Picks
18フォロー
28フォロワー
【提言】みずほのシステムも経営も「ゼロ」から見直すべきだ
NewsPicks編集部
木村 美樹雄地方食品製造業 常務取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
317Picks
【食の未来】肉の次は「人工シーフード」の時代がやってくる
NewsPicks編集部
木村 美樹雄地方食品製造業 常務取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
442Picks
森保監督12日の豪戦引き分け以下で解任も 後任候補に東京長谷川健太監督 - 日本代表
nikkansports.com
木村 美樹雄地方食品製造業 常務取締役
ハリル解任後の西野さんの緊急的な監督就任で予選突破したことにより、「日本人監督がいい」みたいな風潮がありました。曰く「世界の強豪国は自国出身の監督が多い」とか。「コミュニケーションが円滑だ」とか色々と言われていました。 でもそれって日本が世界のサッカーに追いついてからの話ですよね。森保さんも長谷川さんも選手時代の実績は世界での活躍とは縁遠いですし、監督経験もせいぜい国内リーグのみです。国外で監督経験がある日本人って岡田さんくらいじゃないでしょうか? 一方で、昨年のCLベスト4では3名の監督がドイツ人でした(PSG:トーマス・トゥヘル、RBライプツィヒ:ユリアン・ナーゲルスマン、バイエルンミュンヘン:ハンジ・フリック、いずれも当時)、加えてリバプールのクロップもドイツ人です。 ここまでとは言わないまでも、自国監督採用するからには世界での実績が必要だと思います。オリンピックで対戦したメキシコ代表コーチの西村さんや元リーズの藤田さん等、日本人が今世界中のリーグで指導者を目指して頑張っているところですが、それでも日本人が自国監督として世界と戦えるのはまだ先だと思っています。(長谷部選手引退後、ドイツで経験を積んでから日本に凱旋とか。。。) 要は現時点では日本人監督じゃない方がいいと思います。外圧によってしか変われない日本の歴史もあります。あと、地味に思うのは日本人監督って協会内での立場とか責任とかでその後の仕事とかもあって辞めさせ辛いんじゃないですかね。 ということで、個人的には今フリーのザッケローニの再任に一票で。 あと、先日DAZNの内田篤人のフットボールタイム内で2014年のVSオーストラリアを振り返るコーナーがあったのですが、ウッチーの意見に完全に同意でした。「当時のサッカーはワクワク感がある」「今の代表に足りないのはヤット(遠藤選手)」「FKに期待感がある。」今の代表は全部逆ですね。攻撃は単調で戦略が見えない。中盤でボールを保持できる・運べる人が居ない。FKは期待できない。 FKのキッカーは遠藤、中村、本田がほぼ同時代に居たというのは今考えれば相当贅沢だったんじゃないでしょうか。他の要素は今の方がレベルは高いはず(闘莉王と中澤コンビも捨てがたいですが、特にボランチから後ろは世界で戦える)です。よって現在の状況は監督の出来が悪いのだと思います。
11Picks
森保ジャパン痛恨の敗戦 サウジに0-1で2敗目 柴崎のバックパスさらわれ失点
デイリースポーツ
木村 美樹雄地方食品製造業 常務取締役
6チーム毎、10試合の現行の最終予選になったのは前回2018年の時からです。 2018年の最終予選では日本は6勝、2分、2敗で1位で通過しました。 ちなみに前回の最終予選で3敗したチームで突破できたチームは韓国(4勝、3分、3敗)とサウジ(6勝、1分、3敗)の2チームでした。一方で1敗しかしてないオーストラリアは4分が響いてもう一方のグループ3位とのプレーオフに勝利し、更に大陸間プレーオフにも勝利してW杯出場を辛くも掴みました。 何が言いたいかと言うと、今回の最終予選では既に前回の負数に並んでしまいました。もう後がありません。1試合も負けられません。 柴崎は試合中ずっと簡単なボールロストが多かったです。大迫もボールが収まらず、全盛期を過ぎたように見えます。浅野のクロスの質は悪かったです。大ナタを振るうなら今しかないと思います。 選手起用を過去の栄光(柴崎、大迫、長友)やサンフレッチェ(佐々木と浅野)に捕らわれず出来る人、戦術が分かる人が監督になってほしいと思います。 公式スーツを着て監督気取りでW杯で日本の試合を観戦する夢を奪わないでいただきたいです。何人も私の楽しみを奪うことは許されません。出場できなければ来年夏に予定している公式スーツの採寸は当然キャンセルすることになります。
101Picks
GoToトラベル再開時期を検討 国交相、感染状況踏まえ
共同通信
木村 美樹雄地方食品製造業 常務取締役
わざわざ第6波になる様な事しなくてもいいと思います。実施するとしたら、5類に格下げか町医者でも見れるようにするのとセットでお願いしたいです。 ワクチン接種が進んで、生命のリスクはある程度抑えられたと思います。 今はそれよりも保険所指導による消毒や濃厚接触者の休業により製造業は工場が稼働できなくなるリスクがあります。 非稼働日数分の売上と欠品による信用の毀損も企業にとっては十分に大きいリスクです。 逆に保健所が何も言わなければ出張も再開するし、社員に行動制限もしません。 保健所指導の内容と政策が矛盾してるんですよね。そこがバカバカしいというかやるせなさを感じているポイントです。 【例:横浜市の指導】 https://www.city.yokohama.lg.jp/kanagawa/kurashi/kenko_iryo/yobosesshu/covid-19/company.html →これやってたら工場の生産能力は確実に落ちます。よって格下げされない限り企業は社員に行動制限をお願いするしかないです。一方でGoToだと??となるわけです。 GoTo使って旅行に行く人たちは製造業で働いている人たちとは違う国の人なんですかね? 同県内等での近隣観光ならまだしも、県跨ぐ移動を伴うGoToトラベルは一貫性がないと言わざるを得ないです。
340Picks
【ドイツ】アンダー40が躍進。「若返り国会」が政治を変える
NewsPicks編集部
木村 美樹雄地方食品製造業 常務取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
376Picks
NORMAL