仲介手数料、次の住まい探しなどリスクとイニシャル、ランニングコスト満載で疲れる。住まいで安心できないのは不本意。 投資の観点で語ると、今はアート投資、1880年台以降のフランスにおける葛飾北斎などのジャポネスクブームが起きた時のような、次のネオジャポネスクを探す方がギャップがあり、儲かるでしょう。 魯山人だってアジアでも欧米でもまだまだ上がる余地がある。原価が0に近いものが数百、数千万円になる。また、これはアートと投資のミックスであり、自分の住まいはより生活的。それを投資対象とするのは金銭的にもリスクが高く、安心できない。 タワマンはまだ目新しかった当初は先取特権で儲かったでしょうが、もはや飼い慣らされた話題で、大きな利益のギャップはもはや無い。 居住性や性能、設計、長期継続性などにこだわりもなく建築自体も共用部分も占有部分も意匠的な魅力もないから、昔はギャップがあって儲かった投資対象程度の認識であまり興味もそそられない話題。 あと、「庭」の良さがあまりにも認知されていないのは残念。 日本の庭の文化は世界でも超一流。建築と庭は一体です。
1395Picks
NORMAL