Picks
280フォロー
173フォロワー
年収が1000万円以下だと、大手の注文住宅のマイホームは「絶望的」な時代がやってきた
マネー現代
佐藤 晴野建築・家づくりマッチングサイト レリーフ株式会社 代表取締役
今は建てる時ではないという前提ですが、 現場に近い人間として3点申し上げておきます。 1.大手ハウスメーカーの一棟あたりの単価が高すぎる。 優良な地域の工務店を探せば、同程度の品質で20〜30%のプライスダウンは夢ではない。しっかりと地域の工務店を徹底的に探した上で建築請負先を決めてますか? 2.税金や補助金の優遇政策や住宅ローンの借り方を勉強していますか? 経済の長期停滞によるマイホーム需要の低下で、省エネや長期優良住宅などでの金利優遇や税制控除、各種補助金はもはやオンパレード状態です。個人の最大の買い物である住宅の需要喚起は経済対策として極めて重要だからです。 ローンにしても、例えばペアローンで組めば夫婦それぞれで住宅ローン控除ができるのを知ってますか? これだけで、借りれば儲かる逆ザヤ状態です。 3.住宅によってその人の幸福もその反対も決定される。 上記1.2程度の知識もなく、不満ばかり言って、安い方がいい、賃貸でいいと言っている人は、不幸の入り口に立っています。 自宅で過ごす時間は当然他の場所よりも最も長く、依ってそこの質で人生が決まるからです。 住宅によって幸せになる人も、またはその逆の方もたくさん見て来ました。 5円のスーパーの袋を節約するくらいなら、最低限上記1.2を徹底的に勉強して実際に落とし込んでください。 トータルで優に一千万単位で得をして、さらに住まいでも大きな幸せを得ることができるでしょう。
149Picks
NORMAL