Picks
835フォロー
646フォロワー
【入門】選挙を「10倍」楽しむコツ、教えます
NewsPicks編集部
Igarashi Takumi建設・不動産 GM
『選挙とは「よりマシな地獄の選択」だと思うんですよね。』 考え方には賛成します。しかし、日本ではそれは知名度とか、人気度とか、マシの基準がずれている事が多い。 『「一票入れたい候補者がいない」とい批判を込めて白票を投じるという考え方ももちろんあります。 しかし、白票を投じる行為が、批判票を意味すると受け止める感受性を持った候補者がいなければ、それはただの「ゼロ票」になってしまいます。』 ここは賛成しません。 そもそも投票に行かない事は「権利の放棄」なので、その後の国の政策がどうなろうと、文句をいう事を放棄するに等しい白紙委任と同じ。 だから国や行政に文句を言いたい人は、投票するべき。 その上で、「よりマシな地獄の選択」しかないんだとは思うけど、嫌々ながらだろうと積極的だろうと、一票は一票。票をもらった方から言えば、あるいは制度的には「色のつき方」は同じ。 そこが、よりマシな地獄の選択という投票をするしかないという、フラストレーションを無理やりの解釈の中に押し込めた整理の仕方が、民意の反映という本質から大きくかけ離れている、古い選挙制度の限界。 なので、若い人には国に文句をいう権利を放棄しないために、投票所に行って欲しい。 それで、「よりマシな地獄の選択」をして欲しいとは思うけど、それが嫌ならためらわずに白紙でいいから投票用紙を投票箱に入れて欲しい。 投票所に行く事は、日本国で基本的人権を確保するための最も基本的な国民の権利であり、行為だと思うのです。 だから、投票に行こうというより、投票所に行こう、が大事だと思ってます。
674Picks
NORMAL