Picks
95フォロー
118フォロワー
Naomi Osaka: 'It's O.K. Not to Be O.K.'
Time
岡田 賢明Engineer in USA
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
「中韓を抜いて世界一に」アップルカーも採用を検討する"日の丸蓄電池"のすごい性能 - 劣化しづらく、急速充電が可能
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
岡田 賢明Engineer in USA
電圧が低く材料コストが高いことを甘んじて受け入れつつ、圧倒的なサイクル性能と急速充電対応の出力特性および低高温特性は素晴らしいと思います。ちなみに、記事中の東芝の説明でトータルコストが安いのは"電池寿命が尽きるまで"のコストを言っており、SCiBの長寿命が故です。  ただ実は車載向けにこれ以上サイクル特性は要らないと思います。理由は、毎日充電しても年365回、10年間乗ったとしてもトータルでの充放電回数は3650回です。実情は航続距離が300キロのEVで毎日30キロの通勤路を往復しても週に1回フル充電のイメージで、10年乗っても回るサイクルは500回程度です。  これは東芝の資料によれば比較している既存のLiBで達成可能な水準で、実際(実態は分かりませんが)、テスラモデルSは20万キロで90%容量まで程度の劣化のようで、実用性に問題はないと思います。  すると記事のように"低容量の電池を、急速でちょこちょこと充放電する"使い方も考えられます。しかし、一日に何度も寄り道して充電する必要がある車はマスマーケットには受け入れられない気がします。。  記事には「目的地までの道中で最も効率よく行けるルート上に充電ステーションを入れ込み、必要に応じ、その中で急速充電を短時間できればいい」とありますが、出発&目的地を無限大に取りうる日常の使い方では充電ステーションの配置は無限大に計算されるでしょう。。  おそらく一番向くのは一度の走行距離が短くて決まった場所に決まった時間停車出来る、巡航バスの様な用途です。 ちゃんと数字のイメージを持って理解したいです。 ※あと東芝の技術を勝手に「日の丸」と称すのはやめた方がいいです。。
55Picks
NewsPicks カイゼン報告 2021.06.26
NPコミュニティチーム
岡田 賢明Engineer in USA
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL