Picks
2フォロー
32フォロワー
制服着替えは労働時間?1日14分間分の賃金求め44人が訴訟…専門家らも注目
読売新聞
徳田 優希読書好き サラリーマン
マネジメントの甘えに対して、労働者の権利守るために立ち上がった勇者とも言える。 ●理由 労働法で、制服着用が労働時間だと完全に認められている。 以前も日本郵政は同じ訴えを受けて、お金を支払い、和解している。 この訴訟は他の労働者の為になっている、訴訟を起こすことがどれだけ時間がかかり、大変かも知らず批判をしている。 批判者は、時間=命の時間 という認識が低く、自分と他人の時間を軽んじているから、わずかな時間を気にしない。 制服を着ることで生産性が上がると言う研究結果も出てる。 ブランドイメージの確立や生産性の向上のため、経営者は制服を着用させる事で便益を得ているからこそ、費用をかけて制服を用意して、着用させてる、その意味を知らない。 ◆1日7分 退職までに2400時間 1回の着替えに要するのは7分ほどだが、1年では60時間、退職まで40年で計算すると2400時間に達する。会社側が認めない以上、従業員が着替え時間分の賃金を支払ってもらうためには各地で訴訟を起こすしかない。 時給1000円だとすると、一人当たり240万円分、労働者はその分の所得を献上し、経営者は社会的慣習からその分の支払いを今まで逃れてきた、人件費を抑えて利益を上げるのが使命だから当然だとは言え大きな額では無いだろうか? こういった細かい時間を気にしない人は、他人の細かな時間まで配慮が回らないため、逆に全体の生産性を下げている、細かい時間の積み重ねが複利的に大きな成果を生み出すことを知らない。 細かくやるなら細かく管理するぞと脅し文句的にいう、トイレやタバコの時間まで引かなければならないと言う主張は、まさに働いていないのだから、給与は発生しないのは当然である。ただ、曖昧煩雑で管理しなかったにも関わらず、労働者にその甘さを押し付けて要求するのは、筋違いである、今なら、デジタルデバイスで管理すれば良い話だ。 出る杭潰しの日本人の悪い癖がここで大きく出てる。 だれも主張しなくなるが、それが日本のためになるのか? こういう所に甘いから日本は生産性悪いので無いだろうか。。
462Picks
先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本
WEDGE Infinity(ウェッジ)
徳田 優希読書好き サラリーマン
本質は、国際基準にあった適正な価格と給与にしていく事だと考えます。 ●もし、企業が給与を上げない場合の、日本のシナリオ 日本が安いならむしろ、海外に売り出していく。 →安い日本に、日本を買うために外資が入る。 →日本の企業は内部留保を増やすもしくは、株主に還元する →株価があがる →ただ、合理的考えて、わざわざ従業員の給与に還元する必要はないので、日本の従業員の手取りは変わらない。 →年々理由を付けて、日本の税金が高くなり、さらに手取りが減少。 →日本人だけしか相手にできない企業は、日本人の給与に合わせた価格でしか販売できず、売れないと利益が出ないため、低価格競争に巻き込まれる →海外相手の日本企業は価格を上げても売れるため、日本人は購入出来ない。 →国内の商品による物価デフレとインフレが二極化する。 →日本の人材、土地等のお金がかかる部分の大半が諸外国企業がオーナーとなる。 →日本企業の幹部のほとんどが外国籍の人間となる。 →日本人の企業幹部が少なくなり日本人全体の給与が下がる。 →貧富の格差が広がり貧困によって亡くなる方が増える。 日本は初の経済衰退国となる。 極端かもしれませんが、今後の子供達の為に日本をどういった未来にするは今の私達次第ですね。
249Picks
堀江貴文のマネー論「貯金は『お金の飼い殺し』だ…!もっと正しい利用法がある」
マネー現代
徳田 優希読書好き サラリーマン
ホリエモンの論が適用されるのは、将来の経済的なリスクが少ない資産を持っている裕福層だけだと認識した方がいい。 日銀の2021年6月の発表したデータによると、日本人の個人金融資産額は30年で1000兆円から1946兆円に増えていて、60歳以上の年代が6割約1000兆円保有している。これだけみると溜め込みすぎてるから経済が悪くなっていると考えられる。 ただ、内訳である、年代別の貯蓄平均値と中央値をみると 60代:平均値1,635万円/中央値650万円 となっており、 平均値と中央値の乖離が激しく、2/3以下が平均値以下となっていることから、貧富の差が大きくなっていることがわかる。 半数以上の国民は老後すら満足に生きていけない状態である。 それなのに、お金を使え、と言うのは、、もっと現実を見よう!? トマスピケティが唱えた経済論からいっても、資産を持たない国民層が考えなしにお金を使えば、単純にお金がなくなるだけであり、将来の収入源に対するリスクヘッジがなくなるだけだ。 溜め込みすぎているのは大半の裕福層であり、裕福層がお金を吐き出さない限り、経済が良くなる事はないし、貧困層は豊かにならない。 もちろん、ベーシックインカム的な制度があり、暮らしていけるならその限りではない。 ソースは以下 https://www.cao.go.jp/zei-cho/shimon/27zen28kai7.pdf https://www.stat.go.jp/data/sav/sokuhou/nen/index.html
179Picks
NORMAL