Picks
172フォロー
1341フォロワー
オリックスが中堅海運を買収 3000億円、事業承継で最大
日本経済新聞
コンテナ船の速度、23年は5%低下 環境対応へ減速進む - 日本経済新聞
日本経済新聞
松田 琢磨拓殖大学商学部国際ビジネス学科 教授
コンテナ船の速度は,長期的に見て減速が進んできました.日経とはソースが異なるかもしれませんが,2008年時点ではコンテナ船の速度は平均で19.2ノットでしたが,2023年には13.9ノットまで減少しています. 理由の第一はコスト削減です.コンテナ船燃料消費量は速度の三乗に比例して増加するため,速度削減に伴う輸送コストの減少の恩恵が大きいことが挙げられます.第二は環境対応です.2000年代から環境対応のための減速航行は進んできました.減速運航は費用削減と環境対応を両立できる一石二鳥の手段であるのです. 記事にもありますが,23年に入って運航格付けが始まったことも減速運航をさらに進める原因となりました. しかし,現在の中東情勢を受けてスエズ運河を迂回する動きが生じているため,迂回による遅れを取り戻すためのスピードアップが行われる傾向にあります.小型船では顕著なスピードアップがみられていないのに対し,大型船でスピードアップがみられています. 海運会社の方に話を聞くと,サプライチェーンの維持(&できる限りの定時運航の確保)にはかなり神経を使っている様子であり,その表れであると思われます.
6Picks
NORMAL