Picks
284フォロー
229フォロワー
サッカー日本代表、53年ぶり銅メダルならず メキシコに敗れる
毎日新聞
Honda Takeshi食品会社 管理職
連敗での終戦、世界の壁は、やはり厚かった、と言うことでしょうか。53年前の釜本と日本代表は、本当に凄いチームだったのだな、とつくづく思いました。足りないのは、明らかに選手層です。激闘の準決勝から中2日で、おそらく出ていた選手がモチベーションを保つのは極めて厳しかったと思うのですが、そんな中で殆どスタメンを変えられず、ここまで頑張ってきたOA遠藤のファールで痛いPKを与えました。この試合、ここまで出場出来なかった選手を多く使えていたら、試合展開も違っていたと思います。全体にレベルを上げるには、とにかく国内リーグであるJリーグのレベルを上げること、スピードも技術も足りないことは、準決勝を見ても明らかです。普段から展開スピードの早いサッカーに、全員が慣れておかないと、国際試合でいきなり対応できる訳がありません。守って戦えば、ある程度は戦えることは、これまでの国際大会でわかっていることです。Jリーグから多くの選手が欧州リーグに旅立って頑張っていますが、それはあくまでその個人のレベルが上がっただけで、国内全体のレベルが上がった訳ではありません。スピードも技術も戦術も、何もかも足りないのだと思います。オフトが来てJリーグが出来て国内サッカーのレベルは大きく飛躍しました。ただ、そこから大きな進歩は、残念ながら出来ていないのだと思います、パススピード自体が上がっていませんから。この壁をどうやって突破していくのか、国内サッカー全体の課題なのだと思います。 選手としては、三苫が最後に点を取りましたね。Jでキレまくっていた三苫のコンディションが万全でなかったのが、本当に残念でした。もし三苫が万全であれば、攻撃のオプションも増えて、また違ったサッカーが出来たかもしれません。 今回感じた課題を突破できない限り、W杯ベスト8も難しいと思います。アジアカップ初優勝から日本サッカーを応援してきました。この高い壁を突破できるよう、頑張って欲しいと思います。
268Picks
NORMAL
Premiumを無料で体験
登録・ログイン