Picks
90フォロー
35フォロワー
【迫真】地銀がアマゾンの「下請け」になる日
NewsPicks編集部
末永 聡JIC Venture Growth Investments Partner / 弁護士
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2313Picks
【完全解説】なぜ、世界はこんなにも「不平等」なのか?
NewsPicks編集部
末永 聡JIC Venture Growth Investments Partner / 弁護士
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4757Picks
【実践】長期投資の「よくある疑問」をプロが徹底解説
NewsPicks編集部
末永 聡JIC Venture Growth Investments Partner / 弁護士
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1813Picks
日本生命、投資先の排出量ゼロに 対応不十分なら売却も
日本経済新聞
末永 聡JIC Venture Growth Investments Partner / 弁護士
日本生命は約70兆円もの資産を運用する民間最大規模の機関投資家ですが、今年4月からすべての投融資につきESG評価を行うということが、つい先日記事になっています。 https://www.asahi.com/sdgs/article/art_00063/ 機関投資家として資産運用の収益性が重要であることは当然なのですが、この記事の中で、日生の松永陽介取締役専務執行役員は、ESGを重視すべき理由につき以下のとおり仰っています。 「ESG投融資は今までは社会課題解決の側面が強かったように思います。私たちは保険契約者の利益を常に第一に考えますので、従来は資産運用の収益性を見たうえで同じならばESG評価が高い企業に投資しようというスタンスでした。 ところが、最近、ESGが資産運用の収益性に大きな影響を及ぼすようになったのです。ESGは長い目で見て企業の持続可能性にかかわるとされてきましたが、最近はESG評価によって株価などの市場評価に大きな差が出るようになりました。企業がESGに取り組んでいないと株価が下がるなどして、私たちの資産が劣後する恐れが出てきたのです。」 脱炭素に向けた取組みもまさにこの考え方に基づくものなのでしょう。 また、同記事では、ESG評価が高くないから株式を売るというのみではなく、「エンゲージメント」つまり「対話」を重視するとも仰っています。 脱炭素の文脈では具体的にどのレベルでの提案・対話がなされることになるのか気になるところです。
262Picks
【読書】「普通の人」が戦略的にSNSを使う方法
NewsPicks編集部
末永 聡JIC Venture Growth Investments Partner / 弁護士
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2214Picks
NORMAL