ホーム
24フォロー
247フォロワー
40万円のバッグを作るのにディオールはいくら払っていたか…イタリア当局が搾取的な製造業者を捜査
Business Insider Japan
Suzuki Yokoアパレル 企画
例えばカシミヤのコートで、工賃(縫製代)が¥8000だったとしても、1m¥20000の生地を2m、1個¥1000の釦を6個使ったら¥54000が原価になる。その他裏地や芯地など、1つの製品を作る時、1つの工場様の工賃だけでは原価は全くわからない。その工場様で仕上げまで完璧にやっていたのかもわからない。搾取的事実があったとすると、それはあってはならないことだけれど、この記事だけでは事実はわからないと思った。 追記7/13 ファストファッションのTシャツと変わらない、コーチのバッグと変わらない、などコメントがありますが、間違いなく違います。もちろん、その違いが重要かどうか、値段の違い程に違うかどうか、その違いに気づくかどうかは個々によるので良し悪しはない。けれど、高いものは高いなりのこだわりやプライドがある。消費者はバカじゃないからそんなお商売していたらすぐにそっぽ向かれる。また、高いもの、ブランドもの、良いもの=長持ちするものでは決してない。繊細なものほど儚く壊れやすくお高い。特別とはそういうもの。 ただ、メンテナンスやお修理して長く使えるように、各メゾンがお修理工房をもっていることは大きいかも知れない。VUITTONのアタッシュケースはバッグが壊れても中の機密機器が壊れないような作りをしているし、鋲が先に破損してそこだけ変えればバッグは使いつづけられるような作りをしている。 美しさやこだわり、哲学は、コストはゼロだけれどものすごく価値がある。
966Picks
「母親になるとキャリアに打撃」は本当か 最新研究で意外な結果が明らかに | 長期的に見れば有利な点も
クーリエ・ジャポン
Suzuki Yokoアパレル 企画
お給料に絞った記事なので、これは能力によるし会社にもよるとしか言えないけれど、少なくとも今の日本に言えるのは、女性(母親)→育児、介護、家事のメイン担当者、男性(父親)→サブ担当者、と男性も女性も思っているということ。考えてみたら人間を産むという偉業を成し遂げているのだから、その他のことは全部男性に任せても良いくらいなのに(少し言い過ぎですが)。 私はアパレルで周りは女性が圧倒的に多く、急な遅刻早退お休みリモートも、かなり自由に取らせてもらえる恵まれた環境にいる。会社の文化の中にお互い様精神が根付いている。けれどそんな恵まれた会社ばかりではない。記事によるペナルティにプラスして多くの母親は会社や社会やパートナーに気遣いという精神的ペナルティを大量に支払って日々をやるくりしている。 私は小さい頃から男に生まれたかった。男性の方がサバサバしているし一人旅もしやすそうだし言葉遣いも大雑把でいいし、なんとなく自由で楽しそうに見えたから。だけど子供を授かって、ああ女性で良かったと初めて思えた。自分の身体の中に新しい生命体が育つ神秘、出産という奇跡の体験、分身の存在の愛おしさ、お母さんお母さんと言われ愛し愛されること。他の何を差し出しても、来世も女性に産まれたい。仕事やキャリア以上に人生って素晴らしいと思える体験だ。 ただ、そう思えるのも私が会社やパートナーに恵まれているからかも知れない。多くの女性がそう思えるような社会にしたいと思っている。
314Picks
さえない高級ブランド、復活はなぜ困難か
The Wall Street Journal
Suzuki Yokoアパレル 企画
いくつか原因があると思う。自分なりに勝手に考えてみると①一般的な人が高くて買えない。自分に置き換えても、若い頃は頑張って背伸びして買えたVUITTONやGUCCIが、お給料は上がらないのに価格はめちゃめちゃ上がってるので買えなくなった。お金持ちには関係ないと思いきや、みんなが持ってないものを実際欲しがるかというと、お金持ちもみんなが欲しがってるから買う部分が強く、お金持ちも気持ちが離れているのでは?②ブランド品離れ。インターネットの普及により様々な価値観に触れる機会が増え、ブランド品でなくてはならない意味が薄れたのではないか?実際大事なのは服やものが素敵なことではなく自分が素敵に見えることなので、バッグ1つにかけるお金を身体作りや学び、10着の新しい服に費やすほうがいいと考えるようになったのではないか?③夢から覚めた。ブランド品はイメージが何より大事。これを着ると、これを持つと、こんな素敵な未来があってこんな素敵な自分になれる、と夢を見させる。けれど今はバッグ1個で自分の生活が変わらないと誰でもわかる(逆に首を絞める)。そもそもスマホ内で生きてる人が増えに増える中でリアルなバッグにどれだけ価値があるのだろう? じゃあどうしたら良いのか?もう原点回帰しかない。最高の素材で最高の技術で最高に着心地が良い最高にエレガントなものを作る。ぶっちぎりで誰にも真似出来ないものを作るしかない。HERMESはまさにそうだと思う。とてつもなくチャーミングだ。 一般の人が買えない圧倒的な世界がある、と認識して初めて、また一般の人が頑張って買いたい、買おうと思えるようになるのだと思う。
165Picks
「育休1年+時短勤務で昇進もしたい」は正気の沙汰ではない…「子持ち様VS非子持ち様」の対立が起きる根本原因
PRESIDENT Online
Suzuki Yokoアパレル 企画
誰が悪いとかではなく、男女共に意識(常識)が変わるには何年何十年かかるということだと思う。偏りが少ないと思っている自分自身でさえ、娘の体調不良の日は自分(母親)がいてあげなきゃと思い、予防接種、習い事の説明会、お弁当作りなどなど、母親がやることと思ってしまっている。 子持ち様と女性か言われなくなるためには、家事だけでなく子供と接する時間も「どっちがやる?」が普通にならないと変わらないと思う。父親が時短で母親がフルタイム(+残業)も当たり前になった時にやっと女性が子持ち様と言われる呪縛から解放されるのではないか? 花嫁修行のために短大に行く時代はとっくに終わり、働き稼ぎ社会の1員となるために、つまり男性と同じ意識で女性だって学生時代を過ごすのだ。ああなりたい、これくらい稼ぎたい、と思って頑張ってきたのに、子供を授かったとたん、子供優先が当然、時短は母親が取る、仕事頑張るのは子育てが落ち着いてから、というのはやはり納得がいかない。 といいつつ、母親になれるというあり得ないほどの幸せを手にしているのだから、多少の苦労や罵倒は受けても仕方ないとも思ったりする。仕事もプライベートも大切だけれど、母親になるって震えるほど幸せだ。
266Picks
NORMAL