Picks
103フォロー
105フォロワー
宣言解除後 東京はこうなる 酒提供20時まで1テーブル4人以内 カラオケボックスOK
FNNプライムオンライン
堅田 勇気Authense 法律事務所 弁護士(旧法律事務所オーセンス)
緊急事態でもマンボウでもないのですから、10月1日以降の要請の根拠法令は?と聞かれれば、特措法24条9項という答えしかありません。 しかし、24条9項は、あくまで「新型インフルエンザ等対策の実施に関し必要な協力の要請をできる」と抽象的に定めているのみで、マンボウ下や緊急事態下の時のように、明確に、事業者に対し、時短要請をしたり、酒カラオケの提供停止要請ができると規定されている訳ではありません。 このように、24条9項が抽象的に書かれているのを利用して、緊急事態下やマンボウ下でなくても、あらゆる内容の協力を要請できると解釈してしまうと、緊急事態やマンボウ下で、あえて別の条文で時短要請などを細かく規定し、行政が要請・命令できることを明確かつ細かく定めているのと矛盾します。 緊急事態やマンボウ下のほうが、24条9項が適用される平時よりも、行政のできる要請内容が限定されるという謎の逆転現象が生じるということです。24条9項によって、なんでも要請できるという謎の解釈をするから、こういう逆転現象が起きます。 なので、基本的には、24条9項は、これをもとになんでも国民に要請できるという規定ではないでしょう。 これをもとに国民になんらかの協力要請ができると解釈するにしても、個人の私権の制限に至らないようなレベルの「お願い」しかできないと解釈すべきと思います。 たとえば、うがい手洗い励行をしましょうとか、くしゃみをする時はまわりに配慮しましょうとか、そういうレベルのお願いです。 少なくとも時短、酒カラオケ提供停止といった、 権利侵害レベルの大きい要請の法的根拠にはならないと考えます。 24条9項 都道府県対策本部長は、当該都道府県の区域に係る新型インフルエンザ等対策を的確かつ迅速に実施するため必要があると認めるときは、公私の団体又は個人に対し、その区域に係る新型インフルエンザ等対策の実施に関し必要な協力の要請をすることができる
284Picks
NORMAL