Picks
13フォロー
14フォロワー
「恥ずかしいから話さない」ほうが恥ずかしい。英語は“小学生レベル”でもいい
新R25
花亀 良和GAIA LINK INC(メタバースアプリ、Virbela公式パートナー) プロダクトマネージャー
私は英語を話すとき、相手がメキシコ人でもインド人でもドイツ人でも韓国人でも「私の英語をわからない方が悪い」と思って話しています。日本人は「自分の英語力」に固執しすぎです。英語力を鍛える前に「押し出し力=伝えるぞという気持」を鍛えてください。 向こうから「え?っ」と聞かれたとき、あなたはビビってませんか?ビビる必要はありません。 「あ、、声が聞こえなかってんだね。もう一回言うよ。」程度の反応をしておけばいいのです。 なぜか、英語を話せる人=すごい人、と思っている日本人が不思議で仕方ないのですが、英語をペラペラ喋っている相手も会議が終わったら、 「タコスは何食べるかな?」 「あれ、サッカーの代表選いつだっけ?」 など、我々と同じようなことを考えているんです。 英語を話せる人=高度な人 と言う考えはやめましょう。 逆に言うとあなたは英語を話せない人を下に見る傾向がある、ということです。そんなことではいいコミュニケーションは取れません。 「小学校で6年、中学で3年、高校で3年、12年もやってんだから基本はなんとなくある。」 「俺の英語がわからないのは、あなたの想像力の問題だ!」 でいいのです。 日本人の皆さん、押し出し力を上げてどんどん下手な英語で喋りましょう!
1497Picks
NORMAL