Picks
296フォロー
462フォロワー
吉野家「生娘をシャブ漬け戦略」抗議した受講生が詳細語る。「教室で笑い起きた」
Business Insider Japan
高松 陽介不動産関係 執行役員
マーケターとして、非常に腹立たしい! これは、マーケティングの講座であって一般消費者向けではない。 キャッチコピーの意図は「クセが付く前の若い女性をターゲットとした戦略」で、キャッチコピーはエッジを効かせただけで、重要なのは意図だ。 この講座は高額のマーケティングセミナーであり、高い目的意識を持ったマーケターのための講座なので、各受講生が消化すべきこと。 この影響で、講座内容が「当たり障りのないボヤケた内容」に変更されれば、受講生には損失となるだろう。 キャッチコピーは「アテンション」が命で、目に止まらなければ無価値である。 この場合は、対象が高額マーケティング講座の受講生で「エッジの効いたボケ」でアテンションを取りたかったのだろう。 要は壮絶にスベっただけ。 何にしても受講生にとっては「効果的な学び」があれば良いはずなので、「ターゲットの設定」や「訴求の意図」などが学び取れれば良い。 「こんなことを講座で発言すれば炎上する」も学びの一つ。 一般消費者じゃないんだから、批判するより学びとして消化しましょう。 というわけで、一般消費者向けなら問題だが、講座で問題になるのは意味不明。受講生が咀嚼しなさいよ。
281Picks
NORMAL