Picks
1400フォロー
2150フォロワー
WHO、ファイザー製ワクチン調達合意 2月に低所得国で接種開始
Reuters
OK 1
官僚/国家公務員は終生雇用だからサボり倒す感じ >日本のワクチン調達が遅れたのは厚生労働省の責任 そう。なんでもすごく遅い。厚労省官僚なら年末(2021末)目標で、2022年春くらいになるのでは?やらなくてもクビにならないから。 この様な話だと米国だと官庁の大臣・副大臣クラス、州知事筆頭補佐官クラス、あるいは上院議員(本人)から即日電話かかってきて、契約出来るまで午前1時でも午前3時でも「今すぐやれ」と催促の電話、徹夜でもやらざるを得ない。「リーガル」時間稼ぎも通らない。司法長官本人から電話「今すぐ弁護士の携帯番号よこせ」、即時電話して口頭契約、直ぐ書面準備すぐ書面契約(1時間以内?)。 日本だと厚労大臣と直交渉して最優先で急いで貰う場合でも、2−3週間後に官僚との会合から(大臣の指示ないとそこまでもいかないかも)。99%の場合(大臣案件でない場合)、持っていくと話だけ聞いて資料だけ求められ、永遠にそこで埋もれて終わる。実際には無視してもクビにならないから放っておく(大臣の指示無視したら”人事権”発動されクビになるから動く)。 大臣指示の会合があると大体長い資料請求リストから始まり、資料全部提出2−3週間後会合、契約内容や出せるタイミング・量の話があり、書面準備したらまた3−4週間後に会合。アメリカなら即日完了する契約も4−6ヶ月。 しかも支払いが遅い。他のG7全て配達後即日払いだけど日本だけ検品(2−3週間)後請求して月末締翌月か翌々月払い。 契約も遅いし支払いも遅いから「こいつらAssholeだ」と後回しになる。
NORMAL