Picks
3フォロー
119フォロワー
絶賛の日本人サポーター清掃活動、舛添要一氏が懸念「清掃を業にしている人が失業してしまう」 - 社会
nikkansports.com
平岩 利文ネクスト法律事務所 弁護士
身分制社会じゃない日本でも清掃を業としている方、それで生計を立てている方はたくさんいらっしゃいます。 都庁や国会にだって清掃業の方々はたくさん入っていらっしゃるはず。 都庁や国会を訪れた我々が、「清掃を業とする人たちの仕事を奪いたくない」と廊下やエレベーター内にゴミを捨てまくって帰ってきたら、舛添さんも怒ると思うんですが・・・ そもそもなんですが、ワールドカップの清掃スタッフさんたちってボランティアが中心じゃないんですか? 「仕事なくなる」とか、前提事実が間違ってる気がします。 反骨精神は大切ですが、何でもかんでも小賢しい知識をひけらかして否定すればいいというものでもないと思います。 というか、たぶん日本人サポーターの方々は「世界から称賛を貰う」ためでも「身分制社会の人々の仕事を奪う」ためでもなく、「サッカー大好きだから、来た時よりスタジアムを綺麗にして帰りたい」という気持ちでゴミ拾いを始めたのだと思います。それって、別にサッカーに限らずラグビーでも野球でもゴルフでも同じです。 舛添さん以外にも日本人サポーターのゴミ拾いを否定するコメントを発している人がいますが、彼らをリスペクトできないまでも静かに見守ってはいかがですか?別にあなたの家の中に来てゴミを拾ってくれてるわけじゃなし。
22Picks
ゴッホの「ひまわり」にトマトスープ、環境団体が抗議で 英
www.afpbb.com
平岩 利文ネクスト法律事務所 弁護士
「環境保護」はものすごく大切なことなのに(そこはおそらく誰も否定しないと思います)、こういう類の人たちの常軌を逸した行為を見せつけられた多くの人は、「やっぱり環境保護活動を声高に唱えている人たちっておかしい人が多いんだ。まともに話ができないんだ」と感じてしまいます。少なくとも私はそう感じました。 こういう異常な活動が続くと、正しいはずの環境保護活動から多くの人が興味を失い、遠ざかり、ひいては敵視するようになり、結果、環境保護活動は大きく後退します。 そんなことも分からないとは・・・ 公的な場で多くの大人たちを聞くに堪えない言葉で口汚く罵り続けたグレタさんというスウェーデンの少女も同じ。 マスコミはキワモノ的に彼女を取り上げてもてはやしましたが、本当に必要な「多くの人から賛同を得て環境保護運動を世界的・継続的に続けて地球を救う」という目的はより遠のきました。 グレタさんや今回のような事件を起こす人たちを見ていると、実は彼ら自身も地球の環境のことなどどうでもよくて、要するに「自分を世の中に対して主張できること」であればテーマはなんでもいいのではないか、とさえ感じてしまいます。 残念でなりません。
【全文】残された安倍氏の読みかけ本、そこには 菅前首相の追悼の辞
朝日新聞デジタル
NORMAL