Picks
261フォロー
311フォロワー
失敗がスポーツ選手を、人を強くする。
オリンピック選手の起業メモ
ペ リョソンAlphaDrive/NewsPicks エディター / コラムニスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【W杯で大注目】あの「VAR」はソニーの技術だった
NewsPicks編集部
ペ リョソンAlphaDrive/NewsPicks エディター / コラムニスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
422Picks
「無人じゃない倉庫」でのロボットの働き方
NewsPicks編集部
ペ リョソンAlphaDrive/NewsPicks エディター / コラムニスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
199Picks
倉庫に入って分かった「200人が働く合理的な理由」
NewsPicks編集部
ペ リョソンAlphaDrive/NewsPicks エディター / コラムニスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
409Picks
【徹底解剖】大企業計23社が続々参画「はたらく未来コンソーシアム」の狙いとは
NewsPicks Enterprise
ペ リョソンAlphaDrive/NewsPicks エディター / コラムニスト
本日、人的資本のデータの開示に関する制度の詳細が固まったというニュースがありました。 「人的資本開示、23年3月期から 大手4000社対象」 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUB0937H0Z01C22A1000000/ なぜ私がこのテーマに関心を持ってニュースを追いかけているのか。今年1年で最も耳にした以下3つの「企業が今後成長し続けるためのキーワード」がきっかけです。 個人のキャリア自律、人的資本経営、社員と組織の新たな関係。 いずれも言葉の意味は理解できても、どんな背景で注目されており、実際にどんな課題が将来懸念されているのかがわからず、私自身うまく腹落ちできていませんでした。 そこで今回、「キャリアオーナーシップとはたらく未来コンソーシアム」が出した「はたらく未来白書2022」の内容をじっくり数週間読んでみました。 読了後、点と点がつながるように日本の「はたらく」を囲んで一体何が起こっているかが理解できました。そこで、はたらく未来コンソーシアムの顧問の田中研之輔氏と、同コンソーシアム事務局のパーソルキャリア 伊藤剛氏の解説つきで白書の内容をまとめました。 「人的資本の最大化」は終わりのない取り組み。日本の大企業の現状の取り組みもあわせて紹介します。
42Picks
NORMAL