Picks
67フォロー
130フォロワー
今さら聞けない「代替肉」と「培養肉」注目のワケ
東洋経済オンライン
長谷川 琢也Re:gion Picker / Yahoo! JAPAN SDGs 編集長 / FISHERMAN JAPAN Co-Founder
個人的にもヤフーSDGsというメディアとしても、「未来の食」についてとっても興味があるので、わかりやすくまとめていただいているこの記事は未来の食について学ぶきっかけになる素敵な記事だと思います。 ぼけーっとしていると本当に食べ物に困るよ、というお話でもあります。 動物食べるのがいいか植物ならいいのか、という話ではなく、もはや肉は養殖なので、餌が必要で、その餌は何かというと植物なわけで、しかも人が作ってる植物なのです。全部つながっていて、人が関わってるということは少なからず環境に負荷をかけていて、どの食べ物がどれくらい環境負荷をかけているかを意識していく必要があります。 「フェイクミートは精肉コーナーに肉と一緒に陳列されています。驚くことに同社の製品を購入する消費者の70%が肉食者だそうです。」とか「2013年当初は200gの製造に3000万円前後かかっていた培養費用が、5年間で100g当り数万円となるまで技術開発が進んでいます。」というように、海外の事例などを数字でわかりやすく説明してくださっているのもとってもありがたいです。勉強になります。 代替ミートなどのイメージで、なんか人が操作するの嫌だな、みたいなのがあるかもしれませんが、これからはそんなこと言ってられません。 そもそもみなさんが食べてる野菜も米も肉も、養殖です。人が操作してるのです。天然じゃないとダメだ、みたいなことをおっしゃる方は、牛・豚・鳥・米・野菜、全部ちゃんと天然を食べて、感想とデータを教えてもらえたらうれしいです。 選択肢をどう残せるか。そういうことを前向きに議論できたらいいな、と思っています。 そういう記事もつくっていますので、ご興味があればこちらも読んでみてください。 ・培養肉、昆虫食、3Dフードプリンター......50年後の食卓はどうなる?「おいしい」が選べる食の未来について考えよう https://sdgs.yahoo.co.jp/originals/117.html 記事の中で魚についても書いていただいていますが、ひとつだけ突っ込ませていただくと、サーモンは日本の漁業・水産業界も養殖に力を入れ始めていて、きちんと国産を食べてくれればしばらくは大丈夫そうです。 なんにしても食は生きている限り避けられないテーマなので、楽しく美味しく議論したいですねー
たった一人で数十人と相対、駆け引き港で生きる「競り人」 下積み最低5年「命懸けの漁業者のために」
神戸新聞
長谷川 琢也Re:gion Picker / Yahoo! JAPAN SDGs 編集長 / FISHERMAN JAPAN Co-Founder
競り人の鑑みたいな人たち。たまにTVなどで競り人の様子がちらっと映ったりするので、みなさんイメージはあるかもしれませんが、彼らの仕事の真髄みたいなのはなかなかメディアなどでは語られません。 「命を懸けて取ってきた魚を少しでも高く売ってほしいというのが漁業者の願い。『この子なら任せられる』という信頼関係は一朝一夕には築けない」 これです。これ。 世の中には良い競り人とそうじゃない競り人、みたいなのはもちろんいます。 漁師のために値段を守ってくれる人もいれば、仲買人と仲良しになり過ぎて、仲買人のために動いちゃう人もいる。 大事なのはもちろんバランス。 この記事に出てくるみなさんのように漁師のために動きまくってるのが明石のみなさん。 ・若い芽を摘ませないため、先輩がフォロー。明石浦漁協が育む、なんでもやれる対応力 https://sdgs.yahoo.co.jp/originals/81.html 競り人が何を見て何を仕掛けてるのかまで語ってくれました。 やっぱりつなぎ役、って重要ですね。どんな世界においても。 命かけてる人たちと、命かけてる人たちの間に入ってうまくバトンをつながないと、喧嘩になったり需給バランス崩したり値崩れ起こしたりしてしまいます。 この記事で競り人たちがどういう思いで仕事をしているか知ってもらえたらうれしいです。
4Picks
養殖“ギンザケ”初水揚げ 育てる漁業へ転換 釧路市
STVニュース北海道
長谷川 琢也Re:gion Picker / Yahoo! JAPAN SDGs 編集長 / FISHERMAN JAPAN Co-Founder
北海道の養殖の鮭、きてますね。きはじめていますね。 この記事のタイトルの通り、漁業王国とも言える北海道でさえ「育てる漁業へ転換」が必要になってきています。 日本では天然の鮭の量がどんどん減っています。日本の川に戻ってこなくなってるのです。 この辺りは専門家のみなさんが数字を元に書いてくださった記事で学ぶことができます。 ・なぜ日本のサケだけが歴史的不漁なのか? https://suisanshigen.com/2020/01/03/article12/ 宮城県でも、自分がはじめて天然の秋鮭の船に乗せてもらった時は大漁で、漁師たちも秋は潤ってましたが、ここ数年全然ダメ。いくらは本当に海の赤いダイヤと呼ばれるにふさわしい値段になってきています。宮城県の郷土料理「はらこ飯」ピンチです。 そして北海道の漁業も色々ピンチが訪れはじめており、転換するために新しいチャレンジがはじまっています。鮭の養殖もそのひとつ。 ・動きだす北海道サーモン養殖 秋サケ不漁、ロシア海域禁漁で危機感 https://www.minato-yamaguchi.co.jp/minato/e-minato/articles/105567 今は銀鮭養殖日本一は宮城県ですが、これは国内においての強力なライバルになりますね。 かつては天然の鮭たくさんとれるし、餌の開発も今ほどじゃないし、水温などの懸念もあったので北海道は力を入れてなかったみたいですけど、状況はどんどん変わってますしね。 刺身で食べられるサーモンは基本的に養殖です。 回転寿司で子どもも大人も大好きなサーモン。需要は世界的にも高まってきてますし、銀鮭は成長が早く、数ヶ月で出荷できるので3-4年かけて育てないといけない他の養殖魚よりもリスクも比較的小さいし。 もちろん楽ではないですけどね。環境負荷にも気をつけねばです。 個人的に日本の鮭養殖の動きがどうなっていくか、かなり注目しております。
40Picks
誰も金払ってまで育てへんーー平均年齢70歳超えの漁師を説得し、県外からの若手漁師を育てる挑戦
creators.yahoo.co.jp
長谷川 琢也Re:gion Picker / Yahoo! JAPAN SDGs 編集長 / FISHERMAN JAPAN Co-Founder
日本人が大好きな魚。それは勝手に泳いできて陸の魚屋さんのところにくるわけではありません。漁師が海からとってきたり、海で育てたりしてます。 その漁師がどんどん減っています。理由は色々あります。 我々フィッシャーマン・ジャパンは、震災があった三陸で、漁師はもちろんのこと、漁協や行政と信頼関係を築きあげ、地域全体で漁業・水産業の担い手をこつこつ増やしてきました。 そしてその活動は三陸を越え、各地に広がり始めています。 フィッシャーマン・ジャパンの立ち上げメンバーであり、当時は紅一点で最年少でよそ者だった子が、すっかり立派になって閉鎖的な漁村の開拓者として1人で他地域に乗り込んでいく物語。 いやー、身内ながらぐっときますねぇ。 この子を知ってる人たちから「ゆきながんばってるねぇ。えらいねぇ」とやたら褒められるこのドキュメンタリーの中には、日本の地域で起きているピンチとチャンスが表現されています。 日本の未来の食卓においしい魚を残すため、がんばってますのでチラッと見てみていただければと。 さらにお時間があったら、島本幸奈という子がどうやって海の世界に飛び込んだのかも読んでみてください。 https://job.fishermanjapan.com/column/1592/
29Picks
「地域おこし協力隊」参加者 コロナ禍で増加 1万人目標に
NHKニュース
長谷川 琢也Re:gion Picker / Yahoo! JAPAN SDGs 編集長 / FISHERMAN JAPAN Co-Founder
地域おこし協力隊ってみなさんどれくらい知ってるでしょうか? 地方活性系の業界ではこれをいかに上手に活用するか、が良い仲間を増やすためにめちゃくちゃ重要なので、活用術を共有しあったりしてますが、一般的な認知度どれくらいなのかなーと、ふと思いました。 コロナで地方に興味持った人が増えてるというのは我々にとってはありがたいことです。 実際自分たちの団体でも、地域おこし協力隊の制度を活用して石巻の水産業活性と、先日は三重県南伊勢町で漁師を増やす活動をスタートし、そこにも1人協力隊として入ってもらうことになりました。 https://mainichi.jp/articles/20220906/ddl/k24/020/150000c 各地では上手に活用し、その後も協力隊も、地域もみんなハッピーになってる例と、その逆でなんかみんながっかり、みたいな例の差が結構あります。 結局は受け入れ側の覚悟とか、プロジェクト組成がきちんとできてるかとか、協力隊自身の人柄次第だったりもするので、闇雲に参加者を増やすことに意味はないでしょうし、その後定着したかどうかという数字を見るだけというのもそんなに意味はないように思います。 税金を使って活動し、その地域を「おこす」というのがどういうことなのか。 ハードルを上げたいわけではないのです!地域に関わる機会としてはとても良いものですので、もっと色んな人に知ってもらって、みんなで地域を盛り上げる動きの中で、地域おこし協力隊やその周りを応援する土壌づくりにつながればいいなーと常々考えてます。
79Picks
漁港で釣り人“マナー違反” 「さお引っ張るな」逆ギレに船長困惑…10万円支払いも
テレ朝news
長谷川 琢也Re:gion Picker / Yahoo! JAPAN SDGs 編集長 / FISHERMAN JAPAN Co-Founder
これ、全国で昔から問題になっている「漁業関係者と釣り人の関係こじれやすい問題」の代表作みたいなニュース。しかも出てくる場所が両方とも知り合いのところで、実際の話も聞いてました。 こじれやすい問題はいくつかのテーマが絡み合っています。 ざっくり言うと3つくらい。 1.資源管理問題(魚をとりすぎたり、漁師は規制があるのに釣り人はない、みたいなのでもめる) 2.地域荒らされる問題(ゴミ、騒音、違法駐車など) 3.漁業施設への損害 今回のは3つ目ですね。 記事にもあるように、漁港は漁業関係者のために地域や漁業者がお金をかけてつくり、管理している施設なので、基本的なルールを守る必要があります。 なので記事に出てくる出来事は釣り人の方が悪いのです。 秋田の漁師えっこ(ピンク好き漁師佐藤さん)はにらまれて終わってますが、西伊豆の場合そこで漁師が10万円支払わされてしまいました。それでついに溜まっていたものが爆発し、漁港で釣り禁止、になってしまったのです。 この田子漁港には平日もですが、土日はものすごい数の釣り人が来ていました。広い駐車場に車パンパンで、ちょっとしたお祭りくらいの集客。あの人たちが一部のマナー悪い人のせいで土日の楽しみの場を失ってしまったわけです。 全国でそういう漁港がどんどん増えているとのこと。 そもそも海はみんなのもの。 海外では釣り人にもライセンスがあって、みんなの海で楽しむためにはルール守ろうね、が当たり前で、漁師ともめることは少ないそうです。 釣り人界のレジェンド、茂木さんが教えてくれました。 ・''釣りで人生終わった''プロ釣り師の願い。ルールを破る人が得する日本の漁業を変えたい https://sdgs.yahoo.co.jp/originals/66.html ちなみにルールを破ったペナルティは、海や地域のゴミ拾い(強制労働)という国もあるそうです。 日本では漁師が減っているし、コロナで外で遊びたい人も増えており、釣り人が増えるのは海や魚を大事にする人が増えるという意味では地域や海にとって何か良いきっかけにつながると思っています。 この問題をなんとかしたいな、と一部の海関係者で話しているところです。
異常気象は世界中で起きている。深刻さがわかる10の写真【画像集】
ハフポスト日本版
長谷川 琢也Re:gion Picker / Yahoo! JAPAN SDGs 編集長 / FISHERMAN JAPAN Co-Founder
これ全部今年の出来事、今年の写真です。 ニュースを文章だけで読むとなんだか頭がパンパンになってさらーっと流れちゃったりしますが、写真て感情に刺さってきますよね。 コロナやウクライナのことで、世界の食糧やエネルギーのつながりが自分たちの日々の生活にとても影響があるということを実感した人が増えたように思えます。 日本がどれだけ海外から食べ物を輸入しているか。それは野菜とか魚みたいに加工しない状態で目の前に運ばれてくる食べ物だけでなく、我々が普段直接目で見ることのない原材料の輸入まで考えるとものすごい量ですし、ものすごく色んな国で作られています。 正直自分も頭ではわかっていても、世界で干ばつなどが起こったらコンビニのパンが減るかも、みたいなことは、100%自分のことにできていないのですが、ぼけーっとしてるとある日急にそういう状態になって、パンが買えなくなってお腹が減ってはじめて「なんで今までぼけーっとしてたんだ・・・」となるのかもしれません。 そもそも人間が平和に暮らせる星になったのなんてここ最近、とも言えるかもしれない中で、「異常気象」という言葉すら正しいのかどうかわからなくなってきました。 ただ、自分を生かしてくれている食べ物やエネルギーは地球からもらっている、そしてそれをとってきてくれる人たちがいて、運んでくれる人がいる。そういうことに思いを馳せ、自分ができることを考えてみたいと思ってます。 そういうのは「微力だが無力ではない」とすずかんさんも以前おっしゃってました。 ・「5%変われば、社会は変わる。人は微力だが無力ではない」社会変革のプロが語る https://sdgs.yahoo.co.jp/originals/86.html ほんとに今年はこういうニュースが多くて不安になることもありますが、自分ができることを考えます。
32Picks
ヤフーの「どこでもオフィス」、実際どう? 移住を叶えた2人の“新しい働き方”のリアル
マイナビニュース
長谷川 琢也Re:gion Picker / Yahoo! JAPAN SDGs 編集長 / FISHERMAN JAPAN Co-Founder
めちゃくちゃ当事者なのでアツく語らせていただきます。 木村さんはむかーし一緒に働いていたのでSNSで繋がっており、すげーところに引っ越したな!って思いました。めちゃくちゃ楽しそう&幸せそうですね! 実は10年前、復興支援の関係で宮城県石巻市にオフィスを出したときに、特命をうけて「いろんなところで働けるか試してみろ」と某えらい人から言われ、漁村とか船の上から働いて、社内ツールうまく使えるか試してました。 そもそもインターネットの会社だからある程度のことはリモートでいけちゃうわけですが、この記事にもあるように肝心なのはコミュニケーションなのです。 10年前はひとりだけリモートで、他の人はオフィスだったから一人ぼっち感があったり、なんかうまいこと伝わらないなぁみたいなのがありましたが、今は全員リモートなのでそういうことは減ったものの、やっぱりコミュニケーションなのです。 記事の中でお二人が語りまくっているように、必要以上に気を使う必要がある。でもそれはストレスなのではなく、むしろどこにいても働けるという選択肢と権利をもらっているのだから、それだけ気をつければめちゃくちゃ楽しく幸せに暮らせる可能性が広がるんです。 リモートだからこそテキストに気持ちや体温を乗せるようにしてます。 なんか伝わらないなと思ったら電話します。無駄話もほどよく混ぜますし、笑顔とか笑い声とかを見せたり聞かせたりしたいなーって思います。 もちろんデメリットもあると思うんです。 でも、せっかくこういう世の中になったんだから、やってみようよ、工夫してみようよ、と日々思っております。 これを書いている今も、リモートワークできなかったらいないような場所にいるわけですが、それによってまた新しい出会いや発見があり、アイデアが出てきたりして、自分も会社も良くなる一歩につながっていると信じてます。
92Picks
「自分も加害者だったんじゃないか」ライムスター・宇多丸に聞く、映画が問い直してくれる問題
sdgs.yahoo.co.jp
長谷川 琢也Re:gion Picker / Yahoo! JAPAN SDGs 編集長 / FISHERMAN JAPAN Co-Founder
手前味噌ですがこの記事めちゃくちゃおもしろいです。ぜひ読んでいただきたい! 日本でもSDGsという言葉が浸透しはじめてきましたが、日本では環境への意識が多く、人権に対しての意識が他の国に比べて弱いというデータも出ています。 一方で世界では、人種や民族グループ、女性、LGBTQ+、様々な障がいを抱える人などに向き合い、人権問題を解決していこうと変化しており、それは映画などエンタメでもどんどん表現されてきています。
今回ヤフーSDGsでは、アメリカ映画界から私たちが学べることがあるのではないか?ということで、ヒップホップグループ・RHYMESTER(ライムスター)のメンバーで映画評論家としても活動する宇多丸さんにお話を伺いました。 宇多丸さんのお話はとてもわかりやすく、誰でも人権問題に接しているという気づきを与えてくれました。 「必要悪とまでは割り切っていなくても、「まぁ、現実はそういうもんみたいだよね」みたいに見過ごされてきた。つまり、なぁなぁにされてきた問題がたくさんある」 と。 宇多丸さんも、ご自身が過去作った歌の歌詞などを見返してギョッとすることもよくあるそうです。 「自分にはそこまで差別的な意識はないつもりでいたけれど」それでもそういうことがあって、「いやいや、自分はわかっているみたいな、その意識、その発言が一番危ないんだって」と自分を戒めたりしているそうです。 これは自分にもめちゃくちゃ当てはまるなと最近常々思っています。 宇多丸さんも語ってくださっていますが、「誰でも人権問題の当事者」なんです。 他人事にしていたら必ず自分、または自分の子供や孫に返ってくる、そんなことを考えよう、という時代の流れは、決してめんどくさいとか窮屈なことではなく、むしろおもしろくなってきていると僕は思ってるんですけど、この記事で宇多丸さんも熱く語ってくれています。 ニュースや本で見て、なんとなくSDGsとか人権問題を知るだけだと結局感情に刺さってこなくて他人事になりがちだけど、エンタメを通すと物語と一緒に感情移入できて、結果として自分ごとに近づきやすいというお話はなるほど!と思いました。 繰り返しになりますがめちゃくちゃおもしろい。 これを読んで、人権問題について考えていただくきっかけになったら嬉しいです。
41Picks
日本人がサンマを100円で買えない本当の理由
東洋経済オンライン
長谷川 琢也Re:gion Picker / Yahoo! JAPAN SDGs 編集長 / FISHERMAN JAPAN Co-Founder
我々もお世話になってる片野さん、さすがの解説です。 サンマはこのまま高級魚になるかもしれません。毎年ニュースでサンマが何円だとか、中国のせいで、みたいな話になりがちですが、この記事のようにデータで見ると原因がなんなのかよーく分かると思います。 片野さんと一緒に海の資源管理について世の中に語りかけまくっている、東京海洋大の勝川先生にインタビューした記事でも、同様にサンマ予報のことや、中国のせいではないよ、ということを説明してくださいました。 https://sdgs.yahoo.co.jp/originals/37.html じゃあ我々消費者はどうすりゃいいのよ、ということになりますが、個人的にはここ数年、サンマをめちゃくちゃ楽しみにすることにしています。 ワイン好きな人が「何年モノのワインは出来が良い」「貴重だから価格が高いのは当然だ」というように、サンマも今年は少ないから高いけど仕方ないよね、今年のは大きくておいしかったね、と楽しめばいいのでは? 「サンマが一匹90円だったのに200円になった。家計を苦しめている」などとメディアがニュースで煽ったりしますが、日本人は年間に平均すると二匹しかサンマを食べないそうです。 勝川先生の記事にもあるように、犯人探しをするのではなく、みんなで未来のことを考え、騒いだり喧嘩したり獲りすぎたりせず、サンマを守っていきたいですよね。 色々考えると、美味しいサンマを、本当に美味しい時期にありがたくいただきたいという気持ちが増してきます。 漁業に近いところにいると、初水揚げの日をみんなで喜び、テンション爆上がりの状態でサンマを食べるので、めちゃくちゃ美味しいのですよ。今年も楽しみだなぁ。 この気持ちを共有できる人が増えて、各国の政治家たちにも届けば、対話によって国際協力も進み、意味を成していない漁獲量制限の見直しにもつながりますかねー
131Picks
元ヤフー社長が挑む都庁DX、5つのレス化を加速
NIKKEI STYLE
長谷川 琢也Re:gion Picker / Yahoo! JAPAN SDGs 編集長 / FISHERMAN JAPAN Co-Founder
元上司、宮坂さんの都庁でのチャレンジ。着実に進んでいて、さすがです。 どこを、どうやって、だれと変えるのがいいかを見つけ、人を動かしたり(時にはどこかから連れてきたり)チームを作ったりする。 『俺の部屋に来るな』とウェブでの会議を徹底した、というあたりもその様子が目に浮かびます。 いつか会った時、「都庁や自治体のIT推進は、絶対やったほうがいいとみんなわかってるのにそれを専門でやる人材がいなくてみんな困ってる」と言ってました。ICT職を作ったのはめちゃくちゃいい。これが他の自治体にも広がるといいですね。 専門職じゃないと、役人は数年で全然違う部署に移動しちゃったりして、なかなか改革が進まないことがあるように見えます。(自治体によりますし、専門職も担当課などは動きますが)自治体とのプロジェクトで、いいところまで進んだのに担当の人が移動しちゃって、、というのがこれまで何回もありました・・・ 自治体の中に、アプリなどを開発できる人がいて、他の課の要望を外注を使わずに解決できちゃうのもめっちゃいい。 業者の選定とか、予算化にも時間かかりますもんね、国や自治体。 これは漁業・水産業にも言えることで、とにかく紙、電話、FAXが多すぎるので、漁業・水産業にICT職採用を増やすのいいかもですね。
4Picks
NORMAL