ホーム
857フォロー
762フォロワー
東京都知事選挙 立候補者は56人で確定 前回の22人を大幅に上回る過去最多 掲示板の枠を増設
TBS NEWS DIG
シャトレーゼ、無給で待機を強制…外国人労働者の弱みにつけ込む、特定技能制度
ビジネスジャーナル
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
本分野の専門家的な立場からコメントしますが、事実関係がよくわからない部分もあるので仮定や推測も含みますが。 外国人雇用の二つの重要ポイント。 一つ目は「在留資格」。 今回のケースでは「特定技能」と言う在留資格。 次に採用条件や雇用契約。 日本人と基本は同じですが在留資格による縛りやルールが加わる。 この辺りが日本人の雇用との最大の違い。 加えて特定技能は入職後のサポートも不可欠。 企業側が外国人の採用に二の足を踏み、大手人材紹介会社も面倒がって参入してこない、参入しても上手くいかないのはこの点が大きいです。 今回のケースでは、 特定技能の在留資格(ビザ)がいつ下りたのか? そもそも特定技能は在留資格が下りないと働けません。雇用契約があっても労働対価は払えない。 いまは東京入管管轄だと審査期間2ヶ月は最低掛かるので、それを見越して入職予定時期を決めてビザを申請します。 もしビザ待ちで2ヶ月半も待機させたなら、紹介した業者(登録支援機関)と採用企業側のスケジューリングの問題。本人たちに責任はないでしょう。 ただ、今回「転籍」とある。 特定技能は技能実習生と違って「転職」は可能ですが、転籍は農業など、地域によって繁忙期と繁閑期が異なる場合に特例で認められています。 転職の間違いで、ビザ待ち待機ならスケジューリングの問題。 入管の審査期間はあくまで目安ですが、それを計算して前職の退職時期を調整したり、審査期間中に一時帰国させたりします。 2ヶ月半の現場待機は異常。 仮に新事業所の開設要員だとしても無計画過ぎ。 以前に私が紹介した特定技能のベトナム人と同じ寮にいたミャンマー人が4ヶ月ぐらいビザが下りなくて(当時は1ヶ月で下りた)、Facebookにミャンマー語で「死にたい」と書き込みをしているのを同室のベトナム人が発見。 私から企業管理者→担当の登録支援機関に連絡。 翌日担当の支援機関が入管に連絡したらすぐにビザが下りたとか。 入管も忘れていたか?その登録支援機関も放置していたのだと思いますがことなきを得ました。 コロナ禍で本業厳しくなり、登録支援機関のライセンス取ってにわかに参入した事業者が少なからず。 制度開始から5年、登録支援機関は9000超えてますが、100人以上を支援しているのはわずか5%程度。 安易でにわかなペーパードライバー多すぎ。事故りますよ。
410Picks
《西武池袋本店》ついにヨドバシカメラ出店の犠牲者が…「孤独のグルメ」聖地の閉店、ファンが語った哀しみと切なる願い
現代ビジネス
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
なんかまとまりのない記事ですね。。このライターがどれだけこのお店に足を運んで来たかは知らないが、「孤独のグルメ」ネタで書いてみたかっただけ? 私は人生のほとんどを西武線沿線、特に池袋線沿線で過ごしてきましたが、このうどん屋は知りませんでした。 そもそも、屋上なんていかないですから笑 西武のカルチャーセンターのテニススクールがあって、一回だけ会社帰りの夜に体験に行ったぐらい。 それほど味が素晴らしくて人気があったなら、駅近くでお店を出したら行列ができるのでは? オススメは南口方面、明治通り沿い。 先日、出張帰りにその辺りでラーメン食べました。 なりたけ 池袋店 03-6338-7040 東京都豊島区南池袋3-13-7 ビジネスヴィップ池袋 1F https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13178631/ 駅からはちょっと外れますが、西武線の南口からは徒歩5分ぐらい。 ジュンク堂書店の周辺には大学進学予備校や資格専門の予備校などもあり、サンシャイン方面や西口ロサ会館方面に比べて落ち着いた雰囲気ながら若い人たちも多い。 行列のできるラーメン店「無敵屋」も大ガード前にあります。 無敵家 03-3982-7656 東京都豊島区南池袋1-17-1 崎本ビル https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13003927/ 西武の新本社ビルからも近いし、東ハトの本社もこの辺り。 この辺りにオープンしてくれたら私は行きますよ。武蔵野系の麺にコシのある肉汁うどんは大好きだから。
65Picks
「うどんにはコーラが合う」を無視してはいけない…「丸亀製麺ハワイ店」が売り上げ世界一店舗になったワケ
PRESIDENT Online
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
私は6年ぐらい前にベトナムのホーチミンで丸亀製麺に入りました。 店構えや価格的には日本とそんなに変わらない。 ただ、ベトナムのホーチミンと言う熱い気候に合わせて、店の外にはミストシャワーがビッシリと設置されて、涼しさを演出していた。 基本的な品揃えもだいたい同じだが、ベトナムの場合、エスニックテイストのメニューがある。ベトナムなのになぜかトムヤムクン風でしたが美味しかった笑 あと、日本だと麺をオーダーし、天ぷらをセルフでチョイスまでしかないが、レーンの最後に砕いた氷がビッシリと敷き詰められ、そこに冷たいドリンクやスイーツが置いてある。 みな、そこでお好きなものを選んでレジで精算。 これは日本でもやった方が良いレベル。確実に集客と客単価アップにつながると思う。 この辺りもハワイ店での成果なのかな? ビジネスや製品の輸出にはローカライズが必要。 さらに、ゲームなどのコンテンツビジネスの場合、現地の文化に合わせた「カルチュアライズ」が必要になることも。 食も文化である以上、現地の味や習慣を大切にしながらカルチュアライズしたり、現地の食文化を取り入れて新メニューを開発したりが必要。 先日、テレビで大戸屋の海外展開を取り上げてましたが、同じようなことをやってますね。 日本のメニューそのままではウケない、たとえば大根おろしとか。 現地の食文化に合わせて味やメニューも変えていくことで現地に根付いて成功した。 あと、同じ時にホーチミンでスタバにも入りました。 スタバはスタバそのまんま笑 丸亀製麺と同じように値段も日本と大差なく。 若い子たちがスタバでiPhone片手にMac広げてドヤってるのも日本と同じく。 ベトナムでそんなことできるのは現地の平均収入の何倍ももらってる外資系企業、日系企業のエリートだけですが、スタバはライフスタイルの一部としてワールドワイド共通で完成してますね。 さすがのスタバでした。 余談ですが、ベトナムのロッテタワーと言うホテルとロッテデパート入りの高層ビル一階にスタバのパクりの韓国系のカフェ「Angel-in-us Coffee」がありました。 そこにも、ロッテタワーに入居の外資系やIT系のエリート若者たちがiPhone片手にMac広げてドヤってました笑
326Picks
「人を安くこき使うのも経営手腕」30年間賃金を上げなかった日本の経営者の"残念すぎる"体質
PRESIDENT Online
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
D・アトキンソン氏の論旨はいつも明快ですね。インバウンド政策もこの方が民主党政権時代に野党化した自民党に吹き込み、自民党が与党復活で実現したと言う。 誰にも忖度せず、葉に衣を着せぬ物言いは真実を語る。 >【アトキンソン】日本の多くの中小企業の経営者にとって重要なのは、いかに経費を使うか、いかに安く人を働かせるかになってしまっている。外国人労働者に関してもまったく同じことがいえます。イノベーションを起こせる人や才能のある人ではなく、できるだけ安く酷使できる人、つまり奴隷のように使える人がほしいのです。 日本の経営者は終身雇用の名の下に、労働者を安くこき使い続けるための雇用形態、賃金体系を駆使して来た。 逆らうものは出世コースから外される恐怖政治と合わせて。 オーナー企業ならなおさら。 アトキンソン氏はかねてから日本の国際競争力強化のためには中小企業を統合して、より大きな組織で経営力を高め、労働生産性を上げて行くことを主張しているが、それができない元凶は大企業にある。 大企業は終身雇用、横並びの賃金体系で社員を酷使し、社員は目先の成果を上げるために下請けを搾取し続ける。下請けの経営力、生産性を上げると言うことまで考えが及びにくい。 下請け企業を生かさず殺さずでは、アトキンソン氏の主張するような中小企業の合従連衡は起きにくい。 中小企業のオーナーも下請けをしながら「一国一城の主」で満足してしまっているので中小企業の合従連衡が起きにくい。「社長」と言う立場に甘んじ、自分たちの領地と城を守るので精いっぱいだから仕方ない。 結局は業界全体をコントロールできる立場にある大企業が積極的に仕掛けていかないと進まない。 それと、 > 【古屋】これまでは、それで利益を上げられてしまったわけですからね。私は、「安い労働力」という意味で日本の経営者が持っていた“切り札”が4つあると思っています。 >1つ目は「若者」です。2つ目が「女性」、特に2000年前後以降に顕著に増えた非正規で働かれてきた女性です。3つ目が「高齢者」。再雇用という制度を使って、高齢者に“3割引き・4割引き”でそれまでと同じように働いてもらえる。 に関して、少子化により「外国人」が加わっている。最低賃金で働かされる「技能実習生」とか。 逆に最近は円安で海外に安く買われる日本の労働力も増えている始末笑
401Picks
目の前の相手が「仕事ができる人か」「できない人か」を見破る“すごい質問” - リーダーの仮面
Diamond Online
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
識学の安藤さんですね。 徹底した数値化のマネジメントで成果を上げるスタイル。 こちらの安藤さんのインタビューがわかりやすい。 https://logmi.jp/business/articles/328719 この中で特に重要なのは、 >自らの責任を正確に理解するとは、何を実行し、どういう結果を出せば評価を得られるのかを正しく認識しているということです。 >「正確」にというのは、識学で言うところの「完全結果」で、しっかり認識をできているかということです。完全結果とは、例えば「10キロを60分で走る」で、一方「10キロをなるべく早く走る」が不完全結果です。 > 「10キロを60分で走る」であれば59分で走れれば達成ですし、61分になると未達成です。不完全結果の「なるべく早く走る」だと、定義が人によってバラバラなので、結果が出た時に認識にずれが生じてしまう。そうではなく、正確に完全結果で理解できているか、ということです。 >結果という言葉は「期限」と「状態」に分解できます。「60分以内に」「10キロを走る」という期限と状態に自分がどういう責任を持つかを正しく認識する必要があります あたりでしょう。 例えがわかりやすい。 ただ、 > 上司である立場の人たちがこれを完璧に設定できているかというと、できていないことが多いです。上司側からすると、設定しているつもりになっているパターンもあります。 の通り、上司の目標設定や戦略に誤りがあれば意味がない。 たとえば、 「10キロを60分で走る」はある程度トレーニングをすれば多くの人は到達可能だが、 「10キロを40分で走る」はアマチュアランナーでもかなりの上位だし、 「10キロを30分で走る」となるとエリートクラスです。大学駅伝に出られます笑 さらに、「フルマラソンを2時間切りで走る」だと前人未踏の世界記録です。キプチョゲでも届かなかった。 この目標設定を正しくするには、上司が正しく状況判断し、的確な戦略戦術のもとに、適切な数値目標を設定できる必要があるが、そうなって無いことが多い。 的外れな戦略と数値目標を強いると、太平洋戦争の日本軍の過ちを繰り返すことになる。 いまだに日本人の組織はこの傾向が強いですね。 状況判断力に欠ける? 上に対して正しいことが言えないから? 結果的に組織のメンバーが不幸になるのに。。
547Picks
美容室が過去最多ペースで倒産、もう技術だけではやっていけない時代に…チェーン店は労働環境改善に取り組むも、個人経営店の行く末は…
集英社オンライン
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
そもそも美容師と整体院は増え過ぎてオーバーストア、過当競争なのでは?簡単に開業できてしまう。 整体院はまだ治療目的で月に複数回通う人もいると思うが、美容師は月イチぐらいでしょう。 私はQBに長らくお世話になってました。移動途中でもたくさん店舗があるので、時間と場所を選ばすできるので。クオリティも普通に「散髪」するだけなら問題なく。 コロナ禍以降は地元の古くからある理髪店に通ってます。理髪店と言っても代替わりして、いまは駅周辺に美容室をさまざまや店舗形態やサービスを打ち出して何店舗も出店している。 この先代が創業時から営んできた理髪店も新しく建て替えたオシャレなビルにぱっと見は今風の美容室っぽく展開。スタッフも若く、男性用のヘアサロンと言った感じ。 美容師と理髪師はそもそも通う学校とライセンスが異なります。 美容師はカットやカラーだけの一方で、理髪師はナイフで顔やうなじを剃ることもできる。 なので、結婚式場に出入りしているのは理髪師のライセンスを持った人。 両方とも持っている人もいます。私が通う理髪店の指名の副店長もその1人。 このチェーンのように、ドミナント戦略で多様な店舗形態、サービスで展開するのもありだと思います。 いたずらに多エリア展開すると経営効率も悪くなる可能性がある。
297Picks
あえて原点回帰。営業組織に、SFAは本当に必要か
PR: NewsPicks Stage.
石原 由之アイメイド株式会社 取締役
プロセスやルールを決め、細かくKPIを設定しても、その行動やアプローチが戦略的、つまり、状況を的確に把握、分析し、洞察力を駆使して動けているか? 営業とはあくまでマーケティングの一部であり、戦略やマーケティング的なアプローチなき営業活動は竹槍持って敵軍に突っ込むが如く。 KPI評価に偏りすぎると、忙しいわりに成果が上がらず、営業スタッフは無駄に疲弊するばかり。KPIに固執するあまりに、上べのKPI稼ぎが目的化し、マネジメント側も大局的、戦略的な判断を見誤る。と言うのはありがちな落とし穴です。 SFAでどこまで戦略的、マーケティングな行動、アプローチを把握、評価して、結果との因果関係を把握、分析できるのか? 結局は経験豊富で、戦略的、マーケティング的なアプローチで成果を上げてきた営業マネジメントによるアイディアや指導、コントロールが必要になる。 マネジメント側が効果的なマネジメントや指導をしながら、営業の成果獲得と人材育成が出来ないと効果は半減。 勘と経験と言われますが、勘は決して当てずっぽうな山勘ではなく、経験と洞察力に裏打ちされてはじめて実効性を持つ。 直感よりも直観の重要性。 AIやSFAにどこまでできるか?
350Picks
NORMAL