Picks
591フォロー
26098フォロワー
金融所得課税、当面見直さず 「すぐやる」は誤解―岸田首相
時事通信
矢野 和男(株)ハピネスプラネット 代表取締役CEO (株)日立製作所 フェロー
成長と分配という言葉が、盛んに論じられています。今日のNHKの各党政策責任者による番組でも、下記のピックの中でも盛んです。  残念ながら、議論が大変混乱しているし、間違った議論が多いと思うので、冷静に整理したいと思います。  まず混乱しているのが「分配」の対象です。まず分配する対象には、ストックとフローがあります。両方大事です。  まず、ストックに着目します。この場合、分配するのは富でありお金です。分配の原資は経済成長によって得られるという議論を多くの方々がされています。分配するためには、その原資として、経済成長、すなわちGDPの成長が必要だというのです。  残念ながらGDPを増やしても、配分の原資であるお金は一銭も増えません。GDPは生産の指標なので、サービスやものの生産が増えるだけです。  基本に戻りましょう。お金の総量を一定とすると、経済活動は、お金を人から人へ移動させているだけです。この結果、社会におけるお金の配分を変えているだけです(ものサービスが授受されていますが)。誰かの黒字は誰かの赤字です。総量は変わりません。だから、GDPの成長がないと配分の原資がないという議論は根本のところで違っています。  分配の原資を増やすには、お金の総量を増やすことが必要です。そのためには、(1) 政府が債務を増やすか(即ち、政府の赤字を大きくし、社会のお金の総量を増やす)か、(2) 銀行が融資を増やすか、この2つしかありません。  国民に配分された富やお金(ストック)を「分配」と捉えると、ともかく、分配の原資を増やすには、政府債務を増やし、銀行の融資を増やすことが必要です。そして、政府債務や銀行融資を増やすのを阻んでいる障害を取り除く必要があります。  この20年日本で行われてきた、政府の借金を減らそうとする政策(消費税やプライマリバランス論、さらには、この記事の金融所得課税の件)や銀行の貸し出し時のリスクをより厳しく見る規制は、すべて、分配の原資を減らす政策といえます。これをいかに克服するかという議論になります。  もう一つ重要なのがフローの分配です。ここでも議論が混乱していますが、NewsPicksのコメントの上限を超えそうなので、別の機会にします。
558Picks
【矢野和男×北川拓也】世の中の歴史は「ウェルビーイング」に満ち溢れている
NewsPicks NewSchool
矢野 和男(株)ハピネスプラネット 代表取締役CEO (株)日立製作所 フェロー
幸せやウエルビーイングは、誰もが求めているものですが、一方で、曖昧で捉えどころがないと思われてきました。その結果、なかなか具体的な行動につながりにくかったのです。  いまやそのような状況は終わりました。これはこの20年に世界中で行われてきたデータの取得や解析から得られた知見のお陰です。今こそ、これを知るべき時です。  しかも、幸せは、あらゆる仕事がなぜ必要かの理由でもあります。どんなことでも、それが何故必要か、すなわちWhyという問いを続けると、かならず最後には「幸せのため」となります。すなわち幸せとは、あらゆることの最上位の目的なのです。  あらゆる人が、自分の仕事がなぜ必要か。なぜ私はこの仕事や事業を行っているのだろう、という根源的な問いに対する答を必要とします。それが生きがいややりがいの源泉だからです。  この問いに答えるには、実は、幸せという視点から自分の仕事や事業を語れるようにならなければいけないのです。それぞれの立場から幸せを語ることが、自分の生きがいの源泉なのです。そして、生きがいことが生産性やよい人生の根幹にあるものなのです。  北川さんは、幸せを語ります。私も北川さんに刺激され語りました。皆さんも語れるようにしませんか。それがよき人生に必要なことなのです。
128Picks
M・ザッカーバーグ氏、Facebook批判に反論--「自社の利益優先」は「誤解」
CNET Japan
矢野 和男(株)ハピネスプラネット 代表取締役CEO (株)日立製作所 フェロー
この問題は社会の大きな転換点を意味していると思います。  これまでも、経済性や利益を優先する事業行動が、不幸な人を生み出すことがありました。これらは、ある時から許されなくなってきました。アヘンなどの麻薬の販売や公害を引き起こす工場が古い例ですが、最近では、脱炭素やフェアトレードなども、同様の構造です。  今回のFacebookの問題は、これまで自由放任だったIT業界、特にSNSの世界でも、いよいよ同様なことが起きたということです。  広告効果という経済性を優先する事業活動が、人を中毒的な状況に陥れ、特に子どもに大きな悪影響を与えてきたということだと思います。最近ではNetflixの"Social Dilemma"というドキュメンタリーがこれを痛烈に批判的に描いていました。さらに最近の米国の学術誌Science Advance誌には、いいねボタンが人の怒りを増幅させることを示す論文が掲載されました。こういうことは許されないということです。  しかも、これはただの入り口にすぎません。これまでは、このように注目された特定のテーマで経済性と幸せとの関係が問われてきました。  これからはあらゆる事業活動、あらゆる政策判断や教育など社会のすべての判断の時に、不幸な人を生み出していないかを問うことが求められるのです。  これこそが「ウエルビーイング」という流れです。  そんなことが本当に可能かという人もいるかもしれません。よく考えてください。  これまで、あらゆる社会の活動で、お金の出入りがバランスするかを社会人は問うてきました。それが当然と思われてきました。これが出来るのですから、事業の判断が、不幸せな人を生んでいないかを問うことはある意味で当然です。いくら利益が出ても、経済性が高くとも不幸な人を生むような事業は許されてはならないのです。  もし、株主が不幸を生むことなどは気にせず、ともかく金銭的なリターンだけを最大化することを望むというなら、その株主こそが社会に不幸を生んでいるのですから、不幸に伴う様々な責任や賠償を負うことになります。  これは最も原始的で基本的な「倫理」の姿でもあります。  ウエルビーイングとはあらゆる事業活動に「幸せという問い」を発し続けることなのです。
97Picks
【矢野和男】データを活用し、「幸せになる」ための体系的な方法を学ぶ
NewsPicks NewSchool
矢野 和男(株)ハピネスプラネット 代表取締役CEO (株)日立製作所 フェロー
幸せが自分にとって大事なことについては、誰も否定しないと思います。 しかし、しあわせ、という言葉は曖昧です。しかも、人それぞれのところもあります。このために、そこで思考停止になって、それ以上の思考や行動に踏み出せない人がほとんどだと思います。  私は、そこで止まらずに、踏み出せる人、正面から向き合える人が増えてほしいと思います。  そして、それは可能です。それが、この講座を開催した理由です。  このための鍵が、データであり体系化です。幸せは人それぞれとはいっても、普遍的なことやそれを体系的に捉えることは実は既に可能です。それを可能にしたのが、この15年に蓄積され解析されてきた大量のデータです。  このデータを使った幸せな人生や組織づくりに共感し、仕事や人生や組織のマネジメントに取り入れる人が今増えています。是非、皆さんにもこの仲間になっていただきたいと思います。  特に、拙著『予測不能の時代』を読んだことで、このような考えに共感し、関心を持たれた方が大変多いと思います。ただ、本を読んだだけでは、共感はできても、実践に至るまではいかなかった人も多いと想像します。  この6回のブートキャンプは、これを実践するための知恵や体験を豊富に盛り込む予定です。これにより、参加者の皆さんの仕事や人生を変える体験になればと思っています。  より詳しくは、記事にある説明会に是非ご参加下さい。
144Picks
【開講迫る・動画あり】トップランナーと学び合う、NewsPicks NewSchool。全12プロジェクト募集中
NewsPicks NewSchool
矢野 和男(株)ハピネスプラネット 代表取締役CEO (株)日立製作所 フェロー
データに基づき幸せな組織を創りたい人、自分が幸せになりたい人のために、この6回のウエルビーイングのブートキャンプを企画しました。  「幸せ」という言葉は、曖昧でつかみどころがないものです。このため、思考停止に陥って、それ以上の理解や具体的な行動に移せない人が多いのが実情です。  これは、大変もったいない話です。なぜなら、しあわせは曖昧なものでも、つかみどころのないものでもないからです。  我々が、人間や組織に関する1000万日を越える大量のデータを収集し、解析した結果はこれを明らかにしています。これに、世界中での最新の研究成果を合わせることで、幸せで生産的な組織に必要な条件やその作り方が既に分かっているからです。  本講座では、経験と勘を越えたデータに基づく人や組織の知見を共有し、これを実践に生かすための方法を学びます。そして、現実の参加者やその組織の置かれている状況や組織にあった進め方を考えていきます。  しかし、このプロジェクトの本当の狙いが、まずあなたに幸せになってもらうことです。それを周りにも拡げられるようにすることです。  応募をお待ちしています。
216Picks
東京五輪が閉幕、史上初1年延期 日本、金メダル最多27個
共同通信
矢野 和男(株)ハピネスプラネット 代表取締役CEO (株)日立製作所 フェロー
まず選手の皆さん、関係者の皆さん、ありがとうございました。  今回のオリンピックでは、選手が体を張って「不屈な精神」を見せてくれました。これが見ている人々の精神を豊かに高めてくれました。  この精神の力の高揚は、モノの授受のように目に見えません。しかし実在します。  未来に向けて、先が見えなくとも、難しい状況でも、行動に踏みだし、困難に立ち向かう前向きな心のことを、心理学では「オプティミズム」と呼びます。  2019年に、PNASという米国の権威のある科学誌にこのオプティミズムに関する30年に渡る継続的な実証研究結果が発表されました。そこで明らかにされたことは我々の想像を超えることでした。オプティミズムの高い人は、低い人(悲観的な人)に比べ、なんと平均寿命が約10才も長くなっており、様々な病気にもかかりにくかったのです。これは、この前向きな心が免疫力も高くしたことを意味しています。この単一因子だけで10才もの平均寿命に影響を与える要因は他にあるでしょうか。驚くべき結果です。  しかも、オプティミズムは、割と簡単な介入で高められることが、様々な学術研究で実証されているのです。生まれつきの性格のように変えにくいものではないのです。特にこのような前向きな人の姿を見ることは、オプティミズムを高める有効な手段なのです。  今回のオリンピックの選手の姿を見て、さらにメダル獲得を見て、多くの人の前向きな心=オプティミズムは大いに高まったと思われます。この結果、見ている人の免疫力を高めたと想定されます。  従ってウイルスと闘う力を高めたことが想定されるのです。  オリンピックが実際に始まる前には、このような因果関係の可能性には実は私も気づいていませんでした。むしろ、より物理的な接触の可能性に注意がいっていたのです。物理的な接触は、無観客にしたことで、かなり制御されました。  一方で、この精神力やオプティミズムの高揚(これは免疫力の向上に直結する)に与える影響は、実際に選手の活躍を見るほどに実感されました。  我々は目に見える物質を通した因果関係には敏感になりました。しかし、その分だけ人の心を通した因果を理解する力を失っているのだと思います。  このような力は、古代オリンピアの人たちの方がよほど高かったのかもしれません。  オリンピックは改めて我々に大事な事を気づかせてくれました。
591Picks
NORMAL