Picks
10フォロー
106フォロワー
米司法省、独禁法訴訟でGoogleからChrome分離を検討しているとの噂
Engadget 日本版
小林 純也外資系コンサルティングファーム Manager
■1. ニュースの要約 米司法省は今後数週間のうちに始まる見通しの独占禁止訴訟一環としてGoogleにChromeブラウザや広告の一部を強制的に売却させる事を検討しているとの噂が報じられている ■2. ニュースの論点 ・GoogleをはじめとするGAFAへの独禁法の疑いが米司法局より指摘されている ・Googleに対する批判の一部は、ブラウザChromeの市場占有率及び検索ビジネスの相乗効果である広告業やユーザーデータの掌握力によるもの ■3. 考察・感じたこと 記事にある通りこの情報はまだ噂の段階ということで続報を待つ必要があると思いますが、米司法によるGAFAへの独禁法違反の疑いの制裁はしばらく続きそうです。 先日各GAFAの代表からのそれぞれの主張をご覧になった方も多いと思いますが、その主張を鑑みると、確かに影響力は強いプラットフォーマーであるもののユーザーに選択の自由を奪っているものでもまた競走を阻害するものでもない、ということから独占禁止法に本当に抵触するのかは疑わしい、というのが個人的な見解です。 とはいえ、アグレッシブな企業買収やスタートアップに対抗したサービスで競合を排除する動きはあったわけで、今後も事業分離の議論はしばらく続きそうです。 そうなるとS&P500インデックスファンド系も短期・中期的には影響が出る可能性があり、新興テックの株が高まる一方でS&P500は伸び悩むといった構図も発生する可能性はありますね。
62Picks
NORMAL