Picks
232フォロー
16895フォロワー
50年「脱炭素」へ政策総動員 車、30年代に電動化―「グリーン成長戦略」で計画
時事ドットコム
藤田 研一K-BRIC 代表
世界で2番手、3番手ではなく、1番手でこういう政策が打てれば、日本は強力に再生できると思うのですが、そこは目を瞑ります。 2050年のカーボンニュートラルでは、国の社会システムそのものを総合的に変える必要がある。 そのため、「グリーン成長戦略」のような、産業界をまたがる総合的な政策・施策が必須。 楽しみな「これからの30年」です。 少し気になるのは以下。 ー結構民間の自己投資に頼っているので「グリーンは儲かる」仕組み作りは不可欠  ESG投資はあくまでも資金供給なので、企業が様子見ではなく積極的に設備投資決定をしたくなる環境作りが重要。  EUなどの政策・民間投資と比べても、日本での投資(目標)額は大きくないです。 ー海外市場向け「技術輸出」で求められる「廉価版」バージョン、2重投資の回避  海外で販売するガソリン・ディーゼルエンジンを即HVに置き換えるのはコスト的に厳しいので、メルセデスのBSGや日産のe-Poweの様な安価なシステムが必要。  過去に、先進国での液晶テレビの普及で、ブラウン管テレビの製造を早く中止し、アジア市場を失ったケースがあります。 ー30年という長いレンジの話なので、新技術投資でのブレイクスルーを意識  目先は再エネや水素といった、「確率されている新技術」でのスケールメリット追求だが、長期的には安全な小型原子炉や核融合エネルギー技術の開発は不可欠。 ー産業界の合掌連合  公式資料にはもちろん書けないが、これだけの産業構造に転換期では企業の合掌連合は必然的。  投資効率をあげる意味でも、M&Aでの「ゲームへの参加企業の数減らし」が望ましい。
546Picks
NORMAL