Picks
67フォロー
270フォロワー
日本、初の8強ならず PK戦でクロアチアに敗れる サッカーW杯
毎日新聞
坪井 眞剛株式会社 Bold Act. 代表取締役
今年のW杯、グループリーグが発表された時はどうやってこの死のグループを2位通過できるかというふうに見ていましたが、結果蓋を開ければまさかコスタリカには負け、ドイツとスペインは下してグループリーグトップで日本は決勝リーグに進みました。 クロアチア戦も若干押されるシーンの方が多く見えましたが、それでもほぼ互角と言って良い内容で戦えたと感じています。 これはつまり今年の日本代表は本当に実力としてベスト16に相応しい力を持つチームだった。ドイツやスペインにも戦い方によっては勝利することもできるレベルになっていたのだと思います。 PKは運であり、サッカーの強さではないと思いますが、それでも最後のPKは日本選手は枠を外さないことを意識しすぎているように私には思え、低く勢いのないボールを相手キーパーに3度防がれる結果となり残念ながらの敗退となってしまいました。 タラレバはありませんが、後半、もしくは延長でもう少し積極的に攻撃に行く、シュートに行くことができれば。 PKでも勇気を持って力強く枠全体を使って勝負する。ということができれば勝てたかもしれないと思うと悔しくてたまりません。 でも、本当に1番悔しいのはもちろん代表選手の皆さんの方で、私たち視聴者の何倍も何倍も悔しい思いを抱えて今日を過ごされていると思います。 4年後さらに強いチームになってまた日本中を沸かしてほしいなと思います。 改めて日本代表の皆さんお疲れ様でした&ありがとうございました。
539Picks
NORMAL