Picks
760フォロー
57963フォロワー
軟禁中のスーチー氏に禁錮4年 ミャンマー政変後、初の判決
共同通信
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
奇しくも6年前の2015年のほぼ同じ時期(12月4日)、アウン・サン・スー・チー氏は、ミャンマー軍事政権を率いていたタン・シュエ氏と面会。この面会の前の1か月前の11月8日には、NLDが総選挙で大勝。 https://www.irrawaddy.com/specials/on-this-day/the-day-suu-kyi-met-her-jailer-and-ex-myanmar-junta-leader.html 2023年8月に総選挙が予定されていますが、軍政下の選挙管理委員会はNLDを解散させる方針であり、NLDはほぼ確実に選挙参加できません。 昨日の12月5日、NLD元幹部で長らくスーチー氏と行動を共にしたティン・ウー氏(元陸軍将校)がミン・アウン・フライン総司令官と面会しています。本日の判決の予兆だったのかもしれません(が、ティン・ウー氏は政治的な影響力がないと国際危機グループは分析)。 スーチー氏は現在、76歳。4年禁錮を終える頃には80歳。その他の裁判結果により、より長くなる可能性もあります。 様々な立場の方からお話を伺うと、ヤンゴンでは比較的通常の日常がおくれているようですが、爆弾事案もあり、安全対策は十分にとる必要があります。 以前の軍政と今回が大きく異なるのは、以下の点です。 ・すでに民主化による軍政以外の体制での自由を得ていたこと ・長年の民主化運動で指導者層が高齢化しており、国民統一政府(NUG)を構成する若い人々の指導力等が未知数であること ・暴力に対する暴力の応酬が発生していること(地方) ・ミャンマーに関する情報がかつてに比べるとリアルタイムに入手でき、国際社会も反応しやすいこと 他方、スーチー氏らの指導層の次がいないこと(過去の経緯を考えると無理もありませんし、異なる系統の人々が出ていることもあります)、新たな世代が軍政に対抗する手段を少なくとも短期的な有効に持ち得ていないこともあります。 トピックスで「世代」をテーマに新興アジア政治経済について書きましたが、ミャンマーの場合は、過去の「記憶」ではなく、民政移管からわずか10年ですので、現在進行形の「経験」です。また、民主化と軍政についても、「記憶」のあり方が様々です。 https://newspicks.com/topics/asia-geo-economics
90Picks
バイデン演説の95%は中学英語。でも日本人が英語を話せない理由
PR: コーチング英会話トライズ
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
285Picks
全日空、日航が国際線の予約再開 4日から、帰国者に対応
共同通信
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
シンガポール航空は、予約停止要請の取り下げから間もなく、予約再開をしていました。一昨日の取り下げ表明の数時間後、試しにシンガポールー東京のフライトを検索したら、現在運航の便(コロナでの減便後のスケジュール)が全てヒット。 ちなみに、Googleのフライト検索が進化していて驚きました。Googleのサイトの中で予約までできるようになっていました。各社サイトに移動することもでき、操作もGoogleらしく直感的です。 11月の時点で予約のために、各社みていました。コロナで高いと聞いていましたが、安くて拍子抜けしました。日系エアラインは5万円以下のフライトもあり、シンガポール航空も7~8万円ほど。コロナ前と同じような水準でした。 なお、日本への入国プロセスの説明が日本大使館と厚生労働省とで、微妙に異なるのは修正して頂きたいです。コロナ前に関する統一的なサイトを作ればよいのにと思います。 各省それぞれの視点から説明したいことや、各省に関わる重要ポイントがあるのは理解できますが、それも含めて、全て統一ポータルに飛ばせばよいのではないかなと思います。 なお、シンガポール航空も、停止要請から取り下げまでは予約停止していたので、フライト検索して、香港や仁川経由なども含め、日本行きがヒットゼロ=渡航手段がない、という検索結果には軽い衝撃を受けました。
69Picks
大人がなりたい職業ランキング1位はライター、2位は?
マイナビニュース
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
ライターさんもクレジットで名前もだせて、単価も高くて生活が成り立つ方もいれば、クレジットだせず、1文字1円以下の方もいらっしゃいます。 インタビューライターなどで力量のある方は、単なる書き起こしとの時限の差を感じます。取材を受けた方の言いたいことが、見事に整理されて、「これが言いたかったんですよ!あちこち飛んだ話がこんなにすっきり表現されて素晴らしい!」という感想を持てるような記事です。 私もNewsPicksで働く前は、インタビュー記事は書き起こしだと思っていましたが、プロライターさんが書いた原稿を見たときに、プロの仕事はこういうものかと感動しました。 オリジナルで自分でコンテンツを生成できるか、上記のようなプロライターだと、単価が高く、生計を立てる、あるいは、複業として十分な収入源となると思います。もちろん、一本一本の労力が上がり、その人ではないと書けない原稿に価値が出ますので、簡単なことではないと思います。 一般的に募集のかかるライター案件では、単価0.5円ぐらいやそれ以下のものが多く見られます。Twitterをみていると、品質がよいと、同じクライアントから徐々に単価があがり、単価1円越えが最初の目標のように書かれている方が多いと感じます。
244Picks
ミャンマー拘束の米記者救出:笹川陽平氏の活躍がなぜ日本であまり報じられないか
SAKISIRU(サキシル)| 先を知る、新しい大人のメディア
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
ミスマッチ防ぐ「お試し移住」…至れり尽くせりの待遇で「良さがわかってもらえるはず」
読売新聞
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
私の故郷、栃木県足利市でも様々な取り組みが行われ、完全に移住した方も、週末移住の方もいます。東京からの距離も適度で、特急を使えば90-120分ほどのため、時々東京に用事があるというパターンでもやっていけると思います。 週末移住、あるいは2拠点ぐらいから始めるとミスマッチもなくて良いかもしれません。大都会とは思いがけない違いもありますから、地方出身でない方はお試しからが良いかな思います。また家族によって感じ方も異なってくると思います。例えば主婦・主夫の方だと、ご近所との付き合いの濃度が高くなりますし、買い物の利便性なども肌身で感じると思います。 それにしても、足利でこうした形で新しいコミュニティが作られることは、出身者として嬉しく思います。 今の日本の拠点は茅ヶ崎ですが、こちらもおすすめ。若い人やファミリー移住も多く、新旧住民のバランスとコミュニティの新陳代謝が良いです。海が近いためか、オープンな雰囲気がありますし、適度な距離感とお付き合いという感じです。 辻堂駅直結のテラスモールができてからは、ほとんどの事は茅ヶ崎と辻堂、せいぜい藤沢、横浜までで済みます。東京方面も東海道線にはグリーン車があり、混雑をさけて座っていけます(グリーン車は、平日朝は藤沢からは座れるぎりぎりですが、茅ヶ崎と辻堂はほぼ座れます)週に1から3回ぐらいまでの東京通勤が理想的。日本にいて恵比寿/六本木のユーザベースまで通っていたときは、まさにそうでした。 海がありながらも著名観光地でもないので、夏に混雑で生活に支障がでることもありません。(特に辻堂側)
44Picks
NORMAL