Picks
761フォロー
58013フォロワー
米バイデン大統領 日本・韓国に向け出発 就任後初の首脳会談へ
NHKニュース
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
このニュースそのものに対するコメントではないのですが、日米韓という視点から、関連したことを思い出しました。先日、「主戦場」という映画を渋谷のシアターイメージフォーラムで観ました。慰安婦問題をめぐる「歴史修正主義」がテーマで、「あった、なかった」の両陣営の議論がメインでしたが、その中で、驚いたのが、「日韓関係の悪化は全て中国の責任。日米韓が一枚岩となると中国にとっては脅威なので、それを崩すために対立軸がある日韓を分断しているのだ」という趣旨の主張を、根拠を示さずにしていた場面でした(「なかった」派の立場の人の発言)。 本当に中国によるものなのかは分かりませんが、根拠を示さずに、という点がポイントです。それなりに名前が知られており、社会的な地位もある人、与党議員が妄信的に主張していることが気になりました。 「主戦場」、興味深い映画でした。ただ、2018年の映画ですので、ユン・ミヒャンが代表を務めていた元慰安婦支援団体「正義記憶連帯」での詐欺や横領問題と女性家族省による事業委託打ち切り(2020~2021年)が明るみになる前までの状況。むろん、本事件があったから、イコール「なかった」とはなりませんが、本事件の後であれば、映画で当然、論点になったことと思われます。 それにしても、1910年の韓国併合から100年以上たち、第二次世界大戦終了の1945年から数えても80年近くが経つなか、当時からの歴史のくびきが現代の東アジアをめぐる安全保障に影響を与えているという重みを感じます。 主戦場公式サイト。直近では広島県で上映されるようです。 http://www.shusenjo.jp/
141Picks
韓国スタジオドラゴン、日本進出 上半期法人設立、漫画実写化狙う
共同通信
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
本件、Kコンテンツ界隈ではかなり話題になっているようです。他方、日本が強いと言われるコンテンツである漫画を韓国企業が実写化していくという段階にまで来てしまったかとも感じざるを得ません。また、想像の世界ですが、日本のアニメなどの良質なコンテンツを製作できる会社を買収するなどのシナリオもあり得るのでしょうか・・・ 開幕したカンヌ映画祭では、是枝裕和監督の「ベイビー・ブローカー」(邦題)がノミネートされていますが、俳優陣は全て韓国のトップ俳優。配給もCJエンターテインメントで韓国企業です。監督こそ日本人ですが、韓国映画として扱われているようです。日韓の国境を越えた素晴らしい試みで、これからの公開と評価が楽しみではありますが、政治的な関係の悪さと裏腹に、日本のなかで強いコンテンツと言われている者や人も、韓国を注目して、そこから世界にアプローチするという流れが強まっているように思えます。 BTSの所属事務所HYBEからデビューしたばかりのLE SSERAFIMにも日本人女性が2名。うち1人はHKT48出身の宮脇咲良。日本ではあまり評価されていなかった彼女が、オーディション番組で韓国デビューをIZ*ONEとして勝ち取り、同グループ解散後(不人気とかではなく元々期限付きプロジェクト)に、再度のデビューの地として選んだのが韓国でした。日本で著名なグループに所属していたアーティストが韓国を選んでデビューするという現象。
56Picks
【マレーシア】中銀がサプライズ利上げ[金融] 年2.0%に、足元の景気回復で
NNAアジア経済ニュース
【DX官僚】僕らは「5000ものアナログ規制」を変えていく
NewsPicks編集部
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
「スマートシティ」は近未来都市のようなイメージを持ってしまう人もいますが、「ちょっと便利の積み重ね」だと私は思っています。スマートシティランキング1位のシンガポールに住んでいてそう思います。短期滞在では、ぱっとみの「スマートシティらしさ」はおそらく感じられず、生活をすると、日常的な様々な手続きがスマホやPCでほぼ完結することを感じます。 政府がフォーマット提供のサイトを公開しています。 https://form.gov.sg/ 詳しい仕組みはまだ理解していませんが、ちょっとサイトを見た感じでは政府職員の方はアクセスが出来、このサイトで必要な質問事項などを入力すると簡単にできあがるという仕組みなようです。そのため、役所によって大幅にフォーマットが異なるということも生じないと思われます。SingPassと連動しているからこそ出来ることも多いと思います。 (他方で、コロナ陽性となると雇用主に自動で情報が共有されるなど、プライバシーとの関係でどこまで情報を共有すべきなのかという課題もあるかとは思います。) また、DX、スマート化の前に、アナログ次元ですが、煩雑なことを省くという思考回路の変更も必要だと思います。日本のサービスを利用するとリスクヘッジのために、ひたすら様々な説明される場面にも多く出くわします。 日本の丁寧なサービスに触れると心地よく感じる一方、そこまでは・・・と思うことや、リスクヘッジのために様々な書類を渡されたり、本題で「これだけ聞きたい」という前に、「○○だとこうなりますがよろしいでしょうか」と長い説明を聞かないと次に入れないということがあります。そして、本題を聞いたら「それは出来かねます」「それには1週間かかります」ということを多く経験しています。無駄を省くのもありますが、順番も大切だと感じています。
669Picks
NORMAL